浴室乾燥機・暖房機は後付けできる?設置できない場合と費用を確認

浴室乾燥機 後付け

浴室乾燥機は衣類の乾燥だけでなく、浴室全体のカビ防止や劣化防止、暖房利用にも有効です。現在お風呂に浴室乾燥機がついていなくても、後付けしたいという方は多いのではないでしょうか。

今回は浴室乾燥機・暖房機の後付けをテーマに、浴室乾燥機の種類や後付け工事の費用相場、1月あたりの電気代などを解説します。ぜひ参考にしてみてください。


1.浴室乾燥機は後付けできる?

浴室乾燥機が後付けできるかどうかは、浴室の設備や広さによって変わります。後付け可能なケースや不可能なケースを見ていきましょう。

1-1.浴室乾燥機を後付けできる場合

浴室乾燥機を後付けできるケースとして、主に以下が挙げられます。

  • 浴室の天井に換気扇がある
  • 換気扇回りに約40cm四方のスペースがある
  • 浴室の天井がフラットである

浴室乾燥機を後付けするには、電気配線や換気ダクトが必要です。浴室に換気扇がある場合、すでに電気配線や換気ダクトが備わっているため、浴室乾燥機を後付けできる可能性は高いでしょう。また、壁に換気扇が付いている場合でも、位置によっては浴室乾燥機へ交換することができます。

まずは専門業者に現場を確認してもらい、できるかどうか判断を仰ぎましょう。

1-2.浴室乾燥機を後付けできない場合

浴室乾燥機の後付けが難しいケースには、以下があります。

  • 浴室の天井がフラットでない
  • 浴室に換気扇がついていない
  • 設置場所に十分なスペースがない

浴室乾燥機は天井に設置する場合が多く、天井がカーブしていたり凸凹していたりすると後付けできません。また、浴室乾燥機の後付けには40cm四方のスペースが必要なため、十分なスペースが確保できない場合も後付けが困難です。特に、照明の近くに浴室乾燥暖房機を取り付けようとする場合、暖房機能で照明が熱くなりすぎて危険という理由で取り付けできないので注意が必要です。
さらに、電気配線や換気ダクトが備わっていないという理由で、換気扇が設置されていない浴室も浴室乾燥機の後付けができないといわれています。

古いお風呂やコンパクトな浴室はこれらの条件に当てはまりやすいです。不安な場合は、専門のリフォーム業者に相談してみましょう。

1-3.賃貸やマンションでも後付け可能?

賃貸には「原状回復義務」があり、退去時には部屋を契約時と同じ状態に戻さなければなりません。浴室乾燥機・暖房機の後付けには、壁に穴を開けたり、天井部分を開口したりといった工事が発生するため、原状回復は困難です。大家さんや管理会社に相談する必要がありますが、賃貸の場合まず難しいと考えておきましょう。

分譲マンションの場合、管理組合の許可がなければ工事できないケー