10畳の増築にかかる費用を徹底解説!作りたい部屋別に追加工事費用も

10畳増築

ライフスタイルの変化にともなって家が手狭になると

「部屋を広くしたい!」
「もう一部屋欲しい!」

と思いますよね。

・2世帯にしたい
・お風呂や洗面など水回りを広くしたい
・リビングを広くしたい
・防音室を作りたい

こういった要望を満たすには、家を建て替えることなく部屋を増やせる増築が効果的です。10畳の増築で、生活空間がとても豊かになります。

この記事では、10畳の増築にかかる費用の目安や、階数や場所による価格の違い、増築を検討する際に注意しておくべき点などを解説していきます。


1.10畳の増築にかかる費用

一口に10畳の増築といっても、どこに増築するのか、木造か鉄骨か、などによって費用は大きく変わります。

以下4パターンの費用の目安をご紹介します。

・1階に10畳増築
・2階に10畳増築
・1,2階それぞれに10畳増築
・離れを10畳増築

1-1.1階に10畳増築

1階を増築する場合、1畳あたりの価格は、木造で約35~40万円、鉄骨で約50~56万円です。10畳の増築費用の目安は以下のとおりです。

1階に木造で増築 約350~400万円
1階に鉄骨で増築 約500~560万円

一般的に、1階の増築工事には基礎工事が含まれていますが、敷地によっては重機が使えず、手作業が増えて人件費が余分にかかってしまう場合があります。その際は高額になる可能性があるので注意が必要です。倉庫や収納のように内装工事が要らない場合は、安くなります。

1-2.2階に10畳増築

2階を増築する場合、1畳あたりの価格は、木造で約60~70万円、鉄骨で約75~85万円です。土台となる1階部分に耐震性を確保するための補強工事が必要になり、費用が上がります。10畳の増築費用の目安は以下のとおりです。

2階に木造で増築 約600~700万円
2階に鉄骨で増築 約750~850万円

これらはあくまでも空間の増築費用です。例えば、トイレや浴室など水回りの増築では、配管工事や設備機器などの費用が別途かかります。予算を立てる際には気をつけましょう。

2階の増築リフォームの費用・施工事例・注意点をプロが解説!
2階の増築リフォームの費用・施工事例・注意点をプロが解説!
2階の増築リフォームの費用・施工事例・注意点をプロが解説!
記事を読む

1-3.1,2階それぞれに10畳増築

1階と2階に10畳ずつ増築することで合計の延べ床面積が増えるので、坪単価を下げられる可能性があります。

一般的に、延べ床面積が大きくなるほど坪単価は下がります。基本的な運搬費や人件費、設備費などは延べ床面積の大小でそれほど変わらないめ、面積が小さくなれば割高になるのです。ただし、1階と2階を合わせた増築では解体部分が増えるため、場合によっては補修箇所が多くなり、その分費用が上がる可能性はあります。

1-4.離れを10畳増築

離れは、既存の壁の取り壊しや補修の必要がないため、比較的費用を抑えられる傾向があります。組み立て式のプレハブ工法は、木造の在来工法よりも低