2階の増築リフォームの費用・施工事例・注意点をプロが解説!

2階の増築

2階を増築してゆったり過ごしたいと思っていませんか?

「子供が成長してきたので、もう一部屋欲しい」

「2階のリビングを広くしたい」

「2階にトイレや洗面所などの水廻りを増やしたい」

2階に1部屋増築すれば生活空間が広がり、暮らしはグッと豊かになります。

増築を検討しているけれど、自分の家は増築可能か、費用がどれくらいかかるのかわからない。増築にはどんな工事があるのか、メリットだけでなくデメリットも知りたい、という方は多いでしょう。

この記事では、2階の増築を徹底解説します。増築のパターン、費用、メリット・デメリットを、施工事例を交えてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


1.2階に増築するパターンとそれぞれの費用相場

2階に増築する方法は、以下4つのパターンがあります。

  • 2階建ての2階に一部屋増やす
  • 平屋に2階をつくる
  • 1階の駐車場の上に部屋をつくる
  • 吹き抜け部分をふさいで2階部分をつくる

各パターンの費用相場は以下のとおりです。

増築パターン 増築費用
2階建ての2階に一部屋増やす ・約400万~550万円(6畳)
・約600~700万円(10畳)
平屋に2階をつくる 約1,000万
1階の駐車場の上に部屋をつくる 約100~550万
吹き抜け部分をふさいで2階部分をつくる ・居室にする場合:約40〜550万円
・床を作って居室にしない場合:約15~60万

2階を増築する場合は、多くの場合1階部分の補強工事が必要です。築年数の古い建物や平屋に2階を作る際には大掛かりな工事になり、費用が1,000万円ほどかかる場合があります。

一方、既存の平屋が、あらかじめ2階に増築することを想定してつくられている場合には、補強工事が不要になる可能性が高く、400万~500万円程度で増築可能です。

1階の駐車場の上に2階を増築する場合は、プレハブで建てると価格を抑えられる傾向がありますが、多く見られる施工例としては、平均おおよそ400~550万円ほどになります。

吹き抜け部分をふさいで2階部分を作る場合には、壁を設けて居室として使用するのか、耐震補強はどの程度必要か、電気工事をするかどうか、などによって費用は変わります。

2階の増築は、それぞれの家の状態や、床や壁、天井、断熱材などの材質やグレードによって工事費が大きく変わります。トイレや洗面などの水廻り設備を設置すると追加の工事費用が高額になる傾向があるので、注意が必要です。

また、増築後は、外壁を全部塗り替えたり、外壁の上からサイディングなどを貼って家全体の統一感を出すことがあります。その分の追加費用がかかることも、頭に入れておきましょう。


2.2階の増築をした施工事例

ここでは、2階の増築の施工事例を3つご紹介します。

2-1.2階を増築し耐震補強と外壁塗装も同時に行った事例

Before

2階を増築し耐震補強と外壁塗装も同時に行った事例のビフォー

After

2階を増築し耐震補強と外壁塗装も同時に行った事例のアフター

出典:https://freshhouse.co.jp/case/2274/

この事例のおもな増築内容は以下のとおりです。

  • 既存の建物が古いため、1階に耐震補強をしてから2階