増改築とは?定義や減税制度、必要な手続きについて完全解説

増改築

「増改築ってどんな工事?定義は?」

こんな疑問を持っていませんか?

税控除や補助金など制度上でよく見かける「増改築」という言葉。

具体的にどういう意味なのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「増築」や「改築」は建築基準法上では「建築行為」にあたり、新築や建て替えなどと同様に

  • 建築物が違法に建てられないかを確認する「確認申請」
  • 工事後、「建物表題部変更登記」

を行う必要があります。

この記事では、

  • 「増改築」の定義
  • 増改築で利用できる優遇制度
  • 増改築する際に必要な手続き
  • 増改築ができない場合
  • 増改築の業者選び

を解説します。

法律にかかわる話も分かりやすく解説しますので、ぜひ参考にしてください。


1.増改築とは具体的にどんな工事?

増改築とは、「増築」と「改築」という2つの言葉を合わせた言葉です。

また、住宅に関する補助金などの公的制度や住宅ローンで使われる「増改築」という言葉は、新しく住宅を建てる「新築」に対して、既存の住宅に手を入れる・造り変えるという意味で「増改築」という言葉を使っていることもあります。

それでは具体的な定義を見ていきましょう

1-1.増改築の定義

増改築とは、「増築」と「改築」という2つの言葉を合わせた言葉です。

「増築」と「改築」は、いずれも建築基準法上で「新築」と同じように「建築行為」にあたる工事です。

「増築」は建物の床面積を増やす工事を指し、「改築」は床面積を増やさず一部またはすべてを新しく造り変える工事を指します。

増築:床面積を増やす工事
改築:床面積を増やさず、一部またはすべてを造りなおす工事

具体的には、以下のような定義が定められています。

工事種別定義
増築既存建築物に建て増しをする、又は既存建築物のある敷地に新たに建築すること。
改築建築物の全部又は一部を除却した場合、又は災害等により失った場合に、これらの建築物又は建築物の部分を、従前と同様の用途・構造・規模のものに建て替えること。

出典:https://www.mlit.go.jp/common/001064904.pdf

>>改築とは?の疑問にズバリ答える!3分で分かる改築

1-2.リフォームやリノベーションとの違い

リフォームやリノベーションと何が違うの?と思われるかもしれません。

「リフォーム」には具体的な定義がありませんが、トイレを交換するような小規模な工事から、家の構造部分まで手をかけ間取りから大幅に変えるような工事まで、幅広く使われます。リフォームを「既存住宅に手を加える工事全般」と広くとらえた場合、「増改築」もリフォームの一種と言えます。

「リノベーション」は、こちらも定義があるわけではありませんが、間取りを大胆に造り変える工事を指す場合が多いです。そのため、リフォームよりも「増改築」に近い言葉と言うことができます。

※これらの言葉の意味は、明確な定義がないため、会社や人によって使い方が異なることがあります。