造作キッチンとは|システムキッチンとどちらが良い?

造作キッチン

せっかくキッチンをリフォームするのであれば、おしゃれで快適な自分だけの空間を作りたい!
そんな方に人気なのが、自分の好みに応じて完全オーダーメイドできる「造作キッチン」です。

とはいえ、「システムキッチン」のような、一般的に普及している商品を取り入れた方がコストパフォーマンスは良いのかも、自分の好みだけで造作キッチンを作って失敗したらどうしよう…。と心配になる方も多いでしょう。

今回は造作キッチンの特徴やメリット・デメリットを中心に、システムキッチンとの違いや、リフォーム時の注意点について解説します。
おしゃれなキッチンを作りたい方のために、実際の施工事例もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


1.造作キッチンとは?

造作キッチンは、施工現場で職人が直接作るキッチンを指します。使用する素材やデザイン、機能面を柔軟にカスタマイズできるのが特徴で、1つ1つを顧客ごとの個別のニーズに合わせてデザインして完成させます。

1-1.システムキッチンとの違い

システムキッチンは、住宅設備メーカーが販売しているキッチン製品そのもののことで、その中でも一枚板の天板に、シンク・コンロ・収納・作業台が一体になっているものを指します。

メーカーが用意するカタログの中から、サイズ・形・色・素材・設備・器具・オプションを選び、好みに応じてカスタマイズするタイプのキッチンです。

一方造作キッチンには、決められたデザインや仕様というものがありません。使用する素材、サイズ、配置に至るまで一から設計し、すべて職人が現地で作り上げていきます。