大事な人を守れる耐震リフォーム|重要ポイントを全て解説!

耐震リフォーム

「最近地震が多くて不安だし、耐震リフォームを検討したい。」
「時間が無くてなかなか自分では調べきれない。」
こちらでは耐震リフォームの重要ポイントを全て解説いたします。

気になる費用はもちろん、費用を抑えるための補助金制度や減税制度、少ない予算にも対応できる部分的な耐震リフォームについてもご紹介します。また、最終的なリフォーム効果を左右することにもなりかねない、業者の選び方も徹底解説いたします。

2016年5月12日に発生した熊本地震において家屋が倒壊・崩壊した割合は、毎日新聞2016年9月12日の記事によると新・旧の耐震基準によって以下のように大きな差が出ています。

旧耐震基準に基づいた家:27.9%
新耐震基準に基づいた家:2.2%

大型地震が頻発している現在でも十分な耐震性能を備えることで、守れる命・財産があることが証明されています。 少しでも気になる方は、こちらを参考にして耐震リフォームを検討してみてはいかがしょう。

一つでも当てはまった方はリフォームを検討してみましょう

  • 長い間、屋根や外装の手入れをしていない
  • 窓を多くしたため壁が少ない
  • 基礎や外装に目立つヒビがある
  • 重い屋根である(日本瓦など)
  • 建具の建てつけが悪い
  • 2000年以前(新耐震基準の改定前)に建てた

1.耐震リフォームの流れ

まずは耐震リフォームの流れを理解しておきましょう。耐震リフォームは、どの業者の場合でも以下のような順番で進めていきます。

1.耐震リフォームの流れ

流れに添って詳しく説明いたします。

①耐震診断

専門家が耐震補強工事の必要性を判断します。

壁などを壊さずに判断する一般診断(約10万円)と、壁を壊して建物内部の様子を見て判断する精密診断(約20万円)があります。精密診断は高い精度で判断することが出来ますが、家の一部を壊すので大掛かりとなります。

②診断結果報告・補強計画提案~契約

耐震診断の結果に基づいて、専門家が補強必要箇所や補強方法を決定します。

耐震補強工事の見積りとスケジュールを業者が提案してきます。内容を確認、充分に検討した上で耐震補強工事の契約を結ぶかどうか決めましょう。

③耐震補強工事の実施~アフターフォロー

補強計画に基づいて、実際に耐震補強工事を行います。

耐震補強工事の費用や方法については後ほど紹介します。耐震補強工事が完了した後は、ほとんどの場合保証書が発行されます。もし工事が原因の不具合が生じても、アフターフォローとして業者に対応してもらえます。