団地のお風呂をリフォームする際の費用と注意点の全解説

団地風呂

団地のお風呂はリフォーム出来ないと諦めていませんか?

また、団地のお風呂をユニットバスのようにリフォームしたいと思っている方も多いと思います。一日の疲れを癒す入浴は、ホッと一息つける快適な時間にしたいものですね。しかしユニットバスの設置は団地の構造上、実は困難なことが多い、可能な場合も今より狭くなることがほとんどです。

実は団地のお風呂をユニットバス風にリフォームする方法はいくつかあります。その方法はユニットバスの設置より安くて早い仕上がりです。こちらでは、団地の風呂リフォームについて詳しくお伝えします。是非参考にして下さい。

その他、グレード別の概算費用やユニットバスの選び方、コスパよくリフォームするためのリフォーム会社の選び方については以下の記事でまとめておりますので、そちらも併せてご確認ください。

お風呂リフォームの費用と相場


1.団地のお風呂を綺麗で快適にするリフォーム方法

古い団地の在来浴室はユニットバスの設置が困難な場合が大半です。団地の壁が撤去出来ないことや排水管の接続が不可能であることがその理由です。また、団地規約でユニットバスが設置出来ないケースもあります。 

ユニットバス設置以外の方法で団地のお風呂をユニットバス風にリフォームする方法をお伝えします。

1-1.お風呂の壁、天井をユニットバス風にリフォームする方法

団地の浴室の壁や天井のリフォームはパネル工法で行うのが一般的です。これは既存の浴室の壁や天井の上からパネルを張る工法で既存のタイルなどを補修をした上で新たにパネルを張り付けます。

1-2.お風呂の床をユニットバス風に綺麗にリフォームする方法

団地の浴室床のリフォームはシート工法が一般的です。既存の床面の上からお風呂用のシートを張る方法で、シートのつなぎ目や壁との隙間をしっかりコーキングすることで水の侵入を防ぎます。

1-3.バランス釜をなくして浴槽を広くする方法

古い団地に多く見うけられるバランス釜をなくし、浴槽を広げるリフォームが可能です。バランス釜の給排気筒の開口部を利用し、新たに専用の給湯機である壁貫通型給湯器を設置しますので追い焚き機能がプラスされたり、保温も可能となるので快適さがアップします。