玄関リフォームを成功させる全ノウハウまとめ|事例画像つき

玄関リフォーム

玄関のリフォームをしたいけど、費用やどんな玄関ドアを選ぶべきか、玄関の拡張工事はできるのかなど、リフォームにあたっての疑問はありませんか?
玄関をリフォームすると言っても、施工範囲や目的はこのように幅があります。

  • ドアのみを交換する
  • 玄関の土間や収納も一緒にリフォームする
  • 玄関の外回りも一緒にリフォームする
  • 玄関を広げる・増築する

目的に合わせ、どんなリフォームをするかで費用が変わります。この記事では、それぞれの目的別に玄関リフォームを解説していきましょう。
リフォームの費用感やイメージが掴めるはずですので、玄関のリフォームを進めていく上で、ぜひ参考にしてください。


1.玄関ドア交換リフォーム

玄関のドアを交換するリフォームを紹介します。
最新の玄関ドアは、断熱性能が高く、家の断熱性を上げるために窓と一緒に玄関ドアを交換するリフォームも多いです。
また、鍵がタッチ式やボタン式にできたり、防犯のためガラス部分が少なかったり、防火性能が高かったりと、飛躍的な進化をとげています。

1-1.ドア交換の費用

玄関ドアのリフォーム費用は20万から35万程度がリフォームをする方にとって平均的な価格帯となります。

価格の違いを生む大きな要因は、ドアのグレードによる価格差です。

玄関ドアのリフォームで、最も多い価格帯は次の表のようになっています。

ドアのグレード一般仕様断熱使用
撤去処分費用0.7~1.8万円0.7~1.8万円
取付け費用3.6~5.8万円3.6~5.8万円
玄関ドア費用12~25万円17~30万円
合計17~32万円22~38万円

出典:https://www.reform-guide.jp/topics/genkandoa-kakaku/

窓と同様に玄関も空気が出入りする箇所なので、断熱を考えるならば玄関は重要な箇所です。断熱効果を高めたドアは通常よりも5万程度高くなります。
また現在のドアのサイズに合わないものや、種類の違うドアと交換する場合は、別途工事費がかかります。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

玄関ドアの交換リフォームを完全解説!気になる費用相場や選び方など
玄関ドアの交換リフォームを完全解説!気になる費用相場や選び方など
玄関ドアの交換リフォームを完全解説!気になる費用相場や選び方など
記事を読む

1-2.ドアの種類

玄関ドアを交換するのに、ドアの種類を選ぶ必要があります。玄関ドアは大きく分けて「開き戸」「引き戸」の2種類があります。

開き戸

引き戸と比べ断熱性が高く、最近は1日で簡単に取り付けることができるようになったため、手軽にリフォーム可能になりました。

<開き戸の種類>

片開きドア

片開き扉

集合住宅でよく利用され、狭いスペースにも設置しやすいのが特徴です。

親子ドア

片開き扉

大きさの異なる扉(親扉と子扉)が向かい合っている形のドアです。子扉は閉まっていることが多いのですが、大きな荷物を搬入する際は両方の扉を開放して荷物を楽にいれることが出来ます。

袖付き片開きドア

袖付き片開きドア

片開きドアに袖が組み合わさったタイプになります。袖に窓の付いたデザインも多く、光を取り入れることが出来るので、玄関が明るく開放的になるのが特徴です。

両開きドア

両開ドア