• おすすめ記事
  • プロが教える!最良のリフォーム会社と契約できる3ステップ

玄関リフォームを成功させる全ノウハウまとめ|事例画像つき

玄関のリフォームをしたいけど、

「どのくらい費用がかかるのだろう?」

「どんな玄関ドアにしよう?」

「玄関を広げることはできるのだろうか?」

などといった疑問はありませんか?

玄関をリフォームすると言っても、

  • ドアのみを交換する
  • 玄関の土間や収納も一緒にリフォームする
  • 玄関の外回りも一緒にリフォームする
  • 玄関を広げる・増築する

など、施工範囲が人それぞれで、リフォームの目的もそれぞれあるはずです。

目的に合わせ、どんなリフォームをするかで費用が変わります。

この記事では、それぞれの目的別に玄関リフォームを解説していきます。

リフォームの費用感やイメージが掴めるはずですので、玄関のリフォームを進めていく上で、ぜひ参考にしてください。

1.玄関ドア交換リフォーム

玄関のドアを交換するリフォームを紹介します。

最新の玄関ドアは、断熱性能が高く、家の断熱性を上げるために窓と一緒に玄関ドアを交換するリフォームも多いです。

また、鍵がタッチ式やボタン式にできたり、防犯のためガラス部分が少なかったり、防火性能が高かったりと、飛躍的な進化をとげています。

1-1.ドア交換の費用

玄関ドアのリフォーム費用は20万から35万程度がリフォームをする方にとって平均的な価格帯となります。

価格の違いを生む大きな要因は、ドアのグレードによる価格差です。

玄関ドアのリフォームで、最も多い価格帯は次の表のようになっています。

ドアのグレード 一般仕様 断熱使用
撤去処分費用 0.7~1.8万円 0.7~1.8万円
取付け費用 3.6~5.8万円 3.6~5.8万円
玄関ドア費用 12~25万円 17~30万円
合計 17~32万円 22~38万円

引用:https://www.reform-guide.jp/topics/genkandoa-kakaku/

窓と同様に玄関も空気が出入りする箇所なので、断熱を考えるならば玄関は重要な箇所です。断熱効果を高めたドアは通常よりも5万程度高くなります。

また現在のドアのサイズに合わないものや、種類の違うドアと交換する場合は、別途工事費がかかります。

詳しくはこちらで解説しています。
>玄関ドアの交換リフォームを完全解説!気になる費用相場や選び方など

1-2.ドアの種類

玄関ドアを交換するのに、ドアの種類を選ぶ必要があります。

玄関ドアは大きく分けて

  • 開き戸
  • 引き戸

の2種類があります。

開き戸

引き戸と比べ断熱性が高く、最近は1日で簡単に取り付けることができるようになったため、手軽にリフォーム可能になりました。

<開き戸の種類>

片開きドア

集合住宅でよく利用され、狭いスペースにも設置しやすいのが特徴です。

親子ドア

大きさの異なる扉(親扉と子扉)が向かい合っている形のドアです。子扉は閉まっていることが多いのですが、大きな荷物を搬入する際は両方の扉を開放して荷物を楽にいれることが出来ます。

袖付き片開きドア

片開きドアに袖が組み合わさったタイプになります。袖に窓の付いたデザインも多く、光を取り入れることが出来るので、玄関が明るく開放的になるのが特徴です。

両開きドア

左右に同じ大きさのドアが2枚あるタイプの玄関ドアです。大きなドアになるので、ラグジュアリーな雰囲気になりますが、広い玄関スペースが必要になります。

引き戸

開閉が楽なので、高齢者に好まれます。また広い開口部が得られるため、車いすも通りやすくバリアフリーリフォームでよく取り入れられます。

<引き戸の種類>

引き違い扉

2枚の引き戸があり、左右にどちらでも開閉することができるタイプになります。一般的な住宅でよく見かけるタイプの扉です。

片引き扉

1枚の戸を左右に滑らせて開閉するタイプの扉で、開けた時に邪魔にならずすっきりとした印象になります。最近はモダンなデザインの商品が多くみられるようになりました。

両引込み扉

引用:https://www.reform-guide.jp/topics/genkandoa-kakaku/

扉自体を左右の壁側に引き込むタイプになります。玄関の開閉口を広く使うことが出来ます。

玄関ドアを引き戸にリフォームしようとお考えの方は、引き戸の魅力や特徴とリフォーム費用を詳しく解説している『玄関の引き戸リフォームをする際に知っておくべき事柄について』もあわせてお読みください。

2.玄関の収納リフォーム

玄関収納のリフォーム費用は、5~25万円という価格帯となっています。

玄関の収納リフォームには、以下の5タイプがあります。

  • カウンター型収納
  • 壁面収納
  • 天袋・吊戸棚
  • 土間収納

2-1.カウンター型と天袋を組み合わせた玄関収納

引用:http://www.8044.co.jp/gallery/231

費用:7万円

2-2.オーダーメイドの壁面収納

引用:http://www.8044.co.jp/gallery/233

費用:27万円

2-3.土間収納

土間収納は、土間の一角に設けたオープンな収納スペースです。

3.玄関の土間リフォーム

玄関の土間リフォームでよくあるものとして、

  • タイルの張り替え
  • 土間の面積を広げる

といったリフォームがあります。

3-1.タイルの貼り替え

土間のタイル貼り替え費用は、5~10万円になります。

大きいタイルに変更しおしゃれな土間に

Before

After

引用:https://asaminami-nikka.com/works/exterior/20150801150652.html

費用:10万円

3-2.土間の面積を広げる

玄関の土間を広くする方法は、

  • 玄関に隣接する部屋の一部を使って拡張する
  • 廊下の面積を減らして拡張する

の2種類に分かれます。

どの程度、部屋や廊下を壊すのかによって費用は大きく変わりますが、土間を広くする相場としては40~100万円となります。

4.玄関を広げる・増築リフォーム

玄関を広げる・増築リフォームの4つのパターンとそれぞれの費用相場をまとめました。

施工内容 費用
既存の玄関を広くする 30万円程度
既存の玄関を残して第二玄関を増築する 25~30万円程度
既存の玄関を潰して新規玄関を増築する 30~45万円程度
二階に玄関を増築する 100~120万円程度

引用:https://www.reform-guide.jp/topics/genkan-zouchiku/

ここでの費用はあくまで目安で、どこにどのくらいの面積の増築なのか、設置する玄関ドアは何を選ぶのか、などでかなり費用は異なります。

正確な金額は、実際に施工業者に現場を見てもらい、やりたいリフォームを伝えた上で見積もりを取って確認しましょう。

5.玄関のバリアフリーリフォーム

玄関のバリアフリーリフォームには以下のような工事があります。

  • 引き戸にする
  • 段差をなくす
  • 滑りにくい素材のタイルにする

これらのリフォームは、補助金の対象となる工事です。補助金については次で詳しく解説します。

5-1.開き戸から引き戸にバリアフリーリフォーム

Before

After

引用:https://tachikawa-nikka.com/works/exterior/20160227180344.html

1,500,000円(税込)

使用製品:LIXIL エレンゼPG

5-2.玄関ドアと外階段のバリアフリーリフォーム

  • 段数を増やして高低差を低くし、上り下りしやすく
  • すべりにくい陶磁質のタイルを使用
  • 手すりも設置

Before

After

引用:https://okayamahigashi-nikka.com/works/exterior/20150820115753.html

費用:1,500,000円(税込)

6.玄関と一緒に駐車場や外まわりもリフォーム

玄関のリフォームと一緒に、駐車場やアプローチなど、玄関の外まわりも一緒にリフォームを考えられる方も多いです。

6-1.庭をコンクリートで舗装し駐車場にする

コンクリートはデザインの選択肢も豊富なため、玄関からのアプローチと一体化したおしゃれなデザインにすることができます。

引用:https://www.reform-guide.jp/topics/garden-park-reform-cost/

6-2.アプローチ階段と駐車場の修繕リフォーム

費用:55万円

リフォーム内容:

  • 外階段アプローチと駐車場のコンクリート打ち
  • 門柱ブロック積み、モルタル仕上げ

Before

After

Before

After

引用:https://fukuokaminami-nikka.com/works/exterior/20210128105413.html

7.玄関リフォームで使える補助金

玄関は、家の外と中をつなぐ開口部で熱の出入りがしやすいため、断熱性を上げる玄関ドアのリフォームでは、補助金が使える可能性があります。

また、バリアフリー目的で開き戸から引き戸に変更するなどの場合も、補助金対象のリフォームになります。

以下は、2021年5月現在、玄関ドアリフォームで使える補助金をまとめたものです。

<目的別・玄関ドアリフォームで使える補助金早見表>
  断熱 介護 性能向上
玄関ドアのリフォームのみで申請可能
グリーン住宅ポイント制度
介護保険の高齢者住宅改修費用助成制度 × ×
他のリフォームも必要
次世代省エネ建材支援事業 ×
長期優良住宅化リフォーム推進事業
※自治体の補助金制度は各自治体により異なりますが、「断熱」や「介護」のためのリフォームに対応しているものが多いです。

それぞれの制度について詳しく知りたい方は『あなたが使える玄関ドアリフォームの補助金が全て分かる!』をお読みください。

8.まとめ

玄関のリフォームについて総合的に解説しました。

ドアの交換のみであれば、約20万円~、1日でリフォームができます。

玄関を増築する、土間を拡張する、玄関の外まわりも工事するなどの場合は、したいリフォームや物件の状態によって費用がまちまちです。リフォーム会社に現地に来てもらい、見積もりを出してもらうのがいいでしょう。

リフォームガイドでは、あなたのご希望条件とマッチした、お近くのリフォーム会社を無料でお探しします。

リフォーム会社から直接営業電話がかかってくるわけではなく、第三者の立場である弊社が相談をお受けしますので、お気軽にご登録ください。

(玄関リフォームの関連記事)

全ノウハウまとめ
玄関リフォームを成功させる全ノウハウまとめ

その他関連記事


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

リフォーム完成お祝いキャンペーン リフォームガイドからの成約で最大50,000円分のギフト券プレゼント

必須
必須
必須
必須
  • ※電話番号は半角数字、「-」なし
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

お得な「無料特典」とは

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。