• おすすめ記事
  • プロが教える!最良のリフォーム会社と契約できる3ステップ

玄関ドアの交換リフォームを完全解説!気になる費用相場や選び方など

アイキャッチ

玄関は家の顔であり、綺麗にしておきたいという方も多いのではないでしょうか?

少し前まで玄関ドアのリフォームは大掛かりな工事が必要でしたが、最近はリフォーム用の玄関ドアが出てきたこともあり、1日で簡単に新しいドアに変えることができるようになりました。そうは言ってもお金の掛かることなので、どれくらいの価格でリフォームが出来るのかは気になるところかと思います。

ここでは玄関ドアのリフォーム価格の目安を知っていただき、適切な価格でのリフォームをするための手順をご説明します。  

1.玄関ドアリフォームの基礎知識

まずはじめに、玄関リフォームをする上での基礎知識となる用語や考え方について説明します。この基礎知識を押さえたうえで読み進めていただくと理解も深まりますのでしっかりと抑えておいてください。

1-1.「引き戸」と「開き戸」の違いについて

図5

上の写真のように左右に引いて空けるタイプのドアを「引き戸」、右写真のように開いて空けるタイプのドアを「開き戸」と言います。玄関にはこの2種類があるということを基礎知識として知っておいてください。

1-2.玄関ドアに付随するリフォーム

玄関ドアのリフォームをする際に考えておきたいこととして、「玄関ドアだけ」をリフォームするのか、玄関全体をリフォームするかです。玄関のドアと一緒にリフォームをすることが多い箇所としては、玄関の収納、壁、土間の部分などがあります。

リフォーム価格にも関係してきますので、イメージを持っておくとよいでしょう。  

 

2.玄関リフォームの価格と費用について

玄関のリフォームは玄関ドアだけを変えるのか、その周辺も含めて変えるのかで価格も大きく異なってきます。それぞれの場合にどれくらいの価格になるのかをご説明します。

2-1.玄関ドアの種類別リフォーム価格について

玄関ドアのリフォーム費用は20万から35万程度がリフォームをする方にとって平均的な価格帯となります。価格の違いを生む大きな要因は、ドアのグレードによる価格差です。

断熱性の有無やデザインによって価格は異なってきます。玄関ドアのリフォームで、最も多い価格帯は次の表のようになっています。

玄関ドアの種類別リフォーム価格について

窓と同様に玄関も空気が出入りする箇所なので、断熱を考えるならば玄関は重要な箇所です。断熱効果を高めたドアは通常よりも5万程度高くなります。

2-2.玄関リフォームの価格と費用

玄関ドアのリフォームを行うと、収納や玄関タイルも変えたくなることもあります。玄関を全般的にリフォームした場合の費用についてもご説明いたします。

玄関リフォームの価格と費用

2-3.玄関ドアのリフォーム価格が高額になる場合

玄関ドアのリフォームだけであれば、価格は20万程度から可能です。ただし、次のような場合は高額になりがちなので注意が必要です。

△玄関のドア枠のサイズ変更が伴う場合

既存のドアを交換するだけではなく、サイズの異なるドアを取り付けたり、引き戸を開き戸に交換する場合は別途工事費が掛かってきます。

△玄関全体のリフォームをする場合

玄関のドアと一緒に収納やタイルまでリフォームをする場合は、リフォーム費用がかさんできます。例えば内壁や天井にまで施工が及ぶかどうかでも金額は変わってきます。

リフォーム会社に要望を伝え、そのうえで見積もりを作ってもらうことが大切になります。  

2-4.玄関ドアの交換を安く済ませる方法

玄関ドアの交換をできるだけ安く済ませたい!という方も多いかと思います。

ここでは、玄関ドアの交換を安くできる方法を解説します。

〇ドアのサイズは変えない

玄関のサイズを変えない玄関ドアの交換であれば、カバー工法という方法で1日で交換が終わります。

工期が短く、大工工事が要らない方法なので、費用も安く済みます。ドアの種類にもよりますが、約20万円~交換できます。

〇ドアハンドルの不具合なら部品交換も検討する

玄関ドアは、毎日触れるハンドル、ドアノブ部分が最初に壊れやすいです。

ハンドルの不具合がきっかけで、ドアごと交換しようかな?と考える方も多いですが、安く済ませたいのであればハンドルのみの交換も検討しましょう。

ドアハンドルを交換する方法は2通りです。

  • 業者に頼む
  • 自分で交換する

現在のものと同じサイズのものであれば、室内側からドライバーでネジを外して自分で交換することも可能です。

ドアハンドルの種類を交換する、同じサイズのハンドルが見つからない、などの場合は業者に依頼するといいでしょう。鍵やドアノブ修理・交換の業者や、玄関ドア・窓交換の業者に依頼するのがおすすめです。

ドアハンドル交換にかかる費用としては、ドアハンドル自体の価格は5千~7万円と幅が広く、業者に依頼する場合は工賃や出張費として+1~3万円かかります。

3.玄関ドアの種類について

玄関の扉は開き方によって開き戸(ドア)と引き戸に分かれます。リフォームする前のドアの種類とリフォーム後の種類はリフォームの費用に影響してきますので、しっかりと確認しておきましょう。

3-1.開き戸(ドア)の種類

3-1.開き戸(ドア)の種類

開き戸は洋風なイメージのあるものが多く、引き戸に比べると断熱性にも優れています。

また、簡単に取り付けの出来るリフォーム用のドアが出現したことで、以前よりも手軽にリフォームが出来ようになりました。

片開きドア

片開きドア

集合住宅でよく利用され、狭いスペースにも設置しやすいのが特徴です。

親子ドア

親子ドア

大きさの異なる扉(親扉と子扉)が向かい合っている形のドアです。子扉は閉まっていることが多いのですが、大きな荷物を搬入する際は両方の扉を開放して荷物を楽にいれることが出来ます。

出典:http://www.ykkap.co.jp/

袖付き片開きドア

袖付き片開きドア

片開きドアに袖が組み合わさったタイプになります。袖に窓の付いたデザインも多く、光を取り入れることが出来るので、玄関が明るく開放的になるのが特徴です。

http://www.lixil.co.jp/

両開きドア

両開きドア

左右に同じ大きさのドアが2枚あるタイプの玄関ドアです。大きなドアになるので、ラグジュアリーな雰囲気になりますが、広い玄関スペースが必要になります。

出典:http://www.lixil.co.jp/

3-2.引き戸の種類 

引き戸の種類

引き戸は横にスライドさせるので、玄関の外にスペースが無くても広い開口部を得られるメリットがあります。また開け閉めも楽なので、高齢者には好まれます。以前と比べるとメーカーの種類も増え、モダンなデザインのものや、断熱性を高めたものも出てきています。

出典:http://www.ykkap.co.jp/

引き違い扉

引き違い戸

2枚の引き戸があり、左右にどちらでも開閉することができるタイプになります。一般的な住宅でよく見かけるタイプの扉です。
出典:http://www.lixil.co.jp/

片引き扉

片引き戸

1枚の戸を左右に滑らせて開閉するタイプの扉で、開けた時に邪魔にならずすっきりとした印象になります。最近はモダンなデザインの商品が多くみられるようになりました。
出典:http://www.lixil.co.jp/

両引込み扉

両引込み扉

扉自体を左右の壁側に引き込むタイプになります。玄関の開閉口を広く使うことが出来ます。

4.玄関ドアリフォーム・リノベーションの施工例

ここでは、玄関ドアのリフォームの実例をご紹介します。

例①おしゃれな片開き玄関ドアにリフォーム

引用:https://tachikawa-nikka.com/works/exterior/20200608161449.html

費用:605,000円(税込)
使用製品:YKKAP ドアリモ(色: マキアートパイン色)

例②木の風合いがおしゃれな親子ドアにリフォーム

引用:https://takamatsu-nikka.com/works/exterior/20210125130950.html

費用:495,000円(税込)
使用製品:YKKap ドアリモ 親子ドアタイプ(断熱仕様)

例③風が通せる機能性の高い玄関ドアにリフォーム

引用:https://tachikawa-nikka.com/works/exterior/20200723150707.html

費用:434,500円(税込)
使用製品:YKKAP製 ドアリモ(アルミ仕様S11通風型 ショコラウォールナット柄)

例④和風モダンな引き戸でおしゃれな玄関にリフォーム

引用:https://okayamanishi-nikka.com/works/exterior/20160128174627.html

費用:380,000円(税込)
使用製品:LIXIL リシェント 玄関引戸

例⑤玄関ドアとその周りも一緒にリフォーム

Before

After

引用:https://okayamanishi-nikka.com/works/exterior/20160119142821.html

費用:600,000円(税込)
使用製品:LIXIL(トステム) プレナスX

4.玄関ドアを選ぶ際のポイント

玄関ドアのリフォームで最も大切なことは、交換する玄関のドア自体を何にするか決めることです。ここでは玄関ドアを選ぶ際のポイントをお伝えします。

4-1.ドアの種類やデザイン

ドアを選ぶ際は開き戸、引き戸といった種類の選択と、色や形などのデザインの選択が必要です。ドアの種類を現在のドアから変えるのであれば、変更が可能な間取りなのか、しっかりと確認する必要があります。また変更が可能だとしても、費用的には割高になることは覚えておいたほうがよいでしょう。 そしてデザインについては、家全体のイメージに影響を与えるので、全体のバランスを考えて選択しましょう。最近は色や形も豊富なので、カタログを取り寄せて好みのデザインを選ぶとよいでしょう。

4-2.玄関ドアの防犯性

デザインの次に考えるポイントは防犯対策についてです。戸建ての場合は特に注意が必要です。新しいタイプのドアは防犯性の高いものが多くなっていて、ワンドア・ツーロックは基本となっています。また鍵自体も防犯性の高い「ディンプルキー」や「ウェーブキー」などが主流になっています。防犯性をさらに高めたい場合は、リモコンで外から開閉できる電気錠システムなどを採用すれば、安全性がさらに高まります。

4-3.断熱性

玄関ドアを選ぶ際には断熱性も忘れずに検討する必要があります。断熱性がない玄関ドアでは寒さがそのまま家の中に入ってきたり、家全体の暖かさが玄関ドアから逃げて行ったりしてしまいます。家全体の断熱性を考えた場合は、玄関は最も重要な場所になるので、デザインだけで選んでしまわないよう注意する必要があります。  

 

5.玄関ドアリフォームの会社選びと注意点

5.玄関ドアリフォームの会社選びと注意点

玄関ドアのリフォームにおいて、リフォーム会社選びはとても重要です。リフォームをして満足出来るか否かはリフォーム会社で決まるとも言えます。リフォーム会社選びのポイントと注意点をここからはご説明いたします。

5-1.玄関ドアリフォームの実績が豊富な会社

リフォーム会社といっても実は、得意分野は様々なタイプの会社が存在しています。まずは玄関ドアのリフォームについての経験が豊富な会社なのかどうかを確認しましょう。経験が豊富な会社は取替え工事に慣れているだけでなく、メーカーとの取引量も多いため、安価にドアを仕入ることも出来るのです。

5-2.相見積もりを2社以上から取る

相見積もりを取るメリットはいくつかあります。一つはプランや価格の比較検討がしやすいこと。もう一つはリフォーム会社の間で価格やプランを競わせることができることです。相見積もりであることを伝えることで、それぞれの会社から適正なプランと価格で提案を受けることができるようになります。

リフォーム会社選びについてさらに詳しく知りたい場合は以下の記事も是非参考にしてください。

自分に合ったリフォーム会社を見つけるための4ステップ

 

6.まとめ

リフォームの中でも玄関ドアのリフォームは比較的安価に行うことが出来ます。安価ですが、家のイメージを大きく変えることができる上、工期も半日や1日でできるようになりました。 自分にあったリフォーム会社を選び、家全体の雰囲気とあったドアを選ぶことが出来れば、きっと満足できるリフォームが出来るはずです。少しだけ手間隙をかけて、会社選びとドア選びを頑張ってみてください。

(玄関リフォームの関連記事)

全ノウハウまとめ
玄関リフォームを成功させる全ノウハウまとめ

その他関連記事


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

リフォーム完成お祝いキャンペーン リフォームガイドからの成約で最大50,000円分のギフト券プレゼント

必須
必須
必須
必須
  • ※電話番号は半角数字、「-」なし
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

お得な「無料特典」とは

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。