放置している空き家はどうするべき?リフォームのメリットデメリットや費用

近年、社会問題となるほど空き家が増加しています。平成30年住宅・土地統計調査によると、空き家の数は全国で848万9千戸。総住宅数に占める空き家の割合(空き家率)は13.6%にも及びます。所有している空き家をこのまま放置していていいのか、リフォームしてどうにか活用できないか、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

空き家をリフォームしたほうがいいのかどうかは、立地・予算などで変わってきます。

この記事では、所有している空き家をリフォームするメリット・デメリットや、リフォームにかかる費用などを解説します。リフォーム以外で空き家を活用する方法も紹介します。

▼住むための空き家リフォームであれば、こちらの記事をご覧ください。

空き家をリフォームして住みたい!費用や注意点、補助金を解説【事例付き】
空き家をリフォームして住みたい!費用や注意点、補助金を解説【事例付き】
空き家をリフォームして住みたい!費用や注意点、補助金を解説【事例付き】
記事を読む

1.放置している空き家をリフォームするメリット・デメリット

空き家をリフォームすることには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

1-1.空き家をリフォームするメリット

まずは、メリットから確認しましょう。

賃貸物件として活用しやすくなる

リフォームにより空き家の住宅性能が向上すると、賃貸物件としての活用を考えられるようになります。

「築古なら家賃を下げればいい」と考えてしまいがちですが、どれだけ家賃が安くても、寒くてボロボロの家を借りたいと思う人は多くはありません。リフォームしたうえで貸し出せば、借り主を見つけやすくなるのはもちろん、家賃を下げなくてよくなる可能性も高まります。

買い手が見つかりやすくなる

空き家を売って手放したい場合も、リフォームすることで買い手を見つけやすくなる可能性があります。あまりに状態が悪く、購入後リフォームが必要になるような物件は、市場で敬遠されがちであるためです。

すぐに住める状態にリフォームされていれば、買主は購入後に費用をかけてリフォームしなくてよくなります。そのため前向きに購入を検討してもらえる可能性が高まります。

近隣住民とのトラブルが回避できる

空き家をきちんとリフォームすると、近隣住民とのトラブルも防げるようになります。

たとえば空き家の外観の劣化が進むと景観が悪くなり、近隣エリアの地価に影響する可能性があります。また台風や地震などで外壁材や屋根材が飛散したり、家屋自体が倒壊したりすれば、近隣に被害が及び損害賠償を請求されるかもしれません。

また手入れが行き届かない空き家は、害虫や害獣の住処になることもあるでしょう。空き家リフォームは、そういった問題が原因となり引き起こる、近隣住民とのトラブル防止につながります。

「管理不全空き家」の認定による税負担増を免れる

空き家を放置していると、「管理不全空き家」に指定されて罰金や罰則を受ける可能性があります。「管理不全空き家」とは、建物の外観が劣化し、大幅な修繕や建て替え、解体除去などが必要になったり、敷地の周りに庭木や雑草が生い茂り周辺環境に影響を及ぼしたりする可能性があると自治体が判断した空き家のことです。

管理不全空き家に指定されてしまうと、適切に対処するよう助言や指導がおこなわれます。従わないでいると、建物が建つ土地に対する固定資産税の特例が解除され、税額が約6倍に跳ね上がる可能性もあります。空き家を適切にリフォームして管理していれば、その心配は不要です。

国土交通省|管理不全空家等及び特定空家等に対する措置に関する適切な実施を図るために必要な指針(ガイドライン)

1-2.空き家をリフォームするデメリット

空き家をリフォームすることには、デメリットもあります。

コストがかかる

空き家をリフォームするもっとも大きなデメリットは、コストがかかることです。空き家のリフォームには、クロスの張り替えなどの軽微な内容であっても8畳で8万〜11万円程度かかります。水回りの設備の入れ替えや外装リフォーム、耐震改修などだと、100万円以上かかるケースもあり、大きな出費になることもあるでしょう。

リフォームをする場合、かけた費用を改修できるのかをよく考えることが大切です。

土地によっては買い手や借り手が見つからない場合も

空き家のリフォームの目的が賃貸や売却であるなら、よく検討する必要があります。費用をかけたからといって、借り手や買い手が必ず見つかるとは限らず、また見つかったとしても相場よりも高く貸したり売れたりする保証もないためです。

かけた費用を回収できない可能性があるので、空き家のリフォームをする前に、市場ニーズがあるかどうかを不動産会社に相談することをおすすめします。


2.空き家リフォームの種類と費用相場

賃貸や売却に備えてのリフォームにかかる費用の目安は以下のとおりです。

2-1.内装リフォーム

空き家の築年数が浅かったり、よくメンテナンスされていたりする場合は、クロスやフローリングを張り替えるだけでも好印象を与えやすくなります。

<
リフォームの内容費用の目安補足
クロスの張り替え6万~11万円(8畳)クロスのグレードや状態による