放置している空き家はどうするべき?リフォームのメリットデメリットや費用

近年、社会問題となるほど空き家が増加しています。平成30年住宅・土地統計調査によると、空き家の数は全国で848万9千戸。総住宅数に占める空き家の割合(空き家率)は13.6%にも及びます。所有している空き家をこのまま放置していていいのか、リフォームしてどうにか活用できないか、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

空き家をリフォームしたほうがいいのかどうかは、立地・予算などで変わってきます。

この記事では、所有している空き家をリフォームするメリット・デメリットや、リフォームにかかる費用などを解説します。リフォーム以外で空き家を活用する方法も紹介します。

▼住むための空き家リフォームであれば、こちらの記事をご覧ください。

空き家をリフォームして住みたい!費用や注意点、補助金を解説【事例付き】
空き家をリフォームして住みたい!費用や注意点、補助金を解説【事例付き】
空き家をリフォームして住みたい!費用や注意点、補助金を解説【事例付き】
記事を読む

1.放置している空き家をリフォームするメリット・デメリット

空き家をリフォームすることには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

1-1.空き家をリフォームするメリット</