空き家をリフォームして住みたい!費用や注意点、補助金を解説【事例付き】

近年、空き家の増加が社会問題化しています。平成30年住宅・土地統計調査によると、全国の空き家の数は848万9千戸に及び、総住宅数に占める割合(空き家率)は13.6%にも達しています。

その一方、新築住宅は高騰を続け、2022年度フラット35利用者調査によると首都圏の土地付き注文住宅の所要資金は約5,406万円。多くの人にとって、簡単に手が届く価格ではなくなりました。

そう考えると、空き家をリフォームして住むことは、現実的な選択肢の一つとなり得るのではないでしょうか。

この記事では、空き家リフォームにはどのくらいの費用がかかるのか、コストを抑えてのリフォームは可能なのかなどを解説します。空き家をリフォームして住むメリット・デメリットや、リフォームに際しての注意点も紹介します。


1.空き家リフォームの費用相場

空き家をリフォームして住もうと思っている場合、気になるのは費用です。空き家リフォームにかかる費用は、空き家の状態やリフォームの規模によって大きく異なります。

たとえば築年数が浅く、空き家になってからの期間が短い場合には、水回りの交換やクロス・床張り替えなどの、部分的なリフォームだけですむ可能性があります。その場合、200万円〜500万円程度ですむでしょう。

一方築年数が古く、長年空き家になっていたケースでは、耐震補強や断熱改修なども含めた大がかりなリフォームが必要になりがちです。そうすると、必要な費用は1,000万円以上かかると考えられます。構造部分の劣化状態によっては2,000万円を超えたり、「リフォームはできない。建て替えが必要」と判断されたりすることもあるでしょう。

どの程度の費用がかかるのかは、物件の状態を見ないとわかりません。リフォーム会社に現状を確認してもらい、見積もりを取るのがおすすめです。

古民家リノベーションで実現できる3つのこと!費用相場・事例とともに解説
古民家リノベーションで実現できる3つのこと!費用相場・事例とともに解説
古民家リノベーションで実現できる3つのこと!費用相場・事例とともに解説
記事を読む
中古住宅のリフォーム費用相場と安く抑える3つの方法・注意点
中古住宅のリフォーム費用相場と安く抑える3つの方法・注意点
中古住宅のリフォーム費用相場と安く抑える3つの方法・注意点
記事を読む