リフォームしたいけどお金がない!費用負担を抑える方法とローン借り入れを解説

リフォームしたいけどお金がない

リフォームしたいけどお金がない場合、リフォームを諦めるしかないのでしょうか?予算不足であっても、さまざまな方法でリフォームの費用を抑えることは可能です。また、自己資金が不足する場合も、ローンを利用することでリフォーム資金を調達できます。

この記事では、リフォームしたいけどお金がない人に向けて、対処法をご紹介します。予算不足でリフォームを諦めている方は、ぜひ参考にしてみてください。


1.リフォームしたいけどお金がないときの対処手順

リフォームしたいけどお金がないというときには、まず費用を抑える方法を検討した上で、資金を調達する方法を検討するのがコツです。
ここでは、リフォームしたいけどお金がないときの対処手順を解説します。

1-1.まずはリフォームの費用を抑える

リフォームしたいけどお金がないときは、まずはリフォームの費用を抑えることを検討しましょう。希望するリフォームに優先順位をつけ、本当に必要なリフォームのみを行うようにすると費用を抑えられます。

リフォームの費用は、工事の範囲と作業量、設備や材料のグレードによって決まります。お金がないときは無駄な工事を行わず、設備や材料のグレードを落とすことで工事費の削減が可能です。基本性能が備わっていれば、設備や材料のグレードを落としても問題ありません。

また、水回りや屋根・外壁などをまとめて一括でリフォームすることでも、リフォームの費用を抑えられます。複数の箇所をまとめてリフォームすると人件費や養生費などを削減でき、個別に施工するよりもお得です。

リフォーム費用の抑え方は、こちらの記事を参考にしてください。

【プロが解説】リフォーム費用を抑える5つのアドバイス!注意点も
【プロが解説】リフォーム費用を抑える5つのアドバイス!注意点も
【プロが解説】リフォーム費用を抑える5つのアドバイス!注意点も
記事を読む

1-2.補助金・助成金制度や減税制度、介護保険が利用できないか検討する

次は補助金・助成金制度や減税制度、介護保険などを利用できないかを検討しましょう。

補助金・助成金制度を利用すると、工事費の一部が軽減されます。省エネや断熱などのリフォームでは、国や自治体にて、リフォームの補助金・助成金事業が用意されています。先進的窓リノベ事業や断熱リフォーム支援事業など、リフォームに利用できる補助金・助成金を賢く利用しましょう。

減税制度では、リフォーム後の税負担を軽減することができます。例えば、耐震リフォームやバリアフリーリフォームをする際は、所得税の控除や固定資産税の減額、贈与税の非課税措置などが受けられます。

介護保険の利用は、手すりの取付けや段差の解消などの住宅改修をするときに利用できます。なお、介護保険を利用する際の支給額は、支給限度基準額(20万円)の 9割(18万円)が上限です。

補助金・減税制度の利用については、こちらの記事を参考にしてください。

介護リフォームで使える補助金は2種類!どんな工事が対象?申請方法は?
介護リフォームで使える補助金は2種類!どんな工事が対象?申請方法は?
介護リフォームで使える補助金は2種類!どんな工事が対象?申請方法は?