屋根の「破風」とは? 役割と必要性、補修費用を知ろう!

「屋根の破風(はふ)って何?」
「破風の補修費用を知りたい」

こういった疑問を持っている人は多いのではないでしょうか。この記事では、屋根の破風の役割や工事費用などを紹介します。具体的には以下の内容を解説します。

  • 屋根の破風の役割
  • 他の部位との違い
  • 屋根の破風を修理する方法
  • 破風を修理する費用相場
  • 屋根の破風を修理する際の業者の選びかた

屋根の破風の役割を知って適切なメンテナンスを行うことで、雨漏りなどの不安がない生活を送れるようになるでしょう。


1.破風の役割やケラバとの違い

破風とは、屋根の側面についている板のことです。特に、雨樋(雨を流すための道具)が付いていない面を指します。

1-1.破風が持つ3つの役割

破風には3つの役割があります。

  1. 屋根を強風で飛びにくくする
  2. 雨が侵入しにくいようにする
  3. 屋根を美しく見せる

詳しく見ていきましょう。

屋根を強風で飛びにくくする

破風を付けないと屋根が台風などで吹き飛びやすくなります。屋根は、側面や下部からの風に弱いためです。破風を設置することで側面や下部からの風を遮断できるのです。

雨が侵入しにくいようにする

破風がないと屋根の側面が露出した状態になり、雨水が入りやすくなります。そのため、破風には雨漏りが起こるのを防ぐ役割があると言えるでしょう。

屋根を美しく見せる

破風には屋根を美しく見せる役割もあります。屋根に破風がないと側面の構造が丸見えとなってしまい美観が悪化します。

1-2.「破風」と似ている「鼻隠し」や「ケラバ」の違い

破風と似ている部位として「鼻隠し(はなかくし)」と「ケラバ」があります。

「鼻隠し」とは、屋根の側面の板のうち雨樋を取り付ける面を指します。基本的に屋根の最も低い位置に取り付けられています。雨樋を取り付けない面が「破風」です。

「ケラバ」とは外壁より外側に出ている屋根部分を指します。ケラバの端のうち雨樋が付いている面が「鼻隠し」、付いていない端部分が「破風」です。