今しないと損!築20年リフォームの費用と優先すべき箇所を解説

リフォームをする住宅で一番多いのは築20~30年未満の住宅です。

築20年頃になると、水回りにガタがきたり、床や壁の汚れが目立ったりして、案外リフォーム費用がかかるな・・・と思う方も多いのではないでしょうか?

しかし、築20年目の今のうちに、予算内でリフォームできるところはしておくべきと言えます。

なぜなら、築30年を超えるとリフォーム費用が大きく変わるからです。

ある調査によると、築20~30年未満の住宅リフォームは、半数以上が300~500万円だったのに対し、築30年を超えると半数以上が500万円以上のリフォームを実施したそうです。

今リフォームを「めんどくさいから」、「古いけどまだ使えるから」、という理由だけで怠ってしまうと、10年後にフルリフォームが必要になってとんでもない金額になった・・・!という可能性もあります。

建物の状態をよく保ち、大きな修繕を避けるには、こまめなメンテナンスが必要不可欠です。

このページでは、築20年のリフォームでよくあるケースの費用相場と実際のリフォーム事例、予算が限られている場合に優先させるべきリフォーム箇所をお伝えします。

これを読めば、築20年目はどんなリフォームをすればいいの?どのくらい費用がかかるの?という漠然とした疑問が解消されるはずです。

1. 築20年のリフォーム費用を解説


※内装リフォームは、壁紙クロスの張替えやフローリングの張替え、収納や建具の取り付けなど、リフォーム範囲がまちまちなので、価格の変動が大きいところです。ここでの費用相場は、実際のリフォーム事例を参考にしたものです。

(補足)屋根リフォームが高額になる場合

  • 20年間今まで1度も塗装をしていない
  • 屋根材自体の耐用年数が15~20年のもの(トタン屋根など)

このような場合は、塗装では修復できず、「重ね葺き(かさねぶき)」や「葺き替え(ふきかえ)」が必要な可能性があります。

重ね葺き(かさねぶき):新しい屋根材を既存のものに重ねる

葺き替え(ふきかえ):下地からまるまる交換

費用としては、「重ね葺き(かさねぶき)」は塗装の約1.5倍、「葺き替え(ふきかえ)」は塗装の約2倍かかります。

下地まで劣化しているのであれば「葺き替え(ふきかえ)」が必要です。信頼できる業者に見てもらいましょう。

※屋根リフォームを真剣に考えている人はこちら
あなたがすべき屋根リフォームの費用相場を完全解説!業者の選び方も

それぞれの詳しい費用相場については以下の記事をご参照ください。

水回りの詳しい費用相場や、まとめてリフォームした方がお得な理由をこちらで解説しています
水まわりリフォームに関するギモンに完全回答!費用相場や注意点など

外壁リフォームの費用はこちらで詳しく解説しています
データで見る外壁リフォームの費用と相場

屋根リフォームの費用はこちらで詳しく解説しています
屋根のリフォーム費用はどれくらい?3つの方法を徹底解説

全面リフォームの費用はこちらで詳しく解説しています
成功事例付き!全面リフォームの費用相場&費用を抑える3つの秘訣

 

2. 築20年目で実際にリフォームした例

2-1. 水回りのリフォーム例【235万円】

リフォーム内容:キッチン、浴室、洗面、トイレの交換






出典:http://www.8044.co.jp/gallery/457

2-2. 水回り、壁紙やフローリングなど内装のリフォーム例【447万円】

リフォーム内容:キッチン、浴室、洗面、トイレ、洗面所収納、リビングカウンター、キッチン収納





出典:https://edogawa-nikka.com/works/mansion/20200310111225.html?_ga=2.20888632.1230699764.1605579931-1747206434.1605579931

2-3. 屋根と外壁のみのリフォーム例【190万円】

リフォーム内容:屋根・外壁の塗装


出典:https://edogawa-nikka.com/works/gaiheki/20200109172629.html?_ga=2.55349547.1230699764.1605579931-1747206434.1605579931

2-4. 屋根と外壁、水回りのリフォーム例【357万円】

リフォーム内容:外壁・屋根の塗り替え、浴室、トイレ、洗面室


出典:https://yokohamaizumi-nikka.com/works/gaiheki/20191209170923.html?_ga=2.59612589.1230699764.1605579931-1747206434.1605579931

2-5. 屋根と外壁、水回り、内装のリフォーム例【594万円】

リフォーム内容:キッチン、浴室、洗面室、トイレ、内装、外壁・屋根


出典:https://tachikawa-nikka.com/works/kodate/20160914170858.html?_ga=2.246298564.1712564440.1606196124-1397588271.1600330328

2-6.【マンション】間取り変更も含むフルリフォーム例【656万円】

リフォーム内容:LDK、キッチン、浴室、洗面室、トイレ、和室、洋室、2LDK→1LDK


出典:http://www.8044.co.jp/gallery/484

2-7.【戸建】間取り変更も含むフルリフォーム【877万円】

リフォーム内容:キッチン、浴室、洗面、内装、外壁・屋根、増改築リフォーム


出典:https://machida-nikka.com/works/kodate/20170928164925.html?_ga=2.163946175.1230699764.1605579931-1747206434.1605579931

3. 築20年でしておくべきリフォーム1位は外装、2位に水回り

築20年前後のリフォームで、予算に限りがある場合、優先させるべきは外壁・屋根などの外装です。(マンションの場合は、クロスなどの内装よりも水回り設備を優先)

屋根や外壁は、雨風や紫外線を直接受けているため、10年周期のメンテナンスが不可欠です。

これは、だいたい10年前後で表面の塗装が剥がれたり、ヒビが入ったりするためです。

このヒビを軽く見てはいけません。

表面の塗装のヒビであれば、塗り直すことで補修できますが、放っておくと素材そのものにヒビ割れが起き、そこから雨水が建物内部に侵入します。

《雨漏りが発生した屋根の状態》
↑屋根にヒビ割れが発生

《20年手入れをしていなかった外壁の状態》
↑窓周りにヒビ割れ(クラック)が発生

雨水が建物内部に侵入すると、柱が腐る・シロアリが発生するなど建物全体が急激に劣化していきます。

柱など構造部分が傷んでしまうと地震にも弱くなり、傷みがひどい場合は建て替えなくてならなくなります。

こんな事態にならないためにも、外装リフォームは定期的に行う必要があり、築20年はちょうどその時期にあたります。

築20年目では、日々の生活に直接関係してくる水回りや内装の方がどうしても気になりがちですが、建物を長持ちさせるという観点では外装リフォームを優先させましょう。

また建物の状態が良いと、売却する場合にも価値が高くなります。

(補足)

ただし、水回りも次のような場合には早急にリフォームする必要があります。

・蛇口や給水管の接続部分などからの水漏れ

・水回り付近の床がフカフカする

・床下のカビ臭

水回りの老朽で恐いのが、水漏れです。

水漏れを放置してしまうと、床下まで水が侵入し、湿気でカビが発生、柱が腐る、シロアリが発生するなど、建物全体や人体に影響を及ぼします。

さらにマンションの2階以上で水漏れした場合、下の階にも被害が及ぶので、損害賠償などの問題にもなりかねません。

4. リフォーム補助金を賢く使おう

補助金が使えるタイプのリフォームは、耐震、省エネ、バリアフリーの3タイプあります。

築20年のリフォームでは水回りを一新することが多いので、給湯器をエコキュートにする、トイレを節水性の高いものにする、という際は省エネリフォームの補助金が使える可能性があります。

リフォーム補助金には、国から補助されるものと、自治体から助成されるものの2種類があります。一度お住まいの自治体に相談してみましょう。

詳しくリフォーム補助金について知りたい方はこちらのページをご参考ください。
まるわかり、リフォームの補助金・助成金

5. まとめ

築20年目は、水回り設備の交換、屋根・外壁の塗り替え、クロスやフローリングの交換など、リフォームが必要な箇所が意外と多くてビックリするのではないでしょうか。

まずは、ご自分の家の状態と予算から、どこまでの範囲を、いくらくらいでできるのかを把握しましょう。

予算感が分かれば、お近くのリフォーム会社や工務店に見積もり依頼をしましょう。

リフォームガイドでは、ご希望にあったリフォーム会社を無料で紹介しています。ぜひご相談ください。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。