今しないと損!築20年リフォームの費用と優先すべき箇所を解説

リフォームをする住宅で一番多いのは築20~30年未満の住宅です。

築20年頃になると、水回りにガタがきたり、床や壁の汚れが目立ったりして、案外リフォーム費用がかかるな・・・と思う方も多いのではないでしょうか?

しかし、築20年目の今のうちに、予算内でリフォームできるところはしておくべきと言えます。

なぜなら、築30年を超えるとリフォーム費用が大きく変わるからです。

ある調査によると、築20~30年未満の住宅リフォームは、半数以上が300~500万円だったのに対し、築30年を超えると半数以上が500万円以上のリフォームを実施したそうです。

今リフォームを「めんどくさいから」、「古いけどまだ使えるから」、という理由だけで怠ってしまうと、10年後にフルリフォームが必要になってとんでもない金額になった・・・!という可能性もあります。

建物の状態をよく保ち、大きな修繕を避けるには、こまめなメンテナンスが必要不可欠です。

このページでは、築20年のリフォームでよくあるケースの費用相場と実際のリフォーム事例、予算が限られている場合に優先させるべきリフォーム箇所をお伝えします。

これを読めば、築20年目はどんなリフォームをすればいいの?どのくらい費用がかかるの?という漠然とした疑問が解消されるはずです。

▼築20年のマンションリフォームについてはこちらの記事でくわしく解説しています。

【事例で徹底解説】築20年のマンションリフォーム費用相場
【事例で徹底解説】築20年のマンションリフォーム費用相場
【事例で徹底解説】築20年のマンションリフォーム費用相場
記事を読む

1. 築20年のリフォーム費用を解説


※内装リフォームは、壁紙クロスの張替えやフローリングの張替え、収納や建具の取り付