フローリング張り替えの時期はいつ?張り替え時期と費用の目安を解説!

フローリング張替えタイミング

床が軋んだり、鳴ったりするなど床の劣化が目立つようになったときや、傷やシミが気になってきたときはフローリングの張り替えの時期かもしれません。また、それ以外でもフローリングを張り替えるといい場合があります。

「フローリング張り替えの時期を知りたい。」
「フローリング張り替えの注意点について知りたい。」
「フローリングの張り替え費用が心配。」
「フローリングの張り替えが自分でできるのか知りたい。」

こういった悩みがある方も多いはずです。

この記事ではフローリングの張り替えを考えている方のために、以下の内容で説明します。

  • フローリングの種類や寿命について
  • フローリング張り替えのタイミング
  • フローリングの張り替え方法
  • 張り替えの費用の目安

上記のことを知れば、適切なタイミングや方法でフローリングの張り替えができるヒントとなるでしょう。


1.フローリングについて知っておこう

まずはフローリングについて、その種類や寿命を決める要因、耐用年数について説明していきます。

 1-1.フローリングの種類

フローリングは木材でできた床材です。フローリングは大きくわけて「複合フローリング」「無垢フローリング」の2つの種類になります。

ここでは、それぞれの特徴やメリット・デメリットについて詳しく説明します。

複合フローリングについて

複合フローリングは合板フローリングとも呼ばれています。複数の薄い木板を張り合わせた合板を「基材」として、その表面に天然木の板や木目調のシートなどの「化粧材」を貼ったものです。工事期間を短くしたい場合や防音性や耐水性などの機能性を持たせたい場合におすすめです。

複合フローリングは床板の種類や厚み、仕上げ方によって費用が変わります。耐久性のある床材や無垢のようなデザインのものほど費用がかかります。また、防音性の機能を持つ製品も多いので、マンションなどの集合住宅でのリフォームにはおすすめの床材です。

複合フローリングのメリット・デメリットは以下のようになります。

複合フローリングのメリット

  • 色やデザインのバリエーションが豊富
  • 木目や色が均等で、反りや縮みがでにくい
  • 防音性や水ぬれに強いなど機能性の高いものが選べる

複合フローリングのデメリット

  • 無垢フローリングに比べて寿命が短い
  • 深い傷の場合は修復が難しい
  • 天然木特有の風合いが足りない

無垢フローリングについて

無垢フローリングは単層フローリングと呼ばれることもあります。天然木から切り出した「一枚板」を材料としています。そのため、素材そのものの香りが楽しめるという特徴があります。

また、無垢フローリングは調湿効果もあり健康的とも言える素材なのですが、防音性があまりなく、マンションなどの集合住宅では使用できない場合があります。

マンションの場合、管理規約に違反しないか確認してから無垢フローリングを選ばないといけません

無垢フローリングのメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

無垢フローリングのメリット

  • 自然素材ならではの温もりや風合いがある
  • 経年劣化がかえって味わいに変わる
  • 調湿効果や断熱効果が期待できる

無垢フローリングのデメリット

  • 伸び縮みで、床が変形したり軋みやすい
  • 傷が付きやすく、水に弱いためシミになりやすい
  • 費用が高め

2つの床材について、以上のことを表にまとめてみます。

種類 メリット デメリット
複合フローリング
  • 色やデザインのバリエーションが豊富
  • 木目や色が均等で、反りや縮みがでにくい
  • 防音性や水ぬれに強いなど機能性の高いものが選べる
    • 無垢フローリングに比べて寿命が短い
    • 深い傷の場合は修復が難しい
    • 天然木特有の風合いが足りない
    無垢フローリング
    • 自然素材ならではの温もりや風合いがある
    • 経年劣化がかえって味わいに変わる
    • 調湿効果や断熱効果が期待できる
    • 伸び縮みで、床が変形したり軋みやすい
    • 傷が付きやすく、水に弱いためシミになりやすい
    • 費用が高め

     1-2.フローリングの寿命を決める要因

    フローリングの寿命は一般的には10年~20年といわれています。もちろん、気候や手入れなどによって大きく変動します。

    ここではフローリングの寿命を決める要因について説明します。

    フローリングの日焼け

    南向きの部屋や日当たりの良い住まいは、生活するには良い環境かもしれません。しかし、床にとっては過酷な環境なのです。

    直接日光がフローリングに当たると、紫外線によって日焼けが生じてしまいます。そして、フローリングが日焼けしてしまうと黄変や白化といった色あせや、ひび割れが発生してフローリングの寿命を縮める原因となってしまいます。

    また、費用や手間がかかってしまいますが、窓などに紫外線をカットする効果が大きなガラスを使用したり、紫外線(UV)カットフィルムを貼ったりすることでフローリングの日焼けをある程度は防止することができます。

    フローリングの汚れやシミ

    フローリングは基本的に水分に弱く、ぬれた雑巾でふき掃除をした場合でさえ、その水分が劣化の原因になることがあります。特に、キッチンやトイレ、洗面室など水を多く使う場所の周辺では水分による劣化がより多く見られます。また、ペットの尿に含れるアンモニアは粒子が細かくフローリングにしみ込みやすいため、においやシミで劣化してしまう場合もあります。

    そして、水分を吸収したフローリングは腐食などで変色したり、浮き上がったりしてしまいます。

    その他

    椅子を引いたときや、ものを落としてしまった時に付く傷、またペットの爪などによる傷などもフローリングの劣化の原因になります。ただし、生活していく上で、床に傷がつくのは仕方のないことかもしれません。しかし、付いた傷がさらに深い傷になったり、そこから水分が入り込んでしまったりして床の寿命が短くなるので注意が必要です。

    1-3.フローリングの耐用年数

    フロー