外壁や屋根における色の組み合わせで失敗しないための方法

アイキャッチ

外壁や屋根を塗装する際に迷うのが色の組み合わせでしょう。

どんな色がおすすめでデザイン性が高くなるのかは実際に見てみなければわかりません。

この記事では、外壁や屋根塗装をする際に適した組み合わせの選びかた、人気の色の組み合わせ、失敗しないためのコツを紹介いたします。

外壁塗装は10年に1度しか行わない工事ですので損をしないようにチェックしておきましょう。

>>実際の見積もりから算出した外壁塗装・外壁リフォームの費用相場をチェック!


1.まずは色の組み合わせの考え方を知ろう

失敗しないための最初の手順は、外壁塗装に適した色の組み合わせを知ることです。

どのような組み合わせや塗装の仕方が重要なのかを以下でまとめました。

1-1.目立たせたいのなら補色を利用する

1-1.目立たせたいのなら補色を利用する

補色の図の例(ただし外壁に使うマンセルカラーではありません)

補色とは、特定の色から見て正反対の色を指します。

外壁塗装では赤の補色なら緑、黄色の補色なら青紫が当てはまります。補色を並べると互いの色が引き立ちますので、住宅を目立たせたい場合に適しています。

落ち着いた住宅にしたいのなら補色とは逆に近い色同士を組み合わせると良いでしょう。

1-2.サイディングの切れ目で色分けする

1-2.サイディングの切れ目で色分けする

サイディング外壁で作られた住宅の場合、色の境界線を目立たせないためにサイディングボードの切れ目で色分けをします。 

他にも外壁の角や付帯部で色分けをすることで全体的にきれいに見えるでしょう。外壁で中途半端な位置から色分けをしてしまうと塗料の境界線が目立ってしまいますので気をつけましょう。

1-3.ベランダだけ違う色で塗る

1-3.ベランダだけ違う色で塗る

サイディングの切れ目で色分けをすることと同じように、ベランダだけ別の色で塗ることがあります。

ベランダ部分だけ色を濃くすることで外壁のデザインが単調になることを避けられるでしょう。ベランダ部分が強調されるので見栄えが良くなります。

ただし、外壁全体に占めるベランダの面積や数によっては外壁全体のバランスが崩れて逆効果となる可能性があります。

ベランダを色分けしたほうが良いのかは事前に業者に確認しておきましょう。

1-4.外壁は薄い色で屋根は濃い色を選ぶ

外壁は薄い色で屋根は濃い色を選ぶ

外壁と屋根で異なる色を使うのが一般的です。基本的には外壁よりも屋根を濃い色にしましょう。屋根に特に適しているのは黒や灰色に近い色です。 

屋根は外壁に比べて雨や紫外線などを受けや