要望別に見る!おしゃれな間取り17選と役立つ間取りの考え方

おしゃれな間取り

家を考えるにあたって間取りはとても大事です。お洒落な間取りの家に住むことができたら、日々もっと楽しくなると思いませんか?友達を招くのもきっと楽しくなるはずです。

こちらでは要望に合わせてお洒落な間取りを17件紹介しています。更にお洒落な空間をつくるインテリア術も併せて紹介しています。参考にしてみてください。


目次

1.部屋にインパクトを与えるお洒落な間取り3選

思わずあっと言ってしまうような、インパクトのあるお洒落な間取りを3件紹介していきます。

1-1.階段をインテリアの一部に「リビング階段」のある間取り

1-1.階段をインテリアの一部に!“リビング階段”のある間取り Hall with staircase interior 3d rendering

リビング階段とはその名の通り、リビングにある階段のことです。廊下にあることが多い階段ですが、リビングに設置するとインパクトは抜群で、お洒落なインテリアとなります。

階段の種類によって印象もガラッと変わります。お好みの階段で、リビングをお洒落に演出しましょう。

断熱対策も考慮しよう

二階部分のドア

階段が廊下にある場合に比べ、光熱費がかさみます。温かい空気は上に、冷たい空気は下に行く性質によって、二階から冷気がやってくるという原理です。

階段を上がった先の二階部分にドアをつけることや、断熱性能を高めることも検討してみましょう。

1-2.圧倒的な開放感とおしゃれ感「吹き抜け」のある間取り

1-2.圧倒的な開放感とおしゃれ感!“吹き抜け”のある間取り リビングの一階吹き抜け

吹き抜けとは上階部の床をつくらずに、下階と連結させた間取りです。圧倒的な開放感とお洒落感をもたらしてくれます。

全体を吹き抜けにしなくても、リビングの一部を吹き抜けにしたり、玄関だけ吹き抜けにするという方法もあります。

断熱対策も考慮しよう

吹き抜けになった部分から冷気が降りてくるので、光熱費がかさみます。

温かい空気は上部にたまりますので、天井にファンを取りつける、全体ではなく一部だけ吹き抜けを取り入れる、断熱性能を高める方法なども検討してみましょう。

1-3.思わずわくわくしてしまう「スキップフロア」のある間取り

思わずわくわくしてしまう!“スキップフロア”のある間取り

スキップフロアとは、各階の高さをずらして中間階をつくった間取りのことです。縦の空間を有効に使うことができ、遊び心満載のワクワクするような間取りです。

また、目線に高低差が生まれるので実際より広く感じます。

断熱対策も考慮しよう

お部屋が大きなワンルーム状態になるので光熱費がかさみます。また、段差が多いので、高齢には向きません。

家全体ではなく一部にスキップフロアを取り入れる方法や、断熱性能を高めることも検討してみましょう。