おすすめ記事小学館『女性セブン』のリフォーム特集で取材されました!記事を読む

【事例付】スケルトンリフォームの費用徹底解説!費用を抑える方法も

「スケルトンリフォームを考えているけれど、費用はどれくらいかかるの?」

「スケルトンリフォームって、やっぱり高額になるのかな…」

このようにお考えではありませんか?

スケルトンリフォームの費用相場は、一戸建ての場合で1000~2500万円、マンションの場合で500~1000万円前後となり、物件の大きさや使用する設備や材質のグレードで異なります。

特に、耐震・断熱リフォームを行う場合には通常のリフォームに比べて費用が高くなります。

今回は、スケルトンリフォームにかかる費用相場や費用を抑える方法について解説します。

実際に行われたスケルトンリフォームの事例も紹介しているため、ご自身の予算でどれくらいの規模のスケルトンリフォームが可能か検討することもできます。

この記事を読むことでスケルトンリフォームの費用にまつわる様々な情報を得られ、ご自身のリフォームプランがもっと実現に近づくものにできますので、ぜひ参考にしてください。

1.スケルトンリフォームの費用の目安は?

スケルトンリフォームの費用相場は、一戸建ての場合で1000~2500万円、マンションの場合で500~1000万円前後です。

冒頭でも解説した通り、スケルトンリフォームの費用は

  • 物件の大きさ
  • 使用する設備や材質のグレード

に左右されます。

リフォームを検討している物件の大きさやご自身の希望するリフォームと照らし合わせながら、費用を確認していきましょう。

1-1.戸建てのスケルトンリフォームの場合

戸建てのスケルトンリフォームの費用相場は以下の通りです。

【坪数別戸建てスケルトンリフォーム費用】

物件の大きさ 費用(単位:万円)
延べ坪(建物各階の床面積の合計) 20坪(66㎡) 1000~1400
25坪(82.5㎡) 1200~1600
30坪(99.9㎡) 1350~1800
40坪(132㎡) 1600~2100
50坪(165㎡) 1900~2500
※木造軸組み工法の建物の場合
※税別

木材等材料費や職人への手間賃は延べ坪に比例するため、延べ坪が大きくなればなるほど費用も上がります。

また、採用する設備のグレードによって費用は大きく変動します。最新モデルは高額になり、型落ち品は費用がやや下がります。

また、耐震・断熱工事を行うと、リフォーム費用は高くなります。

1-2.マンションのスケルトンリフォームの場合

マンションのスケルトンリフォームは、物件の大きさのほか設備や材質のグレードによっても費用が変動します。

【マンションのスケルトンリフォーム費用】

大きさ デザインや材質のグレード(単位:万円)
ミドルグレード ハイグレード
50㎡ 500~600 600~750
60㎡ 600~720 720~900
70㎡ 700~840 840~940
80㎡ 800~960 960~1020
(参考)2LDKは50~60㎡、3LDKは70~80㎡ほどの大きさ

戸建てのスケルトンリフォームに比べて、マンションは屋根・外壁の工事がない分、大きな物件やデザインにこだわった場合は1000万円を超えることもあります。

マンションのスケルトンリフォームについてもっと詳しく知りたい場合はこちらを参考にしてください。

>>相場が分かる!マンションスケルトンリフォームの費用をスッキリ解説 

2.建て替えとの比較費用

ここからは、建て替えの費用とスケルトンリフォームの費用を比較していきます。

建て替えとスケルトンリフォームとの費用比較は、以下の通りです。

【建て替え・スケルトンリフォーム費用相場】(単位:万円)

建て替え 2670~2760
スケルトンリフォーム 1350~1800
※どちらも30坪の場合

建て替えの場合、解体費用・本体工事費用・別途工事費用が総費用になります。

スケルトンリフォームに比べて建て替えは元の家を解体する必要があるため、費用は高額になっています。

ただし、物件の劣化がひどく、補修作業に時間がかかると建て替えの方が効率的かつ費用を抑えることができるため、物件の状態によって判断が必要です。

また、建て替えはゼロから建て直すため、リフォームのような追加工事がなく、施工期間や費用の目安がつけやすいともいえます。

建て替えかスケルトンリフォームのどちらをすべきかは将来的なトータルコストも考慮しながら決定する必要があります。

より詳しく比較検討したい場合はこちらの記事を参考にしてください。

>>「リフォーム」と「建て替え」で悩む人必見!お得な選び方を全て解説

3.【費用別】スケルトンリフォームの事例6選

ここでは、実際に行われたスケルトンリフォームの事例をご紹介しています。

以下でご紹介する事例をもとに、施工費の大きさによってどれくらいの規模の工事が可能なのかを把握することができます。

また、実際にスケルトンリフォームをする際、どのようなテイストの仕上がりにするかイメージする材料にもなります。

ご自身のリフォームプランをより明確にするために、ぜひ参考にしてください。

クリック/タップで事例に飛びます↓

3-1.戸建てのスケルトンリフォーム事例

3-2.マンションのスケルトンリフォーム事例

3-1.戸建てのスケルトンリフォーム事例

◆事例①/間取り変更で現代の暮らしに合った住まいに

施工費 1727万円
築年数 30年
間取り 3LDK
リフォーム面積 73㎡
工期 3カ月
掲載施工箇所 リビング、キッチン、洗面室、浴室、トイレ、階段

<間取り図>

<リビング>和室をリビングに取り入れ、仕切りの多かった昔ながらの間取りから現代的な開放感のある空間に仕上がりました。あたたかみのある木目調の床材がアクセントになっています。

<キッチン>キッチンは調理中も家族とコミュニケーションがとれるよう対面式に変更しました。手洗い場とコンロの間に広いスペースがあるため、品数が多い際も置き場に困りません。

<洗面室>洗面台を新調したことにより、機能性が高まったほか、以前よりも収納できるスペースが確保できました。洗濯機の上にもタオルを置くスペースを設け、お風呂あがりの利便性向上にも繋がっています。

<浴室>冷たい印象で使い勝手の悪かった浴室も、最新のユニットバスに交換しました。乾燥機がついているため、雨の日の洗濯も心配ありません。

<トイレ>トイレは本体の交換とともに床・壁・天井も張り替え雰囲気を一新しました。トイレ奥には手洗い場も設けています。

<階段>階段にはデザイン性の高い無垢材を採用しました。特注で作成したアイアンの手すりは室内のインテリアとして空間を印象付けています。

出典:http://www.8044.co.jp/gallery/987

事例トップに戻る

◆事例②/内装・外装丸ごと新築同様の仕上がりへ

施工費 1995万円
築年数 30年
間取り 5K→3LDK+S
リフォーム面積 118㎡
工期 4.5カ月
掲載施工箇所 キッチン、浴室、洗面室、トイレ、玄関、外装

<間取り図>

<キッチン>キッチンは独立タイプから対面式のものに交換し、リビング・ダイニングを見通せる形になりました。食器洗い乾燥機がついているため、家事の負担も軽減されそうです。

<浴室>水回りの設備を移動したことにより、窮屈だった在来工法の浴槽を念願のユニットバスに交換することができました。足を伸ばして湯船につかることのできる広さになっています。

<洗面室>浴室と同様洗面室も移動したことにより大幅にスペースが確保できました。収納スペースも増え洗面台周りもスッキリしそうです。

<トイレ>トイレは本体を交換し、内装も一新したことにより清潔感が高まりました。手洗い場の撤去をしたことにより圧迫感のない空間に仕上がっています。

<玄関>汚れの目立つ塀はより明度の高いものに一新し、郵便受けとゲートを設置しました。玄関へと続く石畳がアクセントになっています。

<外装>外壁と屋根は下地からやり替え、耐震性を考慮し軽量な素材を選定しました。以前より明るくまるで新築のような仕上がりになっています。

出典:スケルトンリフォームにより新築の様な住まいへ|リフォーム施工事例 (8044.co.jp)

事例トップに戻る

◆事例③/築古の賃貸併設物件から広々暮らせる空間へ

施工費 2344万円
築年数 50年
間取り 4LDK
リフォーム面積 165㎡→(減築)122㎡+車2台分のガレージ
工期 5ヵ月
掲載施工箇所 リビング、キッチン、洗面室、トイレ、玄関、外装

<間取り図>

<リビング>賃貸物件と併設した複雑な構造だったため、間取りを撤去しLDKを一体化しました。視界が開け開放感のある空間に仕上がっています。

 

<キッチン>キッチンは以前よりもスペースを拡張し、様々な調理器具が置けるようになりました。白を基調とした空間に水色の引き出しがアクセントとなっています。

<洗面室>水回りは場所を移動したためスペースに余裕ができました。最新の洗面台に交換し、鏡や収納等使いやすさが大幅に向上しています。

<トイレ>トイレは本体交換のほか、内装も使いやすさを考慮した工事を行いました。本体後方の収納スペース設置で利便性が高まったほか、こげ茶色の塗装がアクセントになっています。

<玄関>経年劣化により色褪せの激しかった玄関は、外壁とともに一新しました。高級感のあるドアが玄関周りの魅力を引き立てます。

<外装>屋根はメンテナンスフリーな素材へ葺き替え、外壁はサイディング仕上げ+モルタル壁・塗装で仕上げました。まるで建て替えたかのような見た目になったほか、駐車スペースも確保できました。

出典:築50年の建物を基礎まで補強し安心して暮らせる住まいへ|リフォーム施工事例 (8044.co.jp)

事例トップに戻る

3-2.マンションのスケルトンリフォーム事例

◆事例①/間取りの工夫で家族に合わせた空間へ

施工費 700万円
築年数 30年
間取り 3LDK
リフォーム面積 56㎡
工期 1.5カ月
掲載施工箇所 リビング、キッチン、浴室、洗面台、トイレ

<間取り図>

<リビング>もともと和室だった場所を洋室に変更し、間取り撤去も行って広々としたリビングを実現しました。大きな窓はそのままにし、日の光が差し込むようになっています。

<キッチン>壁付けタイプのキッチンから対面式のキッチンに変更しました。キッチンのカウンターには作り付けの棚を設け、スペースの無駄なく収納が可能になっています。

<浴室>浴室は本体交換に加えて内装も一新しました。ダークブラウンの壁が高級ホテルのような上品な雰囲気を演出しています。

<洗面台>シンプルで機能の少なかった洗面台でしたが、大きな鏡・豊富な収納スペースのあるものに交換しました。引き出しは木目調の素材を採用しドアや柱とともに統一感のある仕上がりになっています。

<トイレ>トイレは本体の交換とともに手洗い場の撤去を行いました。以前は露出していた排水管がなくなったことによりお掃除がしやすくなっています。

出典:フルスケルトンリフォームで間取りを一新!|リフォーム施工事例 (8044.co.jp)

事例トップに戻る

◆事例②/素材にこだわった唯一無二の住まいへ

施工費 926万円
築年数 20年
間取り 3LDK→2LDK
リフォーム面積 106.25㎡
工期 3カ月
掲載施工箇所 リビング、キッチン、浴室、洗面台、トイレ

<間取り図>

<リビング>リビングに隣接した和室を取り払い広々としたLDKを実現しました。もともとあった大きな窓は残し、部屋に光が差し込むようになっています。

<キッチン>キッチンは来客の際にコミュニケーションがとれるようアイランドキッチンを採用しました。天井から吊り下げられたランプがアクセントになっています。

<浴室>浴室は場所を移動し最新のユニットバスに交換しました。黒色の浴槽を採用したことにより浴室内全体が引き締まった印象になりました。

<洗面室>洗面台はホワイトカラーのシンプルなものに交換し、収納スペースを設けました。床材は高級感のあるタイルを採用し、ホテルのような仕上がりになっています。

<トイレ>トイレは本体交換のほか、造作カウンターを設置しました。カウンターの素材から手洗い器のボウルまでこだわり抜かれ印象深い空間になっています。

出典:こだわりのロフトと開放的なキッチンのある住まい|リフォーム施工事例 (8044.co.jp)

事例トップに戻る

◆事例③/間取りの工夫と和洋折衷の独特な内装へ

施工費 850万円
築年数 35年
間取り 4LDK→1LDK
掲載施工箇所 リビング、キッチン、和室、トイレ、バルコニー

<間取り図><リビング>たくさんあった間仕切りを思い切って撤去し、開放感のある空間に仕上げました。床材も木目の目立つ素材を採用し、紺色の壁材はアクセントになっています。

<キッチン>キッチンは位置を変更しLDKの中心に配置しました。IHコンロのためお掃除がしやすいほか、食器洗い乾燥機もついているため後片付けもラクラクです。

<和室>バルコニーへと繋がる洋室は和室に変更しました。他の部屋との調和がとれるよう畳は青みのあるものが採用されました。

<トイレ>トイレは本体交換に加え内装にこだわりました。収納スペースのある広々とした空間とアクセントになっている床材の模様が特徴的です。

<バルコニー>バルコニーは色褪せや汚れがありましたが、より明度の高い床材を採用しました。日の光が差した際に以前より明かりを取り込むことができ、家族の憩いの場となりそうです。

出典:名古屋市天白区 築35年中古マンションリノベーション|住宅専門のリフォーム会社が手掛けた大規模リフォーム事例! (infield-gr.jp)

事例トップに戻る

4.スケルトンリフォームの費用をおさえるには?

ここからは、スケルトンリフォームの費用を抑える方法を4つご紹介します。

戸建てスケルトンリフォームは、柱を残してすべてを一から作り替える工事になるほか、マンションの場合でもコンクリートの地肌が見えるまで住戸の解体を行うため、費用が高額になりがちです。

しかし、これからご紹介する方法を活用することで、費用を抑えることができます。スケルトンリフォームをしたいけれど費用がちょっと…という方に必見の内容になっていますので、ぜひ参考にしてください。

4-1.相見積もりをとる

複数のリフォーム会社に見積もりを依頼することを「相見積もり」といいます。

相見積もりをすることでリフォームにかかる費用相場が把握できるほか、複数社検討することにより同じリフォーム内容でも費用を抑えて工事をしてくれる会社が見つかる可能性が高まります。

また、費用だけでなくサービスの手厚さや担当者の対応など、さまざまな観点から会社を比較することができます。

必ず3~4社ほどの相見積もりをとるようにしましょう。

4-2.地元の中小工務店にリフォームを依頼する

スケルトンリフォームの費用を抑えたい場合は、地元の中小工務店にリフォームを依頼してみましょう。

リフォーム会社には大きく分けて

  • 地元密着・従業員数名で運営している中小工務店
  • 地域で複数店舗展開している中堅リフォーム会社
  • 全国展開している大手リフォーム会社

の三種類があります。

会社の規模が大きいと、それに伴って広告宣伝費や本社経費などコストがかかり、同じ内容のリフォームを依頼しても地元の中小工務店の方が価格を抑えて工事できることがほとんどです。

リフォーム会社に見積もり依頼するためには、ご自身で会社を探して直接連絡をする方法がありますが、膨大な数のリフォーム会社の中からスケルトンリフォームの施工実績が豊富で得意な会社を探すのはかなり時間がかかります。また、探し当てた会社はすべて優良業者であるとは限りません。

より効率的にリフォーム会社を探したい場合は、ポータルサイトの活用がおすすめです。

リフォームガイドでは全国の優良リフォーム会社の中から一人一人に合ったリフォーム会社を紹介しています。リフォームに精通した専門のコンシェルジュがリフォーム内容をヒアリングし、無料で見積もりが可能です。

地域密着型の小さな工務店であっても多数ご紹介が可能ですので、簡単かつ安全にリフォーム会社を探したいという場合はぜひご利用ください。

リフォームガイドへの相談はこちらから

4-3.減税制度を利用する

スケルトンリフォームの際には、減税制度を利用することができます。

以下は、減税制度の中でも対象範囲が広く減税制度の大きい所得税の減税についてまとめた表です。

参考:【2022年度版】リフォームの減税制度を分かりやすく解説! | 失敗しないリフォーム会社選び。リフォームするなら【リフォームガイド】 (reform-guide.jp)

10年以上の住宅ローンを組む場合は、住宅ローン減税という減税制度も使えます。

所得税のほか、リフォーム内容によっては固定資産税や贈与税においても減税措置を受けられる可能性があります。

減税制度についてもっと詳しく知りたい場合は、こちらの記事を参考にしてください。

>>【2022年度版】リフォームの減税制度を分かりやすく解説!

4-4.補助金制度を活用する

減税制度と同様、耐震・省エネ・バリアフリーにかかわるリフォームでは国や自治体の補助金を利用できる場合があります。

補助金制度の内容・適用条件等は自治体によって異なります。ご自身のリフォームが適用条件に当てはまっているかどうかは以下のサイトで事前に確認しておきましょう。

地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト

また、リフォームで活用できる補助金制度についてもっと詳しく知りたいという場合は、こちらの記事を参考にしてください。

>>【2022年度】リフォームで使える補助金は6種類!申請方法も解説

5.スケルトンリフォームの費用に関する注意点

ここでは、スケルトンリフォームの費用に関する注意点をまとめています。スケルトンリフォームを行う際には、リフォーム以外にも費用がかかります。

また、費用を支払うタイミングにも注意が必要です。

ご自身のリフォームをスムーズかつ安心して進めるためにも、以下で解説していることは必ず把握しておきましょう。

5-1.半年弱の仮住まいのための費用も考慮する

スケルトンリフォームをしている最中は建物に住めなくなるため、仮住まいを用意する必要があります。

また、工事開始から引き渡しまで仮住まいには半年前後住まなければなりません。

リフォームにかかる費用はもちろんですが、仮住まいのための費用についても考慮したうえでリフォームプランを検討しましょう。

5-2.追加工事にかかる費用は都度契約する

リフォーム中に追加工事を依頼する際は、必ず発生する金額を確認し、都度契約を結んだうえで工事を進めてもらうようにしましょう。

都度契約をしなかった場合、工事完了後にまとめて請求されることになります。

想定よりも高額になった場合トラブルに発展しがちです。

円滑にリフォームが完了するよう契約のステップは怠らないようにしましょう。

6.まとめ

スケルトンリフォームの費用相場は、一戸建ての場合で1000~2500万円、マンションの場合で500~1000万円前後です。

また、スケルトンリフォームの費用は

  • 物件の大きさ
  • 使用する設備や材質のグレード

に左右されます。

戸建てのスケルトンリフォームの費用相場は以下の通りです。

【坪数別戸建てスケルトンリフォーム費用】

物件の大きさ 費用(単位:万円)
延べ坪(建物各階の床面積の合計) 20坪(66㎡) 1000~1400
25坪(82.5㎡) 1200~1600
30坪(99.9㎡) 1350~1800
40坪(132㎡) 1600~2100
50坪(165㎡) 1900~2500
※木造軸組み工法の建物の場合
※税別

マンションのスケルトンリフォームは、物件の大きさのほか設備や材質のグレードによっても費用が変動します。

【マンションのスケルトンリフォーム費用】

大きさ デザインや材質のグレード(単位:万円)
ミドルグレード ハイグレード
50㎡ 500~600 600~750
60㎡ 600~720 720~900
70㎡ 700~840 840~940
80㎡ 800~960 960~1020
(参考)2LDKは50~60㎡、3LDKは70~80㎡ほどの大きさ

スケルトンリフォームの費用を抑えるためには、

  • 相見積もりをとる
  • スケルトンリフォームを得意とする会社に依頼する
  • 減税制度を利用する
  • 補助金制度を活用する

の4つの方法が有効です。

スケルトンリフォームの際は

  • 半年弱の仮住まいにも費用がかかる
  • 追加工事も都度費用がかかる

ことに注意しましょう。

(全面リフォームの関連記事)

全ノウハウまとめ
全面リフォームを成功させる全ノウハウまとめ

その他関連記事

(全面リフォーム関連記事をもっと見る)

全面リフォームの費用と相場


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!あなたに合ったリフォーム会社の見積もりが一括で取れる!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を厳選し、無料で見積りのお手伝いを致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括見積もり依頼

リフォーム完成お祝いキャンペーン リフォームガイドからの成約で最大50,000円分のギフト券プレゼント

必須
必須
必須
必須
  • ※電話番号は半角数字、「-」なし
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

あんしんの完成保証について

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。