【プロが教える】マンションのフルリフォーム費用相場

マンションをフルリフォームしたいけれど、費用が心配とお悩みの方は多いのではないでしょうか。

そのようなお悩みにお応えして、リフォームガイドでマンションのフルリフォームを行ったお客様が実際にどれくらい費用をかけたかをまとめました。その費用は、数百万から1,000万近くまで、かなりの差があります。

中古マンションリフォームで実際にかかった費用

 

「このグラフを見ても、自分がやりたいマンションリフォームにどれくらい費用がかかるかわからない!」と思われた方もご安心ください。この記事では、マンションの広さやリフォーム内容別の費用相場を解説します。皆さまがやりたいマンションフルリフォームの費用が必ずわかります。

さらに、数百万円を優に超えるマンションのフルリフォームは、業者や設備の選び方次第で金額が100万円単位で変わります。そこで、膨らみがちなフルリフォームの費用を100万円以上抑え、リーズナブルでも満足できるリフォームを実現する秘訣を伝授します。

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.マンションのフルリフォームの費用相場

マンションのフルリフォームでは、「300万円以内」や「500万円以内」など、明確な予算感を持ってリフォームを検討される方が多くいらっしゃいます。そこで、マンションのフルリフォームの費用相場を、以下の表に予算別にまとめました。

予算別!マンションフルリフォ―ムの費用相場
出典:http://www.daiken-rs.jp/

水回りの設備交換中心のリフォームなら、予算300万円でもそれなりのグレードの設備を入れることができます。

一方で、築40年など築年数の古い物件では、全面的なリフォームが必要になってきます。新築同然に作り直すことができるスケルトンリフォームがおすすめで、費用は700万円からそれ以上かかります。

それでは、予算別にそれぞれのリフォーム内容の詳細を見ていきましょう。

1-1.【300万以内】水まわり中心のリフォーム

予算300万円以内の場合、水まわり設備の交換とクロスの張り替えまでは可能です。具体的な費用内訳は以下のとおりです。

水回り中心のリフォーム費用相場

以下は、この金額帯で行ったリフォームの事例です。水まわり設備5点の交換とクロスの張り替えを行っています。

水回り中心のフルリフォ―ム

水まわり設備やクロスのリフォームは、グレードや仕様、オプションによって費用が大きく変動します。それぞれの費用の詳細については、以下の記事も参考にしてください。

お風呂・浴室リフォーム費用&最大20%安く抑える4秘訣

システムキッチン交換を完全解説!費用相場や後悔しない選び方など

マンションのトイレリフォームを完全解説!費用相場や注意点など

洗面台・洗面所のリフォーム費用&最大20%安くする秘訣

プロが教える!費用相場や交換時期など給湯器交換を完全解説

マンションの壁紙張り替えにかかる費用をプロが完全解説

1-2.【500万以内】間取り変更を伴うリフォーム

予算500万円以内の場合、水まわり設備交換やクロス張り替えに加えて、和室から洋室へのリフォームや、壁付きキッチンから対面キッチンへの移動などのリフォームも可能になります。具体的な費用内訳は以下のとおりです。

間取り変更を伴うリフォームの費用相場

以下は、この金額帯で行ったリフォームの事例です。水まわり設備交換、クロス張り替えに加えて、床張り替え、キッチン移動、間取り変更まで行えます。

間取り変更を伴うフルリフォーム340~415万円

なお、和室のリフォームや床張り替えについては、次の記事でも詳細を取り上げています。ぜひご一読ください。

和室から洋室へリフォームする際にかかる費用の全解説

プロが教える!フローリング張り替えリフォーム費用相場を完全解説

1-3.【500万以上】スケルトンリフォーム

500万円以上の予算が組めるなら、現在の内装を全て解体して一から作り直すスケルトンリフォームがおすすめです。配管も新しいものに更新されるため、いつ漏水してもおかしくない築40年前後のマンションなどでおすすめです。

スケルトンリフォームの具体的な費用をまとめると次の通りです。

面積別スケルトンリフォーム費用まとめ

費用はかなり上がりますが、以下のイメージのようにリビングも水まわりも全て刷新されると思えば、安く感じられるのではないでしょうか。

スケルトンリフォームイメージ
出典:http://www.balleggs.com/

スケルトンにするメリットは?デメリットは?

スケルトンリフォームをする場合としない場合のメリット・デメリットを以下の表にまとめました。

スケルトンにする?しない?

スケルトンにすると費用は600万円以上とまとまったお金が必要です。一方、古い配管を更新できるのは安心です。さらに、間取りを思い通りにでき内装も一新されるため、新築同然で理想の住まいが実現します。

結論としては、スケルトンリフォームは築40年以上で、内装がひどく傷んでおり、いつ漏水してもおかしくないマンションでおすすめのリフォームになります。

 

2.マンションのフルリフォーム事例と実際にかかった費用

この章では、マンションのフルリフォームの事例をいくつかご紹介します。実際にかかった費用も公開するので、あなたがやりたいマンションのフルリフォームにかかる費用の相場感をつかむことができます。

2-1.極力費用を抑えた水まわり中心のフルリフォーム

極力費用を抑えた水回り中心のリフォーム
出典:http://www.daiken-rs.jp/syosai.php?cd=178

2-2.設備のグレードにもこだわった水まわり中心のフルリフォーム

グレードにもこだわった水回り中心のリフォーム

2-3. キッチンの移動など間取り変更を伴うフルリフォーム

間取り変更を伴うリフォーム
出典:http://www.daiken-rs.jp/syosai.php?cd=198

2-4. 64㎡のマンションスケルトンリフォーム

64㎡スケルトンリフォーム
出典:http://suikoubou.co.jp/works/mansion-renovation9294adck

 

3.マンションのフルリフォーム費用を100万円以上抑える秘訣

「マンションのフルリフォームにかかる費用はわかったけれど、今後を考えると費用は少しでも抑えたい」

このように考える方も多いのではないでしょうか。そんなお悩みもリフォームガイドにお任せください!

費用を抑えたいというご要望にもお応えしてリフォーム会社をご紹介しているリフォームガイドが、100万以上費用を抑えて最安値で満足なマンションのフルリフォームを行う秘訣をご紹介します。

3-1.地元の優良工務店に依頼する!

費用を大きく下げる1つ目のコツは、地元の工務店に依頼することです。

大手・中規模のリフォーム会社では、下請けを使っている会社も多いです。そのため、マージン分の費用が上乗せされることになります。下請けを使わない地元の工務店なら、マージンの上乗せがない分、費用を抑えることができます。

たとえば、同じ物件、同じ条件で見積りを取ったところ、地元の工務店では300万円以上安くなりました。

業者タイプごとの見積り比較

一方で、地元の工務店は、業者によって提案力や施工品質の差が大きいため、どの業者に依頼すべきかの見きわめが重要です。紹介サイトなどを活用して慎重に検討しましょう。

(ご参考)リフォームガイドのご紹介

どこの工務店が提案力高く高品質で施工できるか、お悩みの際は、ぜひとも弊社リフォームガイドをご活用ください。

リフォームガイドとは?○○

リフォームガイドでは、専任のコンシェルジュがお客様のお問い合わせや質問にお答えします。各加盟店の価格情報や、他サイトも含めたお客様の口コミ情報を把握しているため、低価格で高品質のリフォーム会社を一括でご提案できます。

リフォームガイド:無料見積の申込はこちらから(登録はたったの2分)
電話番号:0120-395-120
営業時間:9:00~21:00(月~金) 9:00~18:00(土)

3-2.優先順位をつけてリフォームする範囲を絞る!

マンションのフルリフォームでは「あそこもここも直したい」と欲が出てしまい、予算が膨らみがちです。優先順位をつけてリフォーム範囲を絞ることも、費用を抑えるためには必要です。

とくに、クロスや床の張り替えなどは、施工面積に比例して費用がかかる傾向にあります。どうしても費用を抑えたいのであれば、暮らしに影響の大きい水まわりのリフォームを優先させ、クロスや床の張り替えなど見栄えを良くするためのリフォームは優先度を下げることも検討しましょう。

3-3.メーカーにはこだわらない

マンションのフルリフォーム費用をなるべく安く抑えるためには「メーカーにこだわらないこと」も重要です。

リフォーム会社は定価より安い金額で設備を販売していますが、割引率はメーカーによって差があります。

たとえば、ある業者にリクシルとTOTOの両方で見積もり依頼をしてみると、同じ条件でもリクシルの方が15%ほど安くなりました。

toto

一般的に、見積もり金額はリクシルのほうがリーズナブルになる傾向があります。一方、「TOTOのほうが高級感がある!」「○○は安っぽい!」という声をリフォーム会社から聞くこともあります。どのメーカーを選ぶかは、実際にショールームに行き、見て触ってから決めることをおすすめします。

3-4.補助金や減税制度を利用する!

費用を抑える4つめの秘訣は、国や地方自治体の補助金や減税制度をうまく活用することです。

減税制度を上手に活用すると、実質10万円以上お得になることもあります。

この項では、マンションのフルリフォームに使える可能性のある減税や補助金制度をまとめています。

■マンションのフルリフォームで使える減税制度はこれだ!

リフォームで使える減税制度はいくつかあります。ここでは、その中でも減税の対象範囲が広く、減税額が大きい所得税の減税についてまとめました。

所得税の減税額まとめ

上記のほか、耐震リフォームなどを行うと固定資産税や贈与税の減税措置を受けることができます。

減税措置の申請手続きは、リフォームを完了した年度に確定申告で必要書類を提出するだけです。

減税制度の詳細は、以下の記事でも取り上げています。ぜひご一読ください。

図解!あなたが受けられるリフォ―ム減税額と申請時の注意点

■マンションのフルリフォームで使える補助金制度はこれだ!

減税制度だけでなく補助金制度にも、耐震、省エネ、バリアフリーを対象としているものがあります。

補助金制度の有無や内容は自治体によって異なるため、一般社団法人住宅リフォーム推進協議会のWebサイトをご覧ください。

地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト

 

4.まとめ

いかがだったでしょうか。マンションのフルリフォームでは、その内容によってリフォーム費用に大きなバラツキがあることがご理解いただけたのではないでしょうか。

スケルトンリフォームのような全面リフォームでは、費用が600万円を優に超え、場合によっては1000万円を超えることもあります。金額が大きいリフォームではとくに、依頼する業者によって100万円単位で費用が変わります。

費用を安く抑えたいなら、地元の小さな工務店に頼むほうがメリットがあります。一方で、業者によって品質や提案の差が大きいため、業者選びは慎重に行わなければなりません。

業者選びでお悩みの方は、リフォームガイドをぜひご活用ください。リフォーム業者選びのプロとして、皆さまのリフォームをお手伝いいたします。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。