【プロが教える】スケルトンリフォームのデメリットをすべて解説!

スケルトンリフォームのデメリット

「スケルトンリフォームのデメリットって何?」

「ほかの記事はいいところしか書いてないけど、デメリットも知った上で判断したい!」

このような疑問をお持ちではありませんか?

スケルトンリフォームは、マンションの場合は1,000万近く、戸建ての場合は1000万円以上かかる大きな出費となるので、後悔しないためにも慎重に決めたいですよね。

新築住宅のように間取りが自由で、戸建ての場合は建て替えよりも安く済む、というイメージからスケルトンリフォームを選ぶ方がいますが、費用や間取り、工期、仮住まいなどの面でデメリットもあります。

そこで今回は、スケルトンリフォームを検討している方が事前に知っておくべきデメリットについて詳しく解説していきます。

>>実際の見積もりデータから算出した「リフォームの費用と相場」をチェック!


1.【スケルトンリフォームのデメリット①】建て替えより費用がかかる場合がある

※デメリット①は戸建ての場合になります。

スケルトンリフォームは既存の躯体を利用するため、建て替えよりも費用が抑えられると思われがちです。ところが必ずしもそうとは限らず、思ったよりも安くなる場合もあれば、建物の傷み具合によっては高くつく場合もあります。

なぜかというと、スケルトンリフォームは、建物を解体して柱など躯体のみの状態にするため、解体前には気づかなかった腐食やひび割れなどの劣化を見つけることがあるためです。

これはスケルトンリフォームの良さでもあり、欠陥箇所をしっかりと補強して古い建物でも耐震性を向上できます。

しかし一方で、「想定外に柱など躯体の老朽化が進んでいる場合」は、補修や補強箇所が多くなるので工期が長引き、工事費が増加してしまいます。

あまりにも状態が悪い場合は、建て替える方が効率的で価格を安く抑えられることもあるので、古い建物ほど注意が必要です。

リフォームは、工事の規模や建物の状態などの総合的な判断が必要で、一概に金額面のみで決め