• おすすめ記事
  • プロが教える!最良のリフォーム会社と契約できる3ステップ

【プロが教える】スケルトンリフォームのデメリットをすべて解説!

「間取りが生活スタイルに合わなくなった」

「建物の老朽化が気になる」

「中古物件を購入した」

「相続で親から家を受け継いだ」

このような理由でスケルトンリフォームを検討している方は多いのではないでしょうか。

スケルトンリフォームは、家の構造部分を残し、壁や床、天井などをすべて取り払う大掛かりなリフォームです。1,000万近くかかる大きな出費となるので、後悔しないためにも慎重に決めたいですよね。

新築住宅のように間取りが自由で、戸建ての場合は建て替えよりも安く済む、というイメージからスケルトンリフォームを選ぶ方がいますが、実は費用や間取り、工期、仮住まいなどさまざまな面でデメリットがあります。

そこで今回は、スケルトンリフォームを検討している方が事前に知っておくべきデメリットについて詳しく解説していきます。

>>実際の見積もりデータから算出した「リフォームの費用と相場」をチェック!

1.【スケルトンリフォームのデメリット①】建て替えより費用がかかる場合がある

※デメリット①は戸建ての場合になります。

スケルトンリフォームは既存の躯体を利用するため、建て替えよりも費用が抑えられると思われがちです。ところが必ずしもそうとは限らず、思ったよりも安くなる場合もあれば、建物の傷み具合によっては高くつく場合もあります。

なぜかというと、スケルトンリフォームは、建物を解体して柱など躯体のみの状態にするため、解体前には気づかなかった腐食やひび割れなどの劣化を見つけることがあるためです。

これはスケルトンリフォームの良さでもあり、欠陥箇所をしっかりと補強して古い建物でも耐震性を向上できます。

しかし一方で、「想定外に柱など躯体の老朽化が進んでいる場合」は、補修や補強箇所が多くなるので工期が長引き、工事費が増加してしまいます。

あまりにも状態が悪い場合は、建て替える方が効率的で価格を安く抑えられることもあるので、古い建物ほど注意が必要です。

リフォームは、工事の規模や建物の状態などの総合的な判断が必要で、一概に金額面のみで決められることではありません。戸建てをスケルトンリフォームにするか、建て替えるかで迷ったら、以下のページを参考にしてください。

「リフォーム」と「建て替え」で悩む人必見!失敗しない選び方を全て解説

2.【スケルトンリフォームのデメリット②】工期の予測が立てづらい

デメリット①でもお伝えしたように、スケルトンリフォームは、ふたを開けてみなければわからない部分があります。そのため、必ずしも予定通りの工期で進むとは限りません。隠れている構造の状態を完全に把握するのは難しく、一見問題ないように見える建物でも、解体後に予想外のダメージが見つかることがあるからです。

業者はある程度の予測を立ててプランニングしますが、当初の予定よりも補修や補強箇所が多くなると、必然的に工期が長引いてしまいます。

その他にも天候による遅延、建材・設備などの納期遅れなど、スケルトンリフォームには工期に影響する要素が少なくありません。工期予定がずれ込むことを見越して、十分に余裕を持った計画を立てましょう。

3.【スケルトンリフォームのデメリット③】半年弱の仮住まいが必要になる

今住んでいる住宅やマンションをスケルトンリフォームする場合、工事期間中に賃貸住宅などに仮住まいをしなければなりません。解体工事の期間も含めると、実際に住めるようになるまでに半年ほど見ておく必要があります。リフォーム期間が長いということは、その分だけの家賃が発生するということです。

また、仮住まいが見つからなけばリフォーム工事を始められないため、リフォームのプランニング段階から探し始めましょう。希望のエリアで見つけるのは時間がかかることがあるので、早めに行動する方が慌てずに済みます。

業者によっては仮住まいの手配を依頼できるところもあるので、相談してみるとよいでしょう。

4.【スケルトンリフォームのデメリット④】思い通りの間取りにならない可能性もある

スケルトンリフォームは、何でも自由に計画できるというわけではありません。マンションやツーバイフォー工法の住宅は、建物の構造的な制約やマンションの規約で希望通りの間取りにできない可能性があります。

マンションの場合

<構造上の制約>

壁式構造のマンションの場合、建物を支えている耐力壁を動かすことはできません。むやみに壁を撤去すると建物の強度が低下してしまいます。

室内の壁すべてが耐力壁とは限らないので、構造に影響しない壁を取り除くことはできますが、思い通りの間取りにはならない可能性があります。構造の制約がある中で、希望を叶えるプランニングが必要です。

マンションの壁式構造

<管理規約による制約>

マンションの管理規約によっても間取りの自由度が下がる可能性があります。

共有部分の玄関ドアやサッシ、バルコニー、パイプシャフト(給排水管やガス管などを上下階に通すためのスペース)、外壁などは変更できません。

そのため、キッチンやトイレなどの水回り移動が難しかったり、エアコン設置のための新たな穴を外壁に開けられなかったりと、リフォーム範囲が限られてしまいます。また、オール電化にしたいと思っても、電気やガスなどの容量が決められている場合には不可能です。

マンションをリフォームする場合は、事前に管理規約の内容を確認し、希望のリフォームができるかどうかを調べておきましょう。

ツーバイフォー工法(2×4工法)の戸建て住宅の場合

戸建てでツーバイフォー工法の場合も同様に、耐力壁と呼ばれる耐震上の理由で動かせない壁があります。

ツーバイフォーは、壁、床、天井を箱のように組み立てた構造で、家を支える柱がありません。壁で家の重量を支えているため、好きな位置に好きな大きさで穴を開けたり壁を壊したりできないのです。

2×4工法の戸建て

耐久性を維持するために窓の大きさや位置にも制限があります。

家の角への窓の設置や全面ガラス窓の設置は難しく、一ヵ所に集中して複数の窓を付けることも壁の強度を低下させてしまうためできません。

ツーバイフォー工法の住宅は、設計上の細かいルールが決められているため、自由に間取り変更できるスケルトンリフォームのメリットを活かせなくなります。ツーバイフォーでリフォームを検討している場合は、間取り変更の制約がある中でプランニングを工夫するか、思い切って建て替えを選ぶことをおすすめします。

【完全解説】ツーバイフォー住宅のリフォーム

5.【スケルトンリフォームのデメリット⑤】プランニングに時間や労力がかかる

スケルトンリフォームは、住まいをゼロの状態から計画する新築や表面的なリフォームと比べると、プランニングに多くの時間がかかります。なぜなら、既存躯体の構造上の問題点を踏まえて新しい間取りや耐震プランを考える必要があるからです。

古い戸建ての場合は図面が残っていないことも珍しくなく、中には建てた当初の図面はあるものの、後に行った増築や改築により実際の建物と図面が異なっている、寸法が違う、ということもあり、現地調査に時間を要します。

また、解体後に予想外の問題があると、その都度業者との話し合いやプラン変更が必要になるので、計画通りに事が進まないのです。

6.スケルトンリフォームの成功は業者次第!

スケルトンリフォームは、選ぶ業者によって、費用・提案プラン・要望に対する対応の仕方などに大きな差があります。必ず3社ほどから相見積もりを取って比較しましょう。

また、「柱を取っても問題ないか」、「耐力壁はどこにあるか」など、スケルトンリフォームは豊富な知識や経験が必要です。部分的なリフォームを得意とする業者ではなく、スケルトンリフォームを数多く手掛けている業者を選ぶことが重要なポイントになります。

(補足)【安さなら地元の工務店!】業者による費用の違い

依頼する業者によってリフォーム費用に差が出ます。以下の記事を参考にしてください。

業界の裏側を大暴露!リノベーション費用相場&安く抑えるマル秘テク

7.まとめ

スケルトンリフォームのデメリットは、

  • 建物の構造による制限
  • 追加補修・補強による費用の増加
  • 工期延長の可能性

など複数あります。

マイナス面を理解した上で、スケルトンにするか、内装のみリフォームするか、建て替えるかを考えることが大切です。

スケルトンリフォームは予測の難しい部分があるからこそ、業者選びが決め手となります。失敗を回避するためにも信頼できるプロに相談して、満足のいくリフォームを実現させましょう!

(全面リフォームの関連記事)

全ノウハウまとめ
全面リフォームを成功させる全ノウハウまとめ

その他関連記事

(全面リフォーム関連記事をもっと見る)

全面リフォームの費用と相場


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※電話番号は半角数字、「-」なし
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。