相場が分かる!中古マンションのリノベーション費用をスッキリ解説

アイキャッチ

「中古マンションのリノベーション費用ってどれくらい?」とお思いの方も多いのではないでしょうか。
中古マンションのリノベーション費用は、リノベーションを行うマンションの「物件の大きさ」や、使用する「建材のグレード」によって大きく変わります。

そこで、この記事では、それらのパターン別に中古マンションのリノベーション費用をご説明しますので、あなたがしたいリノベーション費用が分かります。

さらに、ローンや補助金の使い方などもご説明しますので、予算内で満足度高くリノベーションするコツを学べます。

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.中古マンションリノベーションの費用相場

中古マンションのリノベーション費用は、次の2つの要素によって大きく変わります。

  • 物件の大きさ
  • デザインや材質へのこだわり

ここでは、物件の大きさやデザインや材質へのこだわり別にリノベーション費用をまとめました。

中古マンションリノベーションの費用 早見表 (2)

※一般的に、2LDKは50~60㎡、3LDKは70~80㎡ほどの大きさ
※費用はリフォームガイド加盟店の施工実績より算出

ご覧のように、賃貸物件であるようなオーソドックスなデザインで十分など、デザインや材質へのこだわりがそれほど強くなければ、500、600万円からリノベーションすることは可能です。

一方で、施工面積が大きくなり、デザインや材質に強いこだわりを持つ場合、キッチンなどの水まわり設備やクロス・床材などの内装材の単価が上がるため、1000万円を超えることも少なくはありません。

デザインや材質へのこだわりが強い、強くないってどんなイメージ?

■こだわりが強くないとは?

  • リクシルなどメーカー品のミドルグレードの設備を導入
  • クロスや床材もスタンダードなものを使用

■こだわりが強いとは?

  • メーカー品でもハイグレードの設備導入、および海外製など特注設備の導入
  • ハイグレードのクロスや、自然素材の床材を使用

 

2.中古マンションのリノベーション事例と実際にかかった費用

ここでは、リフォームガイドの加盟店の事例の中で、オーソドックスなデザインや材質のリノベーション事例と、デザインや材質にこだわった場合のリノベーション事例の2つをご紹介します。

2つの事例を見比べることで、具体的にあなたがしたいリノベーションがどれくらいかかりそうか、イメージアップするのにお役立てください。

■オーソドックスなデザインのリノベーション事例(666万円)

オーソドックスなデザインの事例
出典:http://suikoubou.co.jp/works/mansion-renovation9294adck

リノベーションの概要

ご覧のように、スタンダードの水まわりを設備を使い、床やクロスなどの内装材にそれほどこだわらなければ、600万円台からリノベーションが可能です。

■デザイン・材質にこだわったリノベーション事例(820万円)

こだわりのデザインの事例
出典:http://suikoubou.co.jp/works/mansion-renovation8936adcn

リノベーションの概要

ご覧のように、デザインや材質にこだわり、設備や、クロス・床材、照明などにこだわると、オーソドックスなものと比較して、同じ施工面積でも100万円以上費用がかかる可能性があります。

 

3.中古マンションリノベの見積りを通じて費用内訳を確認しよう

「中古マンションのリノベーション費用ってなんでこんなに高額なの?」とお思いの方に向けて、実際の見積りを通じてリノベーション費用の内訳についてご説明します。

以下では、東京都のO様の事例をもとに、マンションのリノベーション費用の内訳についてご説明します。概要は次の通りです。

東京都O様のリノベーション概要

このようなご要望に対して、実際のお見積りは次の通りです。

東京都O様のリノベーション見積り内容

ご覧のように、通常のリフォームに比べて、次の2つの費用が別途かかるため、リノベーション費用は高額になります。

<リノベだからかかる費用>

  • 内装を全部解体して、イチから下地を作る費用(200~300万円)
  • 電気の配線や、ガス・水道の配管をイチから引き直す費用(100万円前後)

なお、リノベーション会社によっては、設計費を別項目として外出しして記載するなど、会社によって内訳の記載内容が異なります。しかし、相見積りではおおよそ上記のような分類で各社の費用を理解すると、比較・検討が進むかと思います。

 

4.中古マンションのリノベーションでローンを組むときの注意点

中古マンションのリノベーションでは、その費用が600~1000万円と高額になるため、ローンを組むことを検討する人も多いと思います。

ここでは、そのような中古マンションのリノベーションでローンを組むときの注意点についてご説明します。

4-1.住宅ローンを活用しよう!

中古マンションのリノベーションに使用できるローンは次の2つです。

  • リフォームローン:金利2.5~4.5%、無担保、手間かからない
  • 住宅ローン:金利0.5~2.5%、有担保、手間かかる

多くの場合、物件の購入費で住宅ローンを使用する予定になっているため、中古マンションのリノベーション費用も物件購入費と合せて、住宅ローンを申し込むことをおすすめします。

4-2.ローンの申請には見積り書が必須!

リノベーション費用も合せて住宅ローンを申し込む場合、リノベーションに関して見積り書が必要になります。

業者を選定し見積もりを確定するまでに、現地調査から最低でも1か月ほどかかるため、物件の候補が決まったらすみやかにリノベーション会社に現地調査を依頼し、見積もりを受けるようにしましょう。

4-3.住宅ローン減税の活用を忘れずに!

中古マンションのリノベーションに住宅ローンを利用する場合、住宅ローン減税という制度で、所得税や住民税を減税できます。

具体的には、最長10年間にわたって年末のローン残高の1%が毎年の所得税や住民税から控除されます。控除される金額は総額で最大400万円にもなります。

住宅ローン減税を受けるためには、確定申告が必要になりますので、忘れずに申請するようにしましょう。

そのほか、住宅ローンや住宅ローン減税の詳細については、以下の記事でまとめておりますので合わせてご確認ください。

リフォームローンの全て徹底解説!金利相場や返済イメージ、会社選び等

 

5.低価格で満足度の高い中古マンションリノベーションを行うコツ

リフォームガイドでは、費用を抑えたいというお客様のご要望にも数多く対応してきました。

そこで、ここでは、リフォームガイドがこれまで対応してきた事例やノウハウをもとに、低価格で満足な中古マンションのリノベーションを行うコツをお伝えします。

5-1.地元の優良工務店に依頼する!

どのようなリノベーション紹介者によっても費用は大きく変わりますが、費用を下げるという点では地元の工務店に依頼することがおすすめです。

なぜなら地元の工務店では、専任の営業マンやデザイナーを置かず、広告宣伝費もかけない分、費用を抑えることができます。

工務店が費用を抑えられる理由

一方で、大中のリノベーション会社は工務店に下請けで出している会社も多く、上乗せされるマージンの分高くなる傾向にあります。

たとえば、同じ物件、同じ条件で見積りを取ったところ、大手リノベーション会社に比べて地元の工務店では300万円以上安くなりました。

図1

とはいえ、地元の工務店は、デザインのセンスや提案力について業者によって幅が大きく、自分で選ぶのは容易ではありません。そのため、紹介サイトなどを活用して、お近くでの工務店でどこがリノベーションに向いているのか、探してみるのも一つの手でしょう。

5-2.メーカーの既製品をうまく使う

費用を抑えて満足度の高いリノベーションを行うための2つ目のコツは、メーカーの既製品をうまく使って材料費を抑えることです。

床材や建具(室内ドア)などの材質にこだわる場合、海外メーカーも含めて色んな選択肢がありますが、コストを考慮するのであれば、リクシルやパナソニックなどのメーカーの既製品から選ぶと比較的に低価格でおしゃれな内装を手に入れることができます。

以下では、弊社リフォームガイド加盟店の事例をもとに、具体的にどれくらいの費用でどのようなリノベーションができるかご説明します。

東京都K様のリノベーション概要

メーカーの既製品を使ってうまく費用を抑えた事例
出典:http://www.balleggs.com/portfolio/renovation070/

ご覧のように、リクシルやパナソニックなどのメーカーの既製品を活用すれば、それほど高額にならず、おしゃれなリノベーションを実現できます。

5-3.メーカーにはこだわらない

中古マンションのリノベーション費用をなるべく安く抑えるためには「メーカーにこだわらないこと」も重要です。

リフォーム会社では、定価よりも安い価格で商品を提供するのが当たり前になっていますが、その割引率はメーカーごとに差があります。

たとえば、ある業者にリクシルとTOTOで同じ条件で見積もりを出したとき、リクシルの方が15%ほど安くなりました。

図1

一般的に、業界最大手であるTOTOは高くなる傾向にある一方、リクシルは費用を抑えられます。そのほか、クリナップハウステック(もともと日立系)も費用を抑えられると考えてもよいでしょう。

とはいえ、「TOTOは細かいところが他のメーカーと違う!」「○○はやっぱり安っぽい!」などの声も工務店からいただくこと多くあります。

ゆえに、最終的にどのメーカーにするかは、実際にショールームに伺って、見て触って決めるというのが後悔しない選び方でしょう。

5-4.補助金や減税制度を利用する!

4つ目の費用を抑える秘訣は、国や地方自治体の補助金や減税制度をうまく活用することです。

補助金や減税と聞くと、「面倒くさいなぁ」とか「手続きが面倒な割にはもらえる額って少なくない?」など思われる方も多いのではないでしょうか。

たしかに、手続きの煩雑さは一定ありますが、こちらもうまく活用すると、実質10万円以上お得にもなります。

ここでは、中古マンションのリノベーションで使える可能性のある減税や補助金制度についてまとめております。

■中古マンションのリノベーションで使える減税制度はこれだ!

いくつかの税金で、リフォームで使える減税制度が存在します。ここではその中でも減税の対象範囲が広く、減税額が大きい所得税の減税についてまとめました。

所得税の減税額まとめ

そのほか、固定資産税や、贈与税についても耐震などのリフォームを行うことによって減税措置を受けることができます。

なお、申請手続きは、リフォームを完了した年度に、確定申告で必要書類を提出するのみです。

各種減税制度の詳細については、次の記事でも取り上げておりますので、ご確認ください。

図解!あなたが受けられるリフォ―ム減税額と申請時の注意点

■中古マンションのリノベーションで使える補助金制度はこれだ!

減税制度と同様に、補助金制度でも耐震、省エネ、バリアフリーを対象としているものが多く存在しております。

詳細な内容については、各自治体に応じて異なるため、それぞれの自治体でどんな制度を実施しているかは、一般社団法人住宅リフォーム推進協議会のWebサイトをご覧ください。

地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト

 

6.相見積もりをとるときに留意すべき点

相見積もりを取ることは、費用を抑える重要な一つの手段ですが、実際に相見積もりをとって、正しい比較・検討を行うためには、いくつか留意すべき点があります。

ここでは、失敗しないために相見積もりをとるときに留意すべき点についてご説明します。

6-1.金額が同じでも業者によって見積り前提が異なる場合も!

一方で、同じような見積り金額でも、その見積り内容については、自然体で見積り依頼すると、3社なら3社一社として同じものが出てくることはありません。

たとえば、水回り設備について、使用するメーカーが異なることもあれば、メーカーが同じでも型番や細かい仕様が異なることが多々あります。さらに、ある会社はお客様の利便性も考えて、備え付けの収納などいくつか見積りにいれていることもあれば、ある会社は極力費用を小さく見せるため、お客様から言われたこと以外は何も見積りに入れていないことがあります。

6-2.比較・検討のため、見積り前提を合せた相見積りをしよう!

したがって、比較・検討という点では、見積り前提を揃えた相見積りが必要になります。

とはいえ、型番の指定までお客様の方で最初からするのは難しいため、次のような手順で相見積もりを進めるのがおすすめです。

  1. 大まかな要件で各業者に見積り依頼
  2. 各業者から思い思いの提案をいただく
  3. 再度見積もり依頼
    ※その際、どのメーカー・型番、間取りで見積もってもらうか詳細な要件も伝える
  4. 再提案受け、比較・検討

なお、業者から提案を受けるときは対面で、一つ一つ見積り内容について口頭で説明を受けるようにしましょう。

なぜなら、見積りの書き方は各業者で異なっており、書面だけでその内容を他社のものと比較するのはかなり難易度の高いことだからです。

6-3.価格だけではなく、業者がちゃんとやってくれるかも評価が必要

とはいえ、その業者が責任をもって最後までお客様が納得する形でやってくれるかどうかは、見積り書の金額だけではわかりません。

特に、リフォームという業界では業者によって品質面でのバラツキも大きいため、どの業者に依頼すべきか見極めが重要です。

業者選びの際は、紹介サイトなどを活用して慎重に選びましょう。紹介サイトでは、各工務店のホームページの情報以外に、お客様からの口コミや独自取材の内容により、どの工務店が中古マンションのリノベーションが得意か、お客様からの評判がよいかという情報が集約されております。また、複数一括で紹介を受けることで、自分に合う工務店かどうか比較検討することができます。

そのため、紹介サイトを通じて、あなたも手間をかけずに失敗しないリフォーム会社探しができるようになります。

(ご参考)リフォームガイドのご紹介

どこの工務店が提案力高く高品質で施工できるか、お悩みの際は、ぜひとも弊社リフォームガイドをご活用ください。

リフォームガイドでは、専任のコンシェルジュが、各加盟店の価格情報や、他サイトも含め、お客様の口コミ情報も把握しているため、低価格で高品質のリフォーム会社をまとめてご提案できます。

新TOP

リフォームガイド:無料見積の申込はこちらから(登録はたったの2分)
電話番号:0120-395-120
営業時間:9:00~21:00(月~金) 9:00~18:00(土)

 

7.まとめ

いかがだったでしょうか。中古マンションのリノベーションにおける業者ごとの費用相場や、中古マンションリノベーションの間取り設計のポイントや施工事例、業者選びのポイントなど盛りだくさんの内容だったのではないでしょうか。

中古マンションリノベーションは大規模なリフォームになるため、その費用もばかにならず、全ての要望を取り込もうとすると1000万円を超えることもざらではありません。同じ価格でより多くの要望を取り込みたい・・・だれでもこのように考えますよね。そのような思いに応えるために、リフォームガイドもみなさまの業者探しという観点で誠心誠意ご協力いたします。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

※個人情報は一切公開されません

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。