外壁塗装の保証期間や内容、起こりやすいトラブル例を紹介!

「外壁塗装に保証なんてあるの?」
「外壁塗装の保証に関するトラブルを知りたい」

あなたは、こう考えているかもしれません。この記事では、外壁塗装における保証の種類や期間などを紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 外壁塗装で受けられる保証の種類と期間
  • 保証を受けられる主な症状
  • 外壁塗装の保証で起こるトラブル例
  • 保証で失敗しないための業者の選びかた

外壁塗装の保証制度について知っておくと、無用なトラブルや失敗を避けられるようになるでしょう。

外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
記事を読む

1.外壁塗装で受けられる保証の種類と期間

外壁塗装で受けられる保証制度には3種類があります。

  1. 外壁塗装会社の自社保証
  2. 塗料メーカーの保証
  3. リフォーム瑕疵保険

それぞれメリットやデメリットがあるためチェックしておきましょう。

1-1.外壁塗装会社の自社保証

外壁塗装会社が自社で行っている保証制度です。

メリットは、塗料の種類を問わず保証制度が適用できることでしょう。
デメリットは、会社が倒産した場合に保証制度が無効となってしまうことと、実際に問題が起こった際に適用するのが難しいことです。

自社保証の場合、外壁が劣化して保証制度の適用条件だと思って尋ねてみたら、難癖をつけられて断られるといったトラブルが起こります。

保証期間は会社によって変わり、3年、5年、10年などがあります。

1-2.塗料メーカーの保証

塗料メーカーが行っている保証制度です。

メリットは、メーカー保証のため倒産の心配がほとんどないことと、保証制度が適用されやすいことです。
メーカーが責任を持っておこなうため、自社保証のように難癖をつけられて断られる心配がありません。

デメリットは以下の3つです。

  1. 特定の地域や塗料にしか適用できない
  2. マンションなどが多くて戸建て住宅ではほとんど適用されない
  3. メーカーが認定した業者に依頼しなくてはいけない

メーカーの多くは保証している地域や塗料を限定しています。適用条件はマンションでの施工が前提であることが多く、戸建て住宅ではほとんど利用できません。

メーカー保証の具体例としては、日本ペイント株式会社の「ダイヤモンドコート」があります。
ダイヤモンドコートの保証期間は3〜7年です。

対象地域は東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県・群馬県・栃木県の全域と、茨城県南部、愛媛県中予地区と地域が限定されています。
このように、地域を関東や一部の地域に限定しているケースは珍しくありません。

保証期間は塗料によって変わり、1〜10年があります。
基本的には塗料の耐用年数が長いほど保証期間が長く、シリコン塗料で1〜5年、無機塗料で5〜10年程度が目安となるでしょう。
また、高価な塗料ほど保証期間が長い傾向にあります。

このほか、施工方法に問題があるといけないため、メーカーが保証しているのは基本的に認定施工店が施工した場合にかぎられます。

1-3.リフォーム瑕疵保険

「リフォーム瑕疵保険」とは、保険の登録業者に工事を依頼した場合に適用できる保証制度です。

リフォームした場所すべてが対象となる適用範囲が広いという特徴があります。