外壁を吹き付け工法にするメリットとデメリットや費用を解説

外壁を吹き付け工法にするメリットとデメリットや費用を解説

外壁の「吹き付け工法」とは、エアガンやエアスプレーガンを使って塗料を噴射して塗装する工法です。
他には「手塗り工法」があります。

どちらも外壁の下地を問わずおこなえる塗装方法です。

この記事では、吹き付け工法を利用するメリットや種類を紹介します。
具体的には以下の内容を解説します。

  • 吹き付け工法のメリットとデメリット
  • 外壁の吹き付け塗装の種類
  • 吹き付け工法にかかる費用相場
  • 外壁を吹き付けする場合の注意点

記事を読むことで「手塗り」と「吹き付け塗装」のどちらが自宅に適しているかがわかり、費用を抑えることが可能です。

外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
記事を読む

1.外壁を吹き付け工法で塗装するメリットとデメリット

外壁を吹き付け工法で塗装するメリットとデメリットを把握すれば、無駄な費用をかけず、美しい仕上がりにすることができます。
以下では「手塗り工法」と比べた場合の「吹き付け工法」のメリットとデメリットを紹介します。

1-1.外壁を吹き付けするメリット

外壁を吹き付け工法で塗装するメリットは以下の3つです。

  1. 仕上がりにムラが出にくい
  2. 広い面積ほど工期短縮につながる
  3. 狭い隙間でもムラができにくい

手塗りよりも仕上がりをキレイにしたい場合に向いています。

仕上がりにムラが出にくい

吹き付け塗装は手塗りに比べて仕上がりを均一に塗装しやすいメリットがあります。
ローラーやハケを使う「手塗り」だと、塗りムラが目立ってしまって美しくないと感じる人もいるでしょう。

ハケは塗った跡が特に目立つため、美しさを重視する場合は最適とは言えません。
「吹き付け塗装」なら一定の間隔で塗料が噴出されるため、塗りムラが残りにくいです。

広い面積ほど工期短縮につながる

吹き付け工法は一度に広範囲を塗装するため、細かい部分の塗装は苦手ですが広い面だとスムーズに作業ができます。手塗りに比べて塗る速度が早いため面積が広いほど効率的に作業ができ、工期短縮がしやすいでしょう。

平坦な外壁かつ塗装面積が大きい場合は吹き付け塗装が適しています。

狭い隙間でもムラができにくい

吹き付け工法では細かい塗料を吹き付けるため、腕が入らないほど狭い隙間でも塗装が可能です。

手塗りだとローラーが入らない隙間は細いハケを使います。
しかし、細いハケで狭い隙間を塗ると塗りムラができやすく作業性も悪いでしょう。

外壁とパイプの隙間のように、狭い場所が多い場合に吹き付け工法は役に立ちます。

1-2.外壁を吹き付けするデメリット