狭いキッチンが使いやすくなるレイアウトの極意と解決策

狭いキッチンのレイアウト

「キッチンが狭く、物があふれてごちゃごちゃした印象に・・・」
「作業スペースが少なく料理する気になれない・・・」

キッチンが狭いと収納スペースや作業スペースが足りずにいらいらしていませんか?いどうせなら楽しく料理したいものですね。

そんな時はキッチンのレイアウトを工夫してみましょう。

こちらでは狭いキッチンが使いやすくなるレイアウトの極意と、リフォームプランや便利なアイテムを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。


1.必ず押さえてほしいキッチンレイアウトの基本

狭いキッチンについて、まず押さえておいてほしいことがあります。キッチンレイアウトの基本です。これは狭い広いに関わらずどんなキッチンにも言えることなので、まずは基本を確認しておきましょう。

1-1.[冷蔵庫→シンク→まな板→コンロ]の順番で並べる

キッチンには必ずある冷蔵庫・シンク・まな板(を置く場所)・コンロですが、使いやすいキッチンは[冷蔵庫→シンク→まな板→コンロ]がスムーズに動けるように配置されています。なぜなら料理の手順に従うことが、使いやすいキッチンにする秘訣となるからです。

料理の手順

1-2.冷蔵庫は手前に配置

冷蔵庫はキッチンの入り口に対し手前に配置するべきか奥に配置するべきか?答えは手前です。なぜなら冷蔵庫は皆が使用し、人が集まる場所だからです。

冷蔵庫が手前にあれば誰かが料理中でも後ろを通ることなく冷蔵庫にたどり着けますが、奥にあると料理する人の後ろを通らなければなりません。

冷蔵庫が手前にある場合と奥にある場合の比較

冷蔵庫が奥にある場合のレイアウト 冷蔵庫が手前にある場合


2.狭いキッチンのリフォームプラン紹介

キッチンレイアウトの基本はお分かりいただけたでしょうか?ご自宅のキッチンと照らし合わせてみると、そこから見えてくる使いづらさの原因もあると思います。こちらでは、原因別に狭いキッチンが使いやすくなるようなリフォームプランを紹介していきます。参考にしてみてください。

2-1.まな板を置くスペースがない時のリフォームプラン

まな板を置くスペースがない、あるいは狭ければ当然使いづらいキッチンになってしまいます。こちらではそのようなケースにお勧めのリフォームプランを紹介していきます。

プラン1.今より大きいキッチンに交換

今より大きいキッチンに交換した事例
出典:http://www.nikka-home.co.jp/

イメージ

今より大きいキッチンに交換した場合の冷蔵庫の位置