施工事例付!平屋リノベーションの費用を完全解説!

「平屋をリノベーションするのにいくらくらい費用がかかるのだろう?」

「平屋をリノベーションするとなると費用がかなりかかりそうだけど、費用を少しでも抑える方法はあるの?」

とお考えの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

平屋をリノベーションする際の費用は1000万円~ですが、坪数やどこまで施工を行うかによって費用は大きく異なってきます。

そこで今回は、平屋をリノベーションする際の費用相場や実際に平屋リノベーションをした施工事例の費用をご紹介いたします。さらに、これだけの金額がかかる平屋リノベーションを少しでも費用を抑えてリノベーションするポイントまでご説明いたします。

この記事を読むことで、平屋をリノベーションする際の費用相場を理解できるだけでなく、実際にどうアクションしていけばいいかまで知ることができます。

 

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.平屋リノベーションの費用相場はどれくらい?

平屋をリノベーションするといっても、現在の平屋の大きさやみなさんがどのようなことを求めるかで施工内容は大きく変わってきます。当然、費用も異なってきます。

どの平屋でもリノベーションする際にかかる基本費用と必要に応じて検討すべき追加費用は次の通りです。

平屋費用

■平屋リノベーションの基本費用について

平屋リノベーションでは内装や外装を全て解体し、柱などの骨組みを残しながら一から作り直すスケルトンリフォ―ムという工法を取り入れており、多くの手間が必要になるため、費用が多くかかってしまいます。

また、デザインにこだわったオシャレで使いやすい自宅空間にする、断熱や耐震対策を施すことによっても費用が多くかかる理由となります。

また、費用相場で生じる大きな費用差は、使用する設備や材料のグレード、もともとの家の劣化具合(柱の腐食具合)や施工業者(※一般的に地元工務店は安く、大手リノベーション業者は高い)によるものが多いです。

■その他追加費用について

「屋根裏収納設置」と「屋根裏部屋設置」でこれだけの費用差が生じる理由は断熱対策の違いです。屋根裏空間は50℃近い温度(真夏時)になるため、生活するとなるとかなりの対策を施さなければなりません。また、冷暖房を備え付けるための工事なども重なり、これだけの費用差が生じます。

また、「増築工事」は骨組みを一から作り上げるため多くの費用がかかってしまいます。

 

2.実際に平屋リノベーションした施工事例とその費用

先ほどの費用相場で平屋をリノベーションする際にどれだけ費用がかかるのか理解していただけたと思います。

ここでは、実際に平屋をリノベーションした事例をいくつかご紹介いたします。平屋リノベーションの費用感を養うだけでなく、リノベーション後のイメージもふくらませていってください。

2-1.築100年平屋をリノベーションした事例 【費用:1249万円】

  • 比較的小規模な平屋で、内装・外装スケルトンリフォ―ム、それに伴う水回りの入れ替えを行った。
  • キッチンやお風呂などの水回りは一般的なグレードのものを使用した。
  • 梁を清掃し塗装して残すことで、昔ながらの雰囲気を残した平屋にリノベーションしていくことに成功した。

ビフォーアフター
出典:http://shizuoka-nikka.com/works/kodate/20180126162645.html

2-2.築40年の26.5坪平屋をリノベーションした事例 【費用:1500万円】

  • 屋根や柱はそのままにし、内装・外装スケルトンリフォ―ム等を行った。
  • オールステンレスのキッチン、マットのブラックタイルと合わせたキッチン空間を生み出した。
  • フローリングを無垢フローリングにし、子洒落たカフェに来ているような気分を味わえる空間に。

ビフォーアフター2
出典:https://www.taniue-reform.jp/ogata_seko/23422.html

2-3.築37年の27坪平屋をリノベーションした事例 【費用:1500万円】

  • 内装・外装スケルトンリフォ―ムと、それに伴う水回りの入れ替え、外構エクステリア工事を行った。
  • LDKにこだわり、扉付きパントリーやカウンター代わりのダイニングテーブルを作り、すっきりとした空間を作ることができた。
  • 庭に植えられていた多くの木々を抜き、おしゃれな雰囲気を残せるような形で1本だけ残した。

ビフォーアフター3
出典:https://www.taniue-reform.jp/ogata_seko/23423.html

 

3.平屋リノベーションで費用を抑えるために地元工務店に施工を依頼しよう!

「平屋リノベーションの費用相場知ったけど、思っていたより高くない?」

「この費用相場なら、建て替えした方が割に合うんじゃないの?」

先ほどまでの章を通して、このように感じられた方も多いのではないでしょうか。

このようにお考えの方に費用を抑えるうえでお勧めなのが、地元工務店に平屋リノベーションの施工依頼をすることです。

なぜ地元工務店に施工を依頼するのが良いのか、実際に業者によってどれだけの費用差があるのかなどをご説明いたします。

3-1.地方工務店が平屋リノベーションの費用を抑えられる理由

リノベーションを依頼する時の業者の候補としては、「地元工務店」、「中堅リノベーション業者(地域で何店舗か展開する業者)」、「大手リノベーション業者(全国展開する業者)」の3つがありますが、それぞれの利益構造や宣伝に対する力点の置き方の違いによってこれだけの費用差が生じます。

「地元工務店」は広告に費用をほとんどかけず、専任の営業マンやデザイナーが置かれていないため費用を抑えることが可能になります。

工費

一方、「中堅リノベーション業者」や「大手リノベーション業者」は広告費をかなりつぎこんでおり、下請け業者(一般的に「地元工務店」が多い)に発注する額にプラスして自分たちの利益を上乗せするため費用が多くかかってしまいます。

3-2.1000万円もお得に!地元工務店施工により費用を抑えた事例

ここでは、弊社リフォ―ムガイドの加盟店の一つである京都の工務店「たなか工務店」の事例をご紹介いたします。

「たなか工務店」は大手ハウスメーカーに依頼すれば4500万円かかった案件を3500万円で請け負った実績があります。

また、社長自らが3Dイメージを作成するなどの工夫をし、大手リノベーション業者に負けないような提案をしています。さらに、デザイン面でも大手リノベーション業者に負けず劣らずの施工をしています。

例
出典:http://www.tanaka-co.jp/

この事例からわかるように、地元優良工務店に施工を依頼すれば費用を抑えて、かつ満足のいくデザインの平屋リノベーションをすることができるようになります。

(補足)地元工務店ならどんな工務店でもいいの?工務店の選び方は?

結論を申しますと、地元工務店であっても依頼すべきでない工務店は存在します。

地元工務店は規模が小さいからこそ、その質は社長に委ねられ、お客様を感動させられる業者がいる一方、社長がテキトーでクレームを多発させている、一部のレベルの低い業者もいるという現状があるからです。

具体的に仕事のレベルが低い業者の一例は次の通りです。

  • 言われたことしかできず、提案ができない
  • 約束した時間に無断で遅れてくる
  • 伝えたことが現場に伝わっていない場合がある
  • 品質管理がずさんで、クレームが発生しても対応が遅い

それでは、どのようにしてサービス力やデザイン・提案力がある地元工務店を見つけていけばいいのでしょうか。

ここでお勧めするのが、紹介サイトの一つである弊社リフォームガイドです。

リフォームガイドでは、各工務店にどんな担当者がいてどんなリノベーションができるのか、サービス力やデザイン・提案力を持っているかを把握しておりますので、あなたにピッタリのリノベーション会社を紹介できます。

(ご参考)リフォームガイドのご紹介

リフォームガイド:無料見積もりの申し込みはこちらから(登録はたったの2分)
電話番号:0120-395-120
営業時間:9:00~21:00(月~金) 9:00~18:00(土)

 

4.平屋リノベーションで少しでも費用を抑えるために減税・補助金の活用を検討しよう!

平屋リノベーションで少しでも費用を抑えるためには減税制度や補助金の活用も選択肢の一つになってきます。

ここでは、平屋リノベーションで利用できる減税制度や補助金についてご説明いたします。

4-1.平屋リノベーションで利用できる減税制度はこれ!

いくつかの税金がリノベーションをすることで利用できる減税があります。ここでは、その中でも減税の対象幅が広く、減税額が大きい所得税の減税をまとめました。

減税

そのほか、固定資産税や贈与税についても耐震などのリフォームを行うことによって減税措置を受けることができます。

各種減税制度の詳細については以下の記事で詳しく取り上げておりますので、ご確認ください。

https://www.reform-guide.jp/topics/reform-genzei/

4-2.平屋リノベーションで利用できる補助金はこれ!

減税制度と同様に補助金制度でも耐震や省エネ、バリアフリーを対象としているものが多く存在しています。

詳細な内容については各自治体によって異なるため、それぞれの自治体でどんな制度が実施されているかは、一般社団法人住宅リフォーム推進協議会のWebサイトをご覧ください。

http://www.j-reform.com/reform-support/

 

5.まとめ

いかがだったでしょうか。

平屋をリノベーションするのには想像以上の多くの費用がかかるということを理解していただけたと思います。

また、そんな費用がかかる平屋のリノベーションにも費用を抑える手段があるということも理解していただけたと思います。

皆さまが本当に良いリノベーション業者を見つけ、満足のいく古民家のリノベーションをしていただくために、リフォームガイドは皆さまのリノベーション業者選びを誠心誠意お手伝いさせていただきます。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

※個人情報は一切公開されません

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。