外壁材やサイディングを扱う各メーカーの特徴や種類を解説!

「外壁素材を扱うメーカーでおすすめを知りたい」
「メーカーを選ぶポイントを知りたい」
こういった悩みを抱えている人は多いでしょう。

この記事では、外壁材を扱うメーカーのおすすめや、メーカーを選ぶポイントを紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 外壁材を扱うおすすめメーカー
  • 目的別で選ぶ外壁材メーカー
  • 外壁材のメーカーを選ぶ際のポイント

あなたに適した外壁材メーカーを選ぶことで満足のいく外壁に仕上げることができるでしょう。


1.外壁材を扱うおすすめメーカーをチェック!

日本窯業外装材協会によると、外壁材のシェアは、窯業系サイディングが78.5%、金属系サイディングが11.4%と、2種類で90%近くを占めています。

このため、窯業系サイディングと金属系サイディングの主なメーカーを今回は解説していきます。

1-1.窯業系サイディングを取り扱うメーカー

窯業系サイディングとは、セメント素材と繊維素材を原料として板状にした外壁素材です。熱によって変形しにくく、デザインが豊富という特徴があります。

窯業系サイディングでおすすめのメーカーには以下があります。

ニチハ株式会社

ニチハの窯業系サイディングには以下の6種類があります。

  1. プレミアムシリーズ(耐候性が高い塗料を塗った高品質)
  2. フュージェ(継ぎ目が目立ちにくい)
  3. モエンエクセラード(色やデザインが豊富)
  4. モエンサイディングS(柄の深掘りが可能)
  5. COOL(「鏡面」や「光沢を出さない表面」を実現)
  6. 風光(厚みがある硬質な素材)

ニチハ株式会社の強みはすべての商品についている「マイクロガード」機能と、豊富なデザイン性です。

「マイクロガード」とは、空気中の水分を使って外壁の表面に薄い水の膜を作ります。
水の膜によって汚れのもとを外壁から隔離し、雨が降った際に流すことで外壁表面を美しく保つ機能です。

費用感としては、5,700〜21,000円/㎡程度です。ニチハ株式会社の窯業系サイディングは、豊富なデザインの素材から選びたい人に適しています。

ケイミュー(KMEW)株式会社

ケイミュー株式会社の窯業系サイディングには以下の4種類があります。

  1. レジェール(光セラ+深掘り+軽量という高品質素材)
  2. 光セラ(太陽光で汚れを落とす、色あせしにくい)
  3. 親水パワーコート(雨で汚れを浮き上がらせて流す、色あせしにくい)
  4. 親水コート(雨で汚れを浮き上がらせて流す)

ケイミュー株式会社の強みには「光セラ」機能があります。「光セラ」は光触媒機能によって太陽光で汚れを落とすことが可能です。また、セラミックによって色あせしにくい性質も魅力と言えるでしょう。

費用感としては、4,700〜8,300円/㎡程度です。ケイミュー株式会社の窯業系サイディングは、外壁表面の汚れを落としたり色あせを避けたりしたい人に適しています。

旭トステム外装株式会社

旭トステム外装株式会社の窯業系サイディングには以下の5種類があります。

  1. ガーディナル(美観と耐久性を備えた最上位の商品)
  2. ガーディナルSmart(新工法を採用した新商品)
  3. AT-WALL EXE(塗膜の変色・褪色に対して20年の保証)
  4. AT-WALL PLUS(汚れを防ぐ機能がついている高品質商品)
  5. AT-WALL 15(多彩なデザインがある安価な商品)

旭トステム外装株式会社の強みには、色あせに強い「フッ素コート」機能があります。また、価格が全体的に安いのも魅力の一つでしょう

費用感としては、4,000〜7,700円/㎡程度です。旭トステム外装株式会社の窯業系サイディングは、安い材料を探している人に適しています。

1-2.金属系サイディングを取り扱うメーカー