破風を外壁塗装する時期の目安と費用相場、注意点を解説

「破風の外壁塗装をする目安を知りたい」
「破風の塗装にかかる費用を知りたい」
こういった疑問を持っている人は多いでしょう。

この記事では、破風を塗装する時期や費用相場を紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 破風を塗装する目安となる劣化症状
  • 外壁塗装で破風を塗る場合の費用相場
  • 破風に適した色
  • 外壁塗装で破風を塗る手順
  • 破風を塗装する場合の注意点

破風を塗装するべきか悩んでいる人にとって有益な情報が詰まっています。記事を確認して破風塗装の最適な工事方法を把握し、余計な労力や費用をかけない ようにしましょう。

外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
記事を読む

1.外壁塗装が必要な破風の劣化症状

破風の塗り替えが必要なタイミングは、劣化状況から判断します。塗装を検討する劣化には以下があります。

  • カビ
  • ひび割れ
  • ふくれ
  • 塗膜のはがれ

具体的に、どのような症状なのでしょうか。

1-1.カビ

破風にはカビやコケが生えることがあります。コケであれば洗浄だけで落とせる可能性があるでしょう。しかし、カビの場合は根を張っているケースがあるため外壁塗装を必要とします。

カビを放置すると根が破風の素材を突き破って劣化が進んでしまい、破風板の交換が必要となります。破風が割れたり破損したりして雨漏りが起こる可能性もあるでしょう。

破風にカビが広がっていたら塗り替えを検討してください。

1-2.ひび割れ

破風の塗装や素材自体がひび割れていることがあります。塗装の表面だけなら致命的な問題にはなりませんが、素材が割れている場合は補修が必要です。

ひび割れを放置すると隙間から雨が侵入して内部を侵食していきます。最悪の場合は雨漏りを引き起こすでしょう。

破風がひび割れている場合は早急に補修を行ってください。

1-3.ふくれ

塗装がプクリと膨れている劣化症状です。下地から水が出ていたり、塗装の密着性が低下したりした場合などに起こります。

放置すると塗装が剥がれて下地が露出してしまい、破風の素材が侵食されていきます。今すぐに問題が起こるわけではありませんが、塗り替えの目安となる現象です。

1-4.塗膜のはがれ