知って得する!和式トイレをリフォームする際の費用と進め方

黄ばんだ便器、ずっとこもっているイヤな臭い… 

そろそろご自宅の和式トイレリフォームを考えてみませんか?トイレは毎日使う所ですからトイレが美しく生まれ変われば生活の質も向上します。

平成20年の調査では家庭用トイレの約90%が洋式トイレであると分かりました。しかし、洋式トイレが多いからといって洋式トイレの方が優れている訳ではありません。ドイツの研究によると和式便器の方が排便に適しており、便秘にもなりにくいというデータもあります。

一方で、洋式トイレはしゃがむ動作がないので高齢者も安心して使用できますし、楽な姿勢でリラックスして排便することができます。

このように和式トイレにも洋式トイレにもメリットがあります。そのため、和式トイレを洋式に変えるのか、和式トイレのまま便器を交換するのかどちらにしようか決めかねている方もいらっしゃると思います。

こちらでは、この記事では、和式を洋式にリフォームした場合と和式を和式のままリフォームした場合に分けて費用・工期を解説いたします。ぜひ和式トイレのリフォームの際に参考にしてください。


1.和式トイレのリフォームにかかる費用

和式トイレのリフォームには、洋式トイレにリフォームする場合と、新しい和式トイレにリフォームする場合があります。それぞれ費用と工期について解説いたします。

1-1.和式トイレを洋式トイレにする際の費用と工期

まず、洋式トイレにリフォームする場合について解説いたします。

費用の相場は30~50万円です。費用が変わる要因としては洋式便器のグレードや種類があります。下の表をご覧ください。

種類/グレード
組合わせトイレ 35~40万円 37~45万円 43~48万円
一体型トイレ 43~45万円 44~49万円 46~54万円
タンクレストイレ 48~52万円 51~56万円 54~59万円

種類についての説明は以下の通りです。現在は組合わせトイレが一番普及しています。

トイレの種類

その他にも費用が変わる要因があります。

・トイレの現状

既存のトイレ床や壁やドア等がどこまで使えるのかによっても費用が変わってきます。築年数が長いお宅のトイレなどは費用が更に高くなってしまうことがあります。

・コンセントの有無

洋式便座に暖房機能などをつける際にはコンセントが必要になります。新しくコンセントを設置する場合には1万円程度費用が高くなります。

グレードが低い組み合わせトイレに変えた時の見積りです。

1-2.和式トイレを新しい和式トイレにリフォームする際の費用 

次に和式トイレにリフォームする際の費用と工期について説明します。費用の相場は15~35万円です。和式から和式に交換する場合は、便器のグレードよりも現状の便器のサイズと同じサイズの便器があるか否かの方が費用に大きく影響します。下の表をご覧ください。

お使いの便器と合うサイズの便器があれば、まわりの床をそのまま使用できますので費用が抑えられます。

同じサイズの便器に交換 異なるサイズの便器に交換
15~25万円 25~35万円

お使いのトイレと同じサイズの便器があった場合の見積りです。