屋根で使う防水塗料の種類を解説!塗料の選びかたのコツとは

屋根で使う防水塗料の種類を解説

「屋根の防水塗装をしたいけれどどの塗料が最適なのか」と考えてはいませんか?

屋根に使う防水塗料の種類を知っておけば、自宅に適した材料を効果的に選べるようになるでしょう。

この記事では、屋根の防水塗料について紹介します。
具体的には以下の内容を解説します。

  • 防水塗料が使える屋根の種類
  • 屋根に使う防水塗料の種類
  • 屋根に使う防水塗料の費用相場
  • 自宅の屋根に適した防水塗料を選ぶコツ
  • 屋根の防水塗装工事の優良業者を選ぶ際のポイント

すべてチェックして、屋根の防水塗料に無駄な費用をかけないようにしましょう。

>>実際の見積もりから算出した屋根塗装・屋根リフォームの費用相場をチェック!


1.防水塗料が使える屋根の種類

すべての屋根で防水塗料が使えるわけではありません。
防水塗料が使えるのは「陸屋根」か「屋上」にかぎられます。

陸屋根と屋上に大きな違いはありません。
一般的には、人があがるように設計されていない水平な屋根を「陸屋根」、あがっても問題ないように作られているものを「屋上」と呼びます。

通常の屋根は傾斜があり、内部に防水シートを張っているケースが多いです。
このため表面に塗装する塗料には高い防水機能が求められていません。

 


2.屋根に使う防水塗料の種類

防水塗装の目的は「雨漏りを防ぐこと」と「見栄えをよくすること」の2つです。塗装をしなければ見栄えが悪くなるだけではなく、雨漏りの危険性が増すでしょう。

屋根に使う防水塗料には以下の2種類があります。

  1. FRP
  2. ウレタン

それぞれの特性を理解して、適切な塗料を選べれば無駄な費用をかけずに済むでしょう。

2-1.FRP

FRPとは強化繊維プラスチックを指し、表面がガラスのような仕上がりになる防水塗料です。耐用年数は10〜13年程度あります。
FRP防水の材料価格は1㎡あたり5,000円〜8,000円程度です。

メリットは、ウレタン塗料よりも乾燥が早くて工期が短いこと、熱や傷に強くて耐久性が高いことがあげられます。

デメリットは、ウレタン塗料よりも価格が高いこと、塗膜が硬いため地震でひび割れがしやすいことがあげられます。

FRPは、ガラスのような光沢がある表面となるため、防水塗装を綺麗な仕上がりにしたい人に向いているでしょう。

2-2.ウレタン

ウレタン防水とは、液体のウレタン樹脂を重ね塗りする手法です。耐用年数は10〜13年程度あります。
ウレタン防水の材料価格は1㎡あたり4,000円〜7,000円程度です。

メリットは、FRP防水よりも価格が安いこと、他の防水塗料の上からでも重ね塗りができることです。

デメリットは、ムラができやすく完全に均一な面にはできないことです。見た目はFRP防水のほうが優れているでしょう。

ウレタンは、防水塗装