外壁塗装で確定申告が必要になるケースと申請方法を解説!

「外壁塗装で確定申告が必要なの?」
「外壁塗装の確定申告をする方法を知りたい」
こういった疑問を持っている人は多いでしょう。

この記事では、外壁塗装で確定申告をする方法や注意点を紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 外壁塗装の確定申告で税金が得になるケースとは
  • 外壁塗装の工事を確定申告で申請する方法
  • 外壁塗装の確定申告をする際の注意点

外壁塗装の確定申告について知っておくと、支払う税金額を減らせるようになるでしょう。

外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
記事を読む

1.外壁塗装の確定申告で税金が得になるケースとは

外壁塗装の確定申告で税金が得になるケースは、住宅借入金等特別控除(住宅ローン減税)を申請する場合です。

住宅ローン減税とは、ローンを組んで住宅を購入したり増改築したりした場合に、所得税から工事料金の一部を減額できる制度です。

住宅ローン減税を適用するには、以下のいずれかに当てはまる工事をしなくてはいけません。

  1. 大規模な模様替えや改修
  2. 省エネ工事
  3. 耐震改修
  4. 増改築

外壁塗装は「大規模な模様替えや改修」に当てはまります。ただし、外壁や屋根のような主要構造物において過半数を超える部分を塗装しなければいけません。

また、外壁塗装で住宅ローン減税を使うには以下の条件をすべて満たす必要があります。

  • 登記上の床面積が50平方メートル以上であること
  • リフォームで10年以上のローンを組んでいること
  • 建物の所有者かつ居住していること
  • 中古住宅の場合は耐震性能を満たしていること
  • 合計の所得金額が3,000万円以下であること
  • 工事費が100万円以上であること
  • 工事をする日から半年以内に居住しはじめていること

他にも細かい条件がありますので、詳しくは国税庁のホームページで確認しましょう。

住宅ローン減税における控除の上限額は年間で40万円です。年末に残ったローン残高の1%が毎年減税され、10年間で最大400万円が得になります。

所得税で減税しきれなかった場合は住民税の支払いが減ります。しかし、住民税からは年間136,500円までしか減税されません。住民税でも減税しきれない金額はすべて消えてしまうので注意が必要です。

このように、外壁塗装の工事をした際は、確定申告をすることで税金を減らせるメリットがあるのです。

所得税が減額される理由は、控除(こうじょ)にあります。控除とは、ある金額から一定の額を差し引くことです。

税金は、収入の全額に課されるわけではありません。収入から経費や医療費などを控除したあとの額に対して課税されます。

このため、控除額が大きいほど課税額が少なくなり、税金が減るのです。

 

<