瓦屋根の葺き替えタイミングはいつ?費用や依頼手順も解説

アイキャッチ

「瓦屋根の葺き替え工事というものがよくわからない」
「瓦屋根の葺き替えは前回のメンテナンスから何年くらいで行えばいいのか」

こういった悩みを抱えている人は多いでしょう。

この記事では、瓦屋根の葺き替え工事の費用からメンテナンスのタイミングまでを詳しく解説いたします。

内容としては、

  • 瓦屋根の葺き替えタイミング
  • 瓦屋根の葺き替えにかかる費用の相場
  • 葺き替え工事にかかる期間
  • 業者に工事を依頼する手順

などを紹介していきます。

瓦屋根の葺き替えで知りたいことがある人に向いている情報ばかりですので、悪質業者にだまされないためにも事前に知識を蓄えておきましょう。

1.瓦屋根の葺き替えをする前にチェック!

瓦屋根の葺き替えをしたいと考えても、自分の家の屋根がメンテナンスするべきタイミングなのかどうかはわからないでしょう。

そもそも瓦屋根の葺き替えは本当に必要なのかという疑問も浮かんできます。

まずは瓦屋根の葺き替えをする上で大切な事前知識を2つ解説いたします。

1-1.瓦の劣化具合から葺き替えタイミングを決める

瓦屋根の葺き替えタイミングは劣化状態で決めます。

しかし、自分で屋根にのぼって確認するのは危険ですので業者に確認してもらいましょう。

瓦の劣化具合には以下のような症状があります。

1-1.瓦の劣化具合から葺き替えタイミングを決める

コケや藻がついた程度なら大きな問題はありませんが、深刻度4の症状では葺き替え工事が必要です。 

どの工事が必要なのかは内部の劣化状況などで決まりますので、表面上は2や3の症状に見えても調べてみたら葺き替えが必要と業者が判断することもあります。

また、葺き替えが必要なのにカバー工法や塗装をしても内部の劣化はそのままですので、雨漏りがすぐ再発したり次回のメンテナンスまでの期間が短くなりますので注意してください。

瓦屋根を調査してもらう目安としては、前回のメンテナンスから10年ほど経過した頃が望ましいです。

瓦の耐用年数が20年以上あっても、内部の防水シートが15年〜20年程度で寿命を迎えます。このため劣化具合の調査は10年ごとに行う必要があるのです。

ただし、明らかに劣化していると地上から見てもわかる場合は、年月に関係なく業者に調査してもらうようにしましょう。

1-2.瓦屋根のメンテナンスを行わないことによるデメリットとは

瓦屋根のメンテナンスをしないで放置すると以下のような症状が起こります。

  • 雨漏り
  • すきま風
  • 虫の侵入
  • 瓦が落下する

瓦がズレたり割れてしまうと隙間から雨や風が侵入してしまいます。場合によっては虫の侵入もありえるでしょう。

ズレた瓦は地震や強風によって落下する恐れがあります。瓦は2kgを超える重さがありますので人や物に当たると非常に危険です。

 

2.瓦屋根の葺き替え費用はどのくらいか

外壁のひび割れ補修にかかる費用

瓦屋根における葺き替え工事費用の目安は、30坪程度の住宅なら100万円〜200万円程度です。

材料費以外の工事費用としては40万円〜120万円程度がかかることが多いでしょう。

2.瓦屋根の葺き替え費用はどのくらいか

瓦屋根の葺き替え工事では手間がかかるため、他の材料よりも費用が増える傾向にあります。

2-1.瓦から葺き替える素材ごとの材料費

瓦屋根から葺き替える事ができる屋根素材には以下のようなものがあります。

2-1.瓦から葺き替える素材ごとの材料費

※屋根瓦全てを葺き替えた場合での試算になるので、一部のみ修繕する場合はこちらの概算より費用が抑えられる可能性があります。

化粧スレートの特徴

化粧スレートの特徴

薄い板上の屋根素材で「コロニアル」と呼ばれることもあります。

化粧スレートの特徴

アスファルトシングルの特徴

アスファルトアスファルトシングルの特徴シングルの特徴

アスファルトを使用した柔らかい屋根材料です。施工経験がある業者が少なく、日本では需要があまり無い素材です。

アスファルトシングルの特徴

ガルバリウムの特徴 

ガルバリウムの特徴

現在、金属屋根で幅広く使用されているのがガルバリウムです。

アスファルトシングルの特徴

セメント瓦の特徴 

セメント瓦の特徴

セメントや砂を利用して作られた瓦です。日本瓦に比べて安価で手に入ります。

セメント瓦の特徴

日本瓦の特徴

日本瓦の特徴

日本では多くの住宅で使用されている屋根材です。重厚感のある見た目の屋根に仕上がります。

日本瓦の特徴

基本的には以下のような考えを参考にして葺き替えを行うと良いでしょう。 

費用を抑えたい

スレート屋根に葺き替え

曲線など独特の屋根である

アスファルトシングルに葺き替え

耐震性やデザイン性を重視

ガルバリウムに葺き替え

瓦屋根にしたいけれど費用は抑えたい

セメント瓦に葺き替え

重厚感がある屋根にしたい

日本瓦に葺き替え

特に変更する理由がなければ、前回と同じ屋根素材を使っても構いません。

 

3.瓦屋根の葺き替えにかかる工事期間とは

3.瓦屋根の葺き替えにかかる工事期間とは

一般的な30坪程度の住宅の屋根であれば葺き替え工事は6日〜10日程度で完了します。

しかし、工事内容によっては期間が延びたり、逆に短縮できる可能性があります。

工期が延びるパターンとは

瓦屋根の葺き替え工事で工期が延びるパターンとしては以下の例があります。

屋根の勾配が急で工事が難しい

あまりにも勾配が急な屋根だと足場を設置しなくては工事ができません。

このため足場がない場合に比べて組立のぶんだけ工期が延びやすくなります。

屋根の劣化が激しくて補修に時間がかかる

雨漏りなどで屋根の下地素材が激しく劣化していた場合は、補修に時間がかかります。

そういった場合には工期が数日延びることが多いです。

日本瓦から日本瓦への葺き替え

日本瓦の葺き替え作業は他の屋根に比べて時間がかかります。

このため日本瓦からふたたび日本瓦に葺き替えをする場合は、通常よりも工期が数日ほど延びるでしょう。

 

4.瓦屋根の葺き替えを業者に依頼する手順

瓦屋根の葺き替えを業者に依頼する手順

瓦屋根の葺き替えを業者に依頼するためにはどのような手順をとれば良いのでしょうか。

具体的には2つのポイントがあります。

4-1.業者に屋根を調べてもらい葺き替えが必要かどうか検討する

まずは屋根の葺き替え工事が本当に必要かどうかを判断しましょう。

不要な工事をしてしまうと無駄に費用を支払うことになります。

調べる際には自分で劣化症状をチェックするのではなく、業者に依頼してください。

調査だけなら無料で行ってくれる業者は多いでしょう。

4-2.相見積もりを3社以上から手に入れる

葺き替えが必要だと業者が判断したら見積もりを依頼します。

ただし、見積もりは必ず3社以上からとりましょう。2社だけでも足りません。2社の場合、もし極端に価格差が生まれてしまった場合にどちらを選べば良いかが判別できません。

3社から見積もりを取れば2社は近い価格になりやすいです。価格が近ければ適正価格がわかりやすくなります。

業者選びの基準としては、見積書の具体性が挙げられます。項目が細かく記載されている業者ほどしっかりと見積もりをしているため信用ができます。項目が細かい業者を選ぶだけで悪質業者を避けやすくなるでしょう。

もし業者選びで迷うようならリフォームガイドで見積もりを取得すれば比較的安心して選ぶことが可能でしょう。 リフォームガイドは審査を通過した優良な業者のみが登録されています。その中からお客様のお住まいや要望に合った業者をピックアップし、同時に複数社から見積もりを取ることができますので、ぜひ活用してみましょう。

(ご参考)リフォームガイドのご紹介

ここでは、紹介サイトの一つである弊社リフォームガイドについてご紹介します。リフォームガイドでは、みなさまのリフォーム内容や趣向に合わせてピッタリのリフォーム会社をまとめてご紹介できます。

リフォームガイドとは?2

リフォームガイド:無料見積の申込はこちらから(登録はたったの2分)
電話番号:0120-395-120
営業時間:9:00~21:00(月~金) 9:00~18:00(土)

 

5.悪質業者に騙されないために注意するべきポイント

5.悪質業者に騙されないために注意するべきポイント

屋根の工事は適正価格がわかりにくいため、悪質業者が存在します。

業者に騙されないために事前に注意するべきポイントをおさえておきましょう。

5-1.訪問営業している業者は選ばない

訪問営業をしてくる業者は高確率で悪質業者です。

優良業者であれば黙っていても依頼が舞い込んできます。そうでなかったとしても営業先は仕事をたくさん抱えている企業相手に限られるでしょう。

わざわざ非効率な個人住宅に訪問営業するということは、実績がないか評判が悪くて企業から見向きもされない業者の可能性が高いです。

たとえ悪質業者でなかったとしても、素人がプロの真似事をしているという例もあります。トラブルのもととなりやすいですので訪問営業をしている業者は選ばないようにしましょう。

5-2.見積書の項目が「一式」でまとめられていないか確認

見積書の項目が一式ばかりの業者には気をつけましょう。

「諸経費」や「ゴミ廃棄費用」などが一式というのは問題ありません。

しかし、肝心の葺き替え面積まで一式にする業者は危険です。

そもそも葺き替え面積を出せない業社は屋根の計測をしていない可能性があります。

予想より面積が大きくても問題ないようなボッタクリ価格で見積書を出している可能性が高いですので、一式ばかりが並ぶ見積書を提出してきた業者は避けるのが無難でしょう。

5-3.税込表記か確認

消費税の税込みは2021年までは表記しなくても問題がありません。

そのため意図的に税抜き表記をして少しでも多く利益を上げようと考える業者も存在するでしょう。

100万円の工事をすれば消費税だけでも10万円近くかかります。

見積書を確認する際には税込み表記なのかどうかは必ずチェックしましょう。

 

6.まとめ

屋根の葺き替え工事は基本的に屋根素材が寿命を迎えた場合に行います。しかし、自分で葺き替え工事のタイミングを知ることはできません。

業者に調査を依頼して自宅の屋根の劣化状況を確認してもらい、葺き替え工事が必要かどうかを判断しましょう。

(屋根リフォームの関連記事)

全ノウハウまとめ
あなたがすべき屋根リフォームの費用相場を完全解説!業者の選び方も

その他関連記事

(屋根リフォーム関連記事をもっと見る)

屋根リフォームの費用と相場


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※電話番号は半角数字、「-」なし
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。