瓦屋根の葺き替えタイミングはいつ?費用や依頼手順も解説

アイキャッチ

「瓦屋根の葺き替え工事というものがよくわからない」
「瓦屋根の葺き替えは前回のメンテナンスから何年くらいで行えばいいのか」

こういった悩みを抱えている人は多いでしょう。

この記事では、瓦屋根の葺き替え工事の費用からメンテナンスのタイミングまでを詳しく解説いたします。

内容としては、

  • 瓦屋根の葺き替えタイミング
  • 瓦屋根の葺き替えにかかる費用の相場
  • 葺き替え工事にかかる期間
  • 業者に工事を依頼する手順

などを紹介していきます。

瓦屋根の葺き替えで知りたいことがある人に向いている情報ばかりですので、悪質業者にだまされないためにも事前に知識を蓄えておきましょう。


1.瓦屋根の葺き替えをする前にチェック!

瓦屋根の葺き替えをしたいと考えても、自分の家の屋根がメンテナンスするべきタイミングなのかどうかはわからないでしょう。

そもそも瓦屋根の葺き替えは本当に必要なのかという疑問も浮かんできます。

まずは瓦屋根の葺き替えをする上で大切な事前知識を2つ解説いたします。

1-1.瓦の劣化具合から葺き替えタイミングを決める

瓦屋根の葺き替えタイミングは劣化状態で決めます。

しかし、自分で屋根にのぼって確認するのは危険ですので業者に確認してもらいましょう。

瓦の劣化具合には以下のような症状があります。

瓦の破損程度

コケや藻がついた程度なら大きな問題はありませんが、深刻度4の症状では葺き替え工事が必要です。 

どの工事が必要なのかは内部の劣化状況などで決まりますので、表面上は2や3の症状に見えても調べてみたら葺き替えが必要と業者が判断することもあります。

また、葺き替えが必要なのにカバー工法や塗装をしても内部の劣化はそのままですので、雨漏りがすぐ再発したり次回のメンテナンスまでの期間が短くなりますので注意してください。

瓦屋根を調査してもらう目安としては、前回のメンテナンスから10年ほど経過した頃が望ましいです。

瓦の耐用年数が20年以上あっても、内部の防水シートが15年〜20年程度で寿命を迎えます。このため劣化具合の調査は10年ごとに行う必要があるのです。

ただし、明らかに劣化していると地上から見てもわかる場合は、年月に関係なく業者に調査してもらうようにしましょう。

1-2.瓦屋根のメンテナンスを行わないことによるデメリットとは

瓦屋根のメンテナンスをしないで放置すると以下のような症状が起こります。

  • 雨漏り
  • すきま風
  • 虫の侵入
  • 瓦が落下する

瓦がズレたり割れてしまうと隙間から雨や風が侵入してしまいます。場合によっては虫の侵入もありえるでしょう。

ズレた瓦は地震や強風によって落下する恐れがあります。瓦は2kgを超える重さがありますので人や物に当たると非常に危険です。