外壁に使う断熱材の種類や費用、施工方法、注意点をチェック

「外壁に使う断熱材の種類を知りたい」
「外壁に行う断熱工法はなにがあるの?」
こういった疑問を持っている人は多いでしょう。

外壁に断熱材がなければ夏は暑く、冬は寒くなりすぎて快適な生活が送れなくなります。

この記事では、外壁に使う断熱材について以下の要素を紹介します。

  • 外壁に使う断熱材の種類
  • 外壁に行う断熱工法
  • 外壁の断熱工事の費用相場
  • 外壁に断熱材を施工する手順
  • 断熱工事をする際の注意点と業者の選びかた

外壁に使う断熱材の種類や工法を知り、自宅に最適な材料を選べば、外気温に左右されない快適な生活を送れるようになるでしょう。 


1.外壁の断熱材の種類や工法

外壁の断熱は、断熱工法と使う断熱材によって効果が変わります。以下では、断熱材の種類と、断熱工法の違いを解説していきます。

1-1.断熱材の種類

外壁で使う断熱材には主に4種類があります。

  1. 無機繊維
  2. 天然繊維
  3. 発泡プラスチック
  4. 断熱塗料

それぞれの特徴を詳しくチェックして、最適な材料を選びましょう。

無機繊維

無機質材を原料とした繊維素材です。ガラスを原料とした「グラスウール」が一般的で、他には岩石を使った「ロックウール」があります。

メリットは価格が安いうえに防音性と防火性に優れていることです。デメリットはホルムアルデヒドといった有毒物質が含まれていることでしょう。 

ホルムアルデヒドは微量のため有毒性は高くありませんが、シックハウス症候群が心配な人は無機繊維以外を選ぶとよいでしょう。

アレルギーの心配がない人なら、無機繊維はコストパフォーマンスに非常に優れ、安価で断熱工事ができる素材となります。

天然繊維

有機質材を原料とした繊維素材です。羊毛を原料とした「羊毛断熱材」や、新聞紙を使った「セルロースファイバー」が有名です。

メリットは有害物質を含まないことです。防音や吸湿性に優れている点も魅力でしょう。デメリットは無機繊維に比べて2〜4倍もの高価格であることです。また、防虫効果が低いという弱点があります。

無機繊維だとシックハウス症候群が心配という人は天然繊維を選ぶとよいでしょう。

発泡プラスチック

プラスチックを発泡させて独立した気泡を作り出した断熱材です。「硬質ウレタンフォーム」が一般的です。

メリットは湿気に強いこと、軽量で建物への負担が少ないことが挙げられます。デメリットは無機繊維に比べて2倍程度の価格となることでしょう。

建物の耐震性を下げたくない場合や、老朽化が進んでいる住宅の場合は、軽量な発泡プラスチックを利用するとよいでしょう。

断熱塗料