外壁で使うシーリングの役割と補修費用、交換時期の見極め方

「外壁で使うシーリングの役割を知りたい」
「シーリングで補修する費用相場を知りたい」

こういった疑問を持っている人は多いでしょう。この記事では、外壁で使うシーリング材の役割や費用相場などを紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 外壁で使うシーリング材の役割
  • シーリングを補修する方法と費用相場
  • シーリング材の耐用年数と交換時期の見分け方
  • 外壁のシーリングを補修する際の注意点

シーリングの費用相場や交換時期を知ることで、無駄な費用を使わずに最適なメンテナンスをして外壁の寿命を長く保つことができるでしょう。


1.外壁で使うシーリング材の役割

シーリングとは、外壁の隙間や破損部位を埋めるために使う、ゴム状の物質です。施工段階ではクリーム状の質感ですが、仕上がるとゴムのように弾力性が生まれます。

シーリングと似たような素材として「コーキング」があります。現在では両者に明確な違いはありません。

かつては補修部位などによって違いがありましたが、今はどちらの性質も備えている製品ばかりのためシーリングとコーキングは区別されなくなったのです。

外壁におけるシーリングには3つの役割があります。

  1. 防水
  2. 外壁の緩衝材
  3. 隙間を埋める

以下では3つの役割の具体的な説明をしていきます。

1-1.防水

シーリングには、雨水が内部に侵入するのを防ぐ役割があります。サイディングの目地といった隙間を放置すると、雨が外壁の内部に侵入してしまいます。

このため、目地をシーリングで埋めることで雨水の侵入を防ぐ役割があるのです。

1-2.外壁の緩衝材

外壁材は気温変化で伸縮したり、地震で揺れたりします。その際に、外壁同士の隙間に遊びとなる余裕がないと割れてしまうおそれがあるでしょう。

シーリングは弾力性がある素材のため、外壁材が伸縮したり動いたりしたとしても衝撃などを受け止められます。

シーリングには外壁同士の緩衝材という重要な役割があるのです。緩衝材がなければ地震などで外壁が揺れた場合に衝撃が流せずに破損しやすくなります。

1-3.接合部を隠す

雨が内部に侵入しなかったとしても外壁のすき間を放置するのはおすすめできません。なぜなら、外壁材の接合部が見えてしまい、見栄えが悪くなるからです。シーリングで外壁材の隙間を埋めることで、デザイン性が高い住宅になるでしょう。


2.外壁