外壁塗装では防犯が重要!足場や窓からの侵入を防ぐ対策を紹介

「外壁塗装で足場からの侵入が心配」
「外壁塗装のときはどんな防犯対策が必要なのか」
こういった疑問を持っている人は多いでしょう。

この記事では、外壁塗装の工事で起こる犯罪や、防犯対策を紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 外壁塗装の工事で起こりかねない犯罪
  • 外壁塗装で行うべき防犯対策
  • 塗装をしないと犯罪が増える可能性

外壁塗装をする前に確認しないと家に泥棒が侵入するおそれもあります。事前にチェックしておきましょう。

外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
記事を読む

1.外壁塗装の工事で防犯しないと起こりかねない犯罪

外壁塗装で起こる可能性がある犯罪には以下があります。

  1. 盗難
  2. 盗撮
  3. 物の破壊
  4. 住居への侵入

それぞれが起こる原因を紹介していきましょう。

1-1.盗難

外壁塗装の工事中は、庭先や玄関にあった物を盗まれるリスクが高まります。なぜなら、工事中は職人が出入りするため、家の敷地内に見知らぬ人がいても気にかけなくなるからです。

職人を装って侵入し、庭先や玄関の物を盗むのは難しくないでしょう。

1-2.盗撮

外壁塗装の工事中は、窓から室内を盗撮されやすいです。理由は、外壁塗装では足場を設置するためです。 

夜間に誰かが足場にのぼったとしても暗いため気づくことはほとんどありません。夜のうちに窓や玄関に盗撮用のカメラを設置することも可能でしょう。

1-3.物の破壊

外壁塗装の工事中は、庭先や玄関の物が破壊されやすい 状況が生まれます。職人を装って敷地に侵入した人が、庭先や玄関の物を破壊するのは難しくないでしょう。

また、外壁や窓の破壊もありえます。工事中は 普段以上に家の物をチェックしてください。

1-4.住居への侵入

外壁塗装の工事中は、外壁塗装では足場を設置するため住居内への泥棒が侵入しやすくなります。

夜間に誰かが足場にのぼったとしても気づかれない ため、屋上やベランダがあれば潜むことができます。

また、家に誰もいない昼間の時間帯に泥棒が足場をのぼって窓から侵入 しやすくもなるでしょう。