外壁塗装では防犯が重要!足場や窓からの侵入を防ぐ対策を紹介

「外壁塗装で足場からの侵入が心配」
「外壁塗装のときはどんな防犯対策が必要なのか」
こういった疑問を持っている人は多いでしょう。

この記事では、外壁塗装の工事で起こる犯罪や、防犯対策を紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 外壁塗装の工事で起こりかねない犯罪
  • 外壁塗装で行うべき防犯対策
  • 塗装をしないと犯罪が増える可能性

外壁塗装をする前に確認しないと家に泥棒が侵入するおそれもあります。事前にチェックしておきましょう。

 

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.外壁塗装の工事で防犯しないと起こりかねない犯罪

外壁塗装で起こる可能性がある犯罪には以下があります。

  1. 盗難
  2. 盗撮
  3. 物の破壊
  4. 住居への侵入

それぞれが起こる原因を紹介していきましょう。

1-1.盗難

外壁塗装の工事中は、庭先や玄関にあった物を盗まれるリスクが高まります。なぜなら、工事中は職人が出入りするため、家の敷地内に見知らぬ人がいても気にかけなくなるからです。

職人を装って侵入し、庭先や玄関の物を盗むのは難しくないでしょう。

1-2.盗撮

外壁塗装の工事中は、窓から室内を盗撮されやすいです。理由は、外壁塗装では足場を設置するためです。 

夜間に誰かが足場にのぼったとしても暗いため気づくことはほとんどありません。夜のうちに窓や玄関に盗撮用のカメラを設置することも可能でしょう。

1-3.物の破壊

外壁塗装の工事中は、庭先や玄関の物が破壊されやすい 状況が生まれます。職人を装って敷地に侵入した人が、庭先や玄関の物を破壊するのは難しくないでしょう。

また、外壁や窓の破壊もありえます。工事中は 普段以上に家の物をチェックしてください。

1-4.住居への侵入

外壁塗装の工事中は、外壁塗装では足場を設置するため住居内への泥棒が侵入しやすくなります。

夜間に誰かが足場にのぼったとしても気づかれない ため、屋上やベランダがあれば潜むことができます。

また、家に誰もいない昼間の時間帯に泥棒が足場をのぼって窓から侵入 しやすくもなるでしょう。

 

2.外壁塗装の工事で行うべき防犯対策

外壁塗装の工事で犯罪を防ぐためには防犯対策が欠かせません。工事中に以下の対策を行うことで、犯罪が起こる可能性を抑えることができます。

  • カーテンを閉める
  • 窓を施錠する
  • 部外者が足場の出入りをできないようにする
  • 業者を無闇に家に入れない
  • 防犯機器を設置する
  • 防犯意識が低い家だと思わせない

具体的にどう対策するかを解説していきましょう。

2-1.カーテンを閉める

カーテンがあいている家は、室内が覗きやすくなるため泥棒に狙われる危険があります。足場が設置されていれば、作業中の職人が意図せず中を覗けてしまうでしょう。窓を通して職人と目があってしまうと気まずくなります。 

外壁塗装の工事中は、昼夜問わずカーテンは閉めることをおすすめします。

2-2.窓を施錠する

外壁塗装の工事中は、2階の窓であっても足場から簡単に移動できます。このため、窓からの侵入を防ぐために施錠は必ず行ないましょう。

2階の窓だからと安心して施錠をしないでいると泥棒が侵入するおそれがあります。

窓の施錠だけでは不安という人もいるでしょう。その場合は、より強固な「ウインドウロック」も併用してみてください。ウインドウロックとは、サッシなどに取り付けて窓があかないように固定する器具です。

2-3.部外者が足場の出入りをできないようにする

外壁塗装の工事中に泥棒が侵入する経路は、足場が多いです。このため、足場の出入りを職人以外ができないようにすると防犯対策になります。

例としては、足場の入口にある階段に扉をつけて鍵をかける方法があります。足場の他の部分はシートに覆われているため簡単には侵入できません。足場の入口を塞いでしまえば部外者は侵入できないという考え方です。

足場の入口に扉と錠前を取り付けるには業者との相談が必要です。費用がやや高くなるかもしれませんが、防犯対策を重視するならぜひ取り付けましょう。

2-4.業者を無闇に家に入れない

優良業者なら心配いりませんが、悪徳業者に工事を依頼してしまった場合は職人が盗みを働く危険性があります。

職人のトイレは、依頼者の家を利用するのが一般的です。また、作業の一環で室内に入ることもあるでしょう。

作業やトイレ程度なら構いませんが、用もないのに職人を家に入れないようにしましょう。

最善の方法は、依頼する段階で優良業者を選ぶことです。優良業者の職人なら教育が行き届いているため、犯罪を起こす危険はほとんどありません。

2-5.防犯機器を設置する

自宅に防犯機器を設置することも有効な対策です。玄関にセンサーやカメラを設置しておけば、泥棒は侵入しようと考えにくくなるでしょう。

万が一、問題が起こったとしてもカメラを確認すれば犯人を探すことが可能です。

2-6.防犯意識が低い家だと思わせない

防犯意識が低い家だと思われると泥棒に目をつけられます。郵便受けに新聞がたまっていると不在が長いと判断されて泥棒が侵入しやすくなります。

また、夜に電気をつけたままカーテンをあけていて中が丸見えだったりすると、防犯意識が低いと思われて泥棒に狙われやすくなるでしょう。

 

3.外壁塗装をしないと泥棒に狙われる危険性

外壁塗装の工事では泥棒が侵入するリスクが高まります。こう聞くと、泥棒が怖いから足場を使った外壁塗装をしたくないと考える人もいるかもしれません。

しかし、外壁塗装をしないほうが泥棒に狙われる危険があります。理由は、外壁がボロボロの家だと防犯意識が低いと判断されかねないからです。

定期的にメンテナンスを行わない家の住人は、防犯もいい加減だと泥棒に認識されてしまうでしょう。

では、足場を使わない外壁塗装をすればいいのではと考えるかもしれません。

足場を使わないで外壁塗装をしようとすると、脚立やはしごを使うことになります。しかし、作業性や安全性が極端に落ちるため、費用は2倍以上かかるうえに工事の品質が低下するおそれがあります。

外壁塗装に足場は必須ですので防犯対策を強化して泥棒の侵入を防ぎましょう。

 

4.まとめ

外壁塗装の工事では、足場を使って侵入しようとする泥棒が存在します。足場を設置しても防犯性を高く維持するために、窓の施錠を徹底し、カーテンで室内が見えないようにしましょう。

工事で気をつけることは防犯対策だけではありません。防犯と同じくらい気をつけたいのが近所とのトラブルです。

外壁塗装で起こりやすい5つの近所トラブルと対処法&相談先では近所トラブルの対処法と相談先を解説しています。

工事のトラブルを避けたい人は是非チェックしてみましょう。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。