外壁塗装は春・秋がオススメ!最適な季節で後悔しない工事にしよう

外壁塗装の時期

「夏や冬しか都合がつかないけど、塗装をしても大丈夫?」

「1,2年以内に外壁塗装をしたいけど、いつにしよう」

「季節を間違えて、低品質の工事にしたくない」

など、外壁塗装を行うために、いつの季節にすべきか悩んでいる方も多いようです。

塗料は、気候によって使用に適していない時期があります。そのため外壁塗装は、気候の比較的落ち着いた春か秋が適しています

外壁塗装に向かない季節に工事を行うと、仕上がりにも差が出てくることがあるので、適した季節に工事を行うことは非常に重要です。

ただし地域によって気候が変わりますので、あなたのお住まいの地域では、いつがオススメの季節かについてもご紹介いたします。

外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
記事を読む

1.外壁塗装に最適な季節は「春」と「秋」

外壁塗装工事は、気候が比較的落ち着いた春か秋が適しています。

外壁塗装に使う塗料は、常温で液体のものを使用しており、温度が低すぎると硬くなってしまうため、一定の気候のもとで使用する必要があります。春と秋は、その気候に最も適した季節になるのです。

また、外壁と塗料が密着するために、水分が付着していると接着力が弱まってしまいます。そのため、湿度条件に関しても85%以下での施工が推奨されています。

塗装に適した条件
気温5℃~35℃
湿度85%以下

ただし、夏や冬に必ず工事を行ってはいけないというわけではなく、地域によっては年中通して塗装を行っても問題ない場合もあります。また、朝方に気温が下がっていても、日中の塗装作業中に気温が高くなっていれば、施工には問題ありません。


2.外壁塗装を避けたい季節

次に、外壁塗装を避けた方が良い季節についてご紹介いたします。

これらの季節は、気候条件が適していないため、無理に施工してしまうと品質を大きく下げることになります。

15年の耐久性がある塗料を用いても、数年で劣化してしまうこともありますので注意しましょう。

真夏(気温が35℃以上)

気温が35℃以上となる真夏は、塗料の使用条件に適していないため避けましょう。

職人も危険な気温となることがありますので、作業には向いていない時期と言えます。

真冬(5℃以下)

5℃以下の気温となる真冬は、塗料の使用条件に適していないため避けましょう。

気温が上がってきた場合でも、結露が外壁に付着している場合には、塗装不可となります。

梅雨、台風時期

梅雨や台風といった、雨が多く降る季節は、塗装工事に適していません。

雨が降った日には塗装作業ができないために、工事期間が2週間程度で終わるものが、1ヶ月以上かかることもあります。

足場を組んでいるため、台風による強風で、足場が倒れるリスクもありますので避けた方が無難でしょう。

降雪地帯は冬の時期

積雪があった場合には、塗装作業ができなくなります。降雪地域は、冬の季節には塗装工事を行うことができません。