屋根に使う断熱材の種類や費用、施工方法、注意点を解説!

「屋根の断熱材って何を使えばいいの?」
「屋根断熱と天井断熱って何が違うの?」
上記のような疑問を持っている人は多いでしょう。

この記事では以下のポイントを解説しています。

  • 屋根に使う断熱材の種類
  • 断熱材の選びかた
  • 屋根断熱と天井断熱の違い
  • 屋根に使う断熱材の費用相場
  • 屋根に断熱材を施工する手順
  • 屋根に断熱材を取り付ける際の注意点

内容を把握することであなたの家に適した断熱方法を選べるようになり、コスト削減や快適性の向上に役立つでしょう。


1.屋根に使う断熱材の種類と選びかた

屋根の断熱を考える際にポイントとなるのは、以下の2つです。

  1. 断熱方法
  2. 断熱材

断熱方法や断熱材によって効果に大きな違いがあるため、必ずチェックしておきましょう。

1-1.屋根の断熱方法の違い

屋根材の断熱方法は主に3種類あります。

  1. 屋根断熱
  2. 天井断熱
  3. 塗装で断熱

以下では、それぞれの断熱方法を詳しく解説していきます。

屋根断熱

屋根断熱

断熱材を取りつける場所が屋根の場合は、屋根断熱と呼びます。一般的には屋根の室内側の面に断熱材を取り付けます。

メリットは、屋根部分で断熱をするため屋根裏部屋が暖かくなり、スペースを有効活用できることでしょう。夏場でも熱が屋根裏にこもりにくく、暑さ対策としては天井断熱より有効です。

デメリットは、天井断熱よりも費用が高い点です。断熱材を取り付ける範囲が広いため、天井断熱よりも工事費が1〜3割ほど高額となるでしょう。天井断熱に比べると冷暖房機を使う場合に室温を調整する範囲が広くなってしまうため、冷暖房費用が高くなる欠点もあります。

他にも、屋根断熱では取り付けられる断熱材の厚みが屋根や建築材より厚くできないという問題があるため、断熱効果に限度があります。

屋根断熱は、屋根裏部屋を使う予定がある場合に適しているでしょう。

天井断熱

天井断熱

天井に断熱材を取り付ける方法を、天井断熱と呼びます。

メリットは、断熱材の厚さに制限がなく、断熱性能が高いことです。また、屋根断熱にくらべて断熱する範囲が狭いため工事費用が安いことも魅力です。冷暖房で調節する空間が屋根断熱よりも狭いため、効率的に室温を調節できるメリットもあります。

デメリットは、屋根裏空間を利用できなくなることです。屋根裏は天井より外側にあるため、天井断熱の場合は保温ができません。また、天井は屋根にくらべて工事の際に邪魔となる建築材が多く、天井断熱には高い技術が求められます。腕が悪い業者に依頼すると断熱効果は低下するでしょう。

天井断熱は、屋根裏を使わない場合に適しています。

塗装で断熱

塗装で断熱

断熱効果がある塗料で屋根を塗装する方法です。

メリットは、屋根の外側の補修を同時に行えることです。屋根の外側は、10年に1度は補修が必要です。屋根断熱や天井断熱では屋根の外側の補修はできません。

デメリットは、断熱効果が低いことです。断熱効果は素材の厚さに比例します。塗装は厚さ1ミリメートルにも満たないため、屋根断熱や天井断熱に比べるとほとんど効果はありません。

塗装断熱は、屋根の補修も同時に行う場合に適しています。

1-2.屋根に使う断熱材の種類

屋根に使う断熱材の例として、以下の4種類があります。

  1. 無機繊維
  2. 天然繊維
  3. 発泡プラスチック
  4. 断熱塗料

それぞれの特徴を詳しくチェックして、あなたに適した素材を探しましょう。

 無機繊維

 無機繊維断熱材