外壁をDIYで補修するメリットや手順、業者に依頼する基準

「外壁補修をDIYで補修する手順を知りたい」
「DIYでどこまで外壁補修ができるか知りたい」

こういった疑問を持っている人は多いでしょう。外壁の補修は一定段階まではDIYが可能です。

この記事では、外壁の補修をDIYするメリットやデメリット、手順などを紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 外壁をDIYで補修するメリットとデメリット
  • DIYが可能な外壁補修の種類
  • DIYではなく業者に依頼したい外壁補修の種類
  • 外壁をDIYで補修する手順

業者に依頼する補修範囲を知っておけば、外壁の破損がDIYで直せるかどうかがわかるでしょう。


1.外壁をDIYで補修するメリットとデメリット

DIYで外壁を補修する場合、メリットとデメリットを把握しなければ工事後に思わぬトラブルが発生することがあります。

以下では、DIYで補修するメリットとデメリットを詳しく解説します。

1-1.DIYで補修するメリット

DIYで外壁を補修するメリットは2つあります。

  1. 費用が安い傾向にある
  2. 細かい調節ができる

ただし、費用が安くなると断言はできません。詳しくは以下で解説していきます。

費用が安い傾向がある

DIYで外壁を補修すると、業者に依頼するよりも費用が安くなる傾向があります。

ただ、DIYしたせいで業者よりも費用が高くなるケースもあります。例としては、工事に失敗したり賠償金を請求されたりした場合です。詳しくはデメリットの項目で説明していきます。

細かい調節ができる

DIYで外壁を補修する場合、業者に依頼することが難しいような細かい調節ができます。

たとえば、特定の場所だけを色を変えて塗りたいとか、外壁の補修ついでに絵を書きたいという場合は、業者に依頼しても希望通りの仕上がりにならないでしょう。

細かい補修やこだわりがある場合はDIYが向いています。

1-2.DIYで補修するデメリット

DIYで外壁を補修するデメリットは以下の2つです。

  1. 道具の準備や工事が重労働
  2. 失敗すると業者に依頼したほうが安くなる

外壁をDIYで補修する場合は、上記のデメリットを把握したうえで作業を行いましょう。

道具の準備や工事が重労働

DIYをする場合、補修のために道具や材料を揃える必要があります。また、補修工事は塗装などの場合は重労働になるおそれがあります。

職人であれば作業に慣れているため問題ありませんが、普段から力仕事をしていない人がDIYをすると、筋肉痛のほか、腰を痛めるといったトラブルが起こる危険があるでしょう。

失敗すると業者に依頼したほうが安くなる

DIYは専門技術がない人が工事をすることが多いため、適切な施工ができないおそれがあります。

適切な補修ができなければ再工事となり、業者に依頼するよりも費用がかかるでしょう。

また、DIYによって塗料などが隣家や他人の車に飛散した場合、高額な賠償金を請求されるでしょう。

こういったリスクがあるのがDIYによる補修です。

 


2.DIYが可能な外壁補修の種類

外壁でDIYが可能な補修は以下の2つです。

  1. ひび割れ
  2. 剥がれ

具体的にどのような症状かを解説します。

2-1.外壁のひび割れ補修

外壁の塗装や下地がひび割れている状態です。塗装部分だけが割れているといった軽度の症状であればDIYで補修が可能です。下地までひび割れている場合は業者に相談したほうが良いでしょう。放置すると外壁の劣化が早まり、雨漏りのリスクが高くなるでしょう。

2-2.塗装の部分的な剥がれ

外壁の塗装の剥がれであればDIYで補修が可能です。塗装が全面的に剥がれている場合は、大規模な補修となるためDIYでは数ヶ月かかるでしょう。