外壁のタイルをメンテナンスする時期や費用、方法を紹介!

「タイル外壁のメンテナンスっていつするの?」
「外壁のタイルをメンテナンスする費用を知りたい」
こういった疑問を持っている人は多いでしょう。

この記事では、タイル外壁のメンテナンス方法や費用を紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  1. 外壁のタイルをメンテナンスする時期
  2. タイル外壁をメンテナンスする方法
  3. 外壁のタイルをメンテナンスする費用の相場
  4. タイル外壁をメンテナンスする際の注意点

タイル外壁のメンテナンス方法や費用を知っておけば、適切な時期に低価格で工事しやすくなるでしょう。


1.外壁のタイルをメンテナンスする時期はいつ?

タイル外壁をメンテナンスする時期は2つの方法で判断します。

  1. 年数で決める
  2. 劣化状況を見て決める

両方を組み合わせることで最適なメンテナンス時期を見極めることができます。

1-1.年数でメンテナンス時期を決める

タイル外壁のメンテナンス時期は、7〜10年です。タイルの目地部分が劣化する目安の年数がこのくらいだからです。このため、7〜10年ごとに目地の劣化状況を確認しましょう。

目地の確認時にはタイルが割れていないか、剥がれていないかも確認することが望ましいです。タイル板の交換時期は40年を目安にしてください。

1-2.劣化状況を見て時期を決める

年数だけで判断すると、まだ数年はもつタイルを補修してしまうおそれがあります。このため、タイル外壁のメンテナンス時期は劣化状況で判断する手法のほうが確実性は高いです。タイル外壁のメンテナンス時期を見極める劣化状況には以下の4つがあります。

  1. 目地がすり減っている
  2. 割れているタイルが目立つ
  3. タイルが剥がれている
  4. タイルが汚れている

具体的に解説していきましょう。

目地がすり減っている

タイルの目地がすり減っている場合は、補修が必要です。すり減った目地を放置すると見栄えが悪くなります。

また、目地の劣化を放置すると、ひび割れや小さな隙間から雨が入り込んで内部を腐食させてしまう危険があるため、早めに工事をすることが望ましいです。

一般的には7〜10年に1度は目地の補修が必要ですが、すり減っていない場合は10年を超えてからメンテナンスをしても構いません。

割れているタイルが目立つ

タイル板が割れている場合は交換しましょう。タイルが割れていると雨によって内部が劣化するおそれがあるため、早めに交換してください。

交換は、割れているタイルだけで十分です。見栄えを気にしないのであれば、ひび割れをセメントなどで埋めて安く補修することも可能です。

タイルが剥がれている

タイル板が剥がれている場合、該当のタイルだけ再接着してください。複数のタイルが剥がれている場合は外壁全体が劣化しているおそれがあるため、全面的な補修も検討しましょう。

剥がれそうなタイルを放置すると、落下して怪我をする危険性があります。

タイルが汚れている

雨やカビによってタイルが白くなることがあります。外壁の多くのタイルが汚れている場合は、洗浄や交換といったメンテナンスが必要です。汚れが気にならない場合は放置しても問題はありません。