外壁塗装で起こるアレルギー症状と対策、原因物質をチェック

「外壁塗装でアレルギーは起こるの?」
「アレルギーを回避できる外壁塗料はないの?」
こういった疑問を持っている人は多いでしょう。

この記事では、外壁塗装とアレルギーの関係を紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 外壁塗装で起こる可能性があるアレルギー症状
  • 外壁塗装におけるアレルギー対策
  • 外壁塗装でアレルギーの原因となる物質

外壁塗装のアレルギー対策を知っておけば、シックハウス症候群などの問題に悩まされることが減るでしょう。

>>実際の見積もりから算出した外壁塗装・外壁リフォームの費用相場をチェック!


1.外壁塗装で起こりうるアレルギー症状とは?

外壁塗装で起こる可能性がアレルギー症状の例には以下があります。

  1. 喘息
  2. 頭痛
  3. めまい
  4. 湿疹
  5. 喉の痛み

具体的にどのような症状が発生するかを説明していきましょう。

1-1.喘息(ぜんそく)

気道の炎症によって咳が止まらなくなったり胸に痛みが生まれたりする症状が喘息です。放置すれば悪化して呼吸困難になり、最悪の場合は死に至ります。年間で約1,450人が喘息で亡くなっているため無視できない症状です。

喘息は大人になってから発症することが多く、症状が一度出ると完治することはほとんどありません。喘息は外壁塗装によって発症するおそれがあるため対策が必要です。

主な原因はトルエンやキシレン、ホルムアルデヒドといった有害物質です。ただし喘息はホコリやダニでも起こるため、明確な原因を特定するのは難しいでしょう。

1-2.頭痛

外壁塗装によって頭痛が起こることがあります。

主な原因として考えられるのはシンナーです。成分による健康被害や、悪臭によって発症するケースがあります。臭いに敏感な人だと、シンナーの悪臭に耐えきれずに頭痛がするでしょう。

1-3.めまい

外壁塗装でめまいが発生するおそれがあります。主な原因として考えられるのはシンナーに含まれるVOC(揮発性有機化合物)です。

VOCとは、トルエンやキシレンといった揮発性が強い有機化合物の総称です。人体に有害な物質のため、近年の塗料では影響が少なくなるよう含有量を減らすといった対策がとられています。 

めまいはVOC以外でも発生すると考えられますが、詳しい原因は判明していません。

1-4.湿疹

外壁塗装で湿疹が発生するケースもあります。湿疹が発生する明確な理由は判明していません。

このため、シンナーではなく水性塗料で工事をしたとしても湿疹が発生するおそれがあります。

1-5.喉の痛み

外壁塗装によって喉の痛みが発生するおそれがあります。主な原因として考えられるのはシンナーに含まれるVOCです。

VOCの他にも、吹き付け塗装をした場合に塗料を吸い込むおそれがあり、喉の痛みにつながることがあります。

VOCや吹き付け塗装以外でも喉の痛みは発生すると考えられますが、詳しい原因は判明していません。

 


2.外壁塗装でのアレルギー対策を紹介

外壁塗装をする際にできるアレルギー対策には以下があります。

  1. 水性塗料を使う
  2. 「F☆☆☆☆(エフフォースター)」の塗料を使う
  3. 工事中や工事直後は防毒マスクをする
  4. 工事中は住居を移す

どのような対策を取ればいいのか見ていきましょう 。上記を把握して、疑問点は業者に尋ねたり、見積書で確認するようにしてください。

2-1.水性塗料を使う

外壁塗装に使う塗料には「溶剤系塗料」と「水性塗料」があります。

「溶剤系塗料」とは、主にシンナー使っている塗料です。一方、「水性塗料」は主に水を使っています。

水性塗料の場合、シンナーを使わないためアレルギーの原因となる物質が少なくて 済むためシックハウス症候群になる危険が少ないと言えるでしょう。

また、溶剤系塗料に比べて悪臭が少ないため頭痛や吐き気も起こりにくいでしょう。アレルギーの心配がある場合は工事の際に水性塗料を使うようにしてください。

2-2.「F☆☆☆☆(エフフォースター)」の塗料を使う

有害物質であ