サイディング外壁はメリットたくさん!特徴・施工費用など解説

「サイディング外壁ってどんな外壁?」

「サイディング外壁にしたほうがいい?」

こういったお悩みはありませんか?

最近の住宅の一般的な外壁素材であるサイディングは他の外壁素材等と比較すると優れた点が多くあります。

ここでは、サイディングの特徴、メリット・デメリット、費用、メンテナンス周期についてお伝えします。

サイディングの中でもどの種類を選べばいいかまで解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。


1.サイディング外壁とは?他の外壁材と比較

サイディング外壁とは、板状のサイディングボードを張り付けた外壁です。

サイディングは、外壁材の中で最も使われており、新築の外壁材はほとんどがサイディングです。リフォームする場合も、サイディングが選ばれるケースが大半です。

1-1.サイディング外壁の特徴

サイディング外壁には以下のような特徴があります。

  • 外壁材の中で最も人気(シェア8~9割)
  • 材料費・施工費が安い
  • 軽量で耐震性が高い
  • カバー工法という方法で、既存の外壁の上に貼ってリフォームすることも多い
  • デザインが豊富

詳しく特徴を見ていくために、他の外壁材と比べてみます。

1-2.他の外壁材と比較

他の外壁材と比べて、「見た目」「耐久性」「初期費用」「メンテナンスコスト」にどんな違いがあるのかをまとめました。

【特徴早見表】

サイディングとその他外壁材の比較早見表

以下で「特徴」「見た目」「耐久性」「初期費用」「メンテナンスコスト」に分けて、それぞれ解説していきます。

<特徴を比較>
外壁材 特徴
サイディング
  • 機能性・価格・デザインの豊富さなどから選ばれ、外壁材シェアNo.1
  • 建売の新築ではほとんど使われる
  • リフォームでも使われることが多い
モルタル・塗り壁
  • 塗料を吹付ける方法や、職人の手によって塗り上げる方法がある
  • 注文住宅などで使われる
タイル
  • 高級感・重厚感
  • 耐久性高い
  • 初期費用が高い
  • メンテナンス費用は安い
ALC
  • 断熱性・耐久性・防火性・遮音性が高い
  • メンテナンスコストがかかる
  • 商業施設や高層ビルの外壁にも使われる
<見た目を比較>
外壁材 見た目
サイディング
  • 豊富な色・柄・素材から選べる
  • 一枚一枚の間につなぎ目ができる
モルタル・塗り壁
  • 職人の手によって塗り上げる仕上げ方は味がある
  • つなぎ目ができない
タイル
  • 高級感・重厚感がある
ALC
  • 直線的で無機質なデザイン
  • つなぎ目が多い
<耐久性を比較>
外壁材 耐久性
サイディング 約40年
モルタル・塗り壁 約30年
タイル 40年~
ALC 50年~
<初期費用を比較>
外壁材 新築時1㎡あたり単価
サイディング 4000~6000円
モルタル・塗り壁 5000~8000円
タイル 10000~20000円
ALC 5500~7500円