外壁クラックの補修方法や費用、原因、予防法をチェック!

「外壁のクラックを補修したいけれどどうやるの?」
「外壁のクラックを予防したい」

こういった疑問を持っている人は多いでしょう。この記事では、外壁にできるクラックの補修方法や予防法を紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 外壁のクラックを補修する方法
  • 外壁でクラックが発生する原因と予防法
  • 外壁に発生したクラックを補修する時期の目安

クラックの補修をしないと雨漏りの危険があります。補修方法や予防法を把握して雨漏りを起こさないようにしましょう。


1.外壁のクラックを補修する時期と方法

外壁のクラックを補修する時期を見極めることは、無駄な工事費を払わないために必要です。クラックの補修時期を見誤ると、想定以上の補修費がかかることでしょう。

また、適切なクラックの補修方法を把握しておかないと、悪徳業者にいい加減な工事を提案されても気づけません。

以下では具体的な補修時期と工事方法を解説します。

1-1.外壁に発生したクラックを補修する時期の目安

クラック補修のタイミングは以下の2つの方法で見極めます。

  1. 年数で判断する
  2. 劣化状況で判断する

具体的にどのように判断するのでしょうか。

年数で判断する

前回のリフォームから10年が経過している場合、クラックがあるのなら補修することをおすすめします。

クラックを放置すれば外壁材の寿命が短くなり、最悪の場合は虫の侵入や雨漏りが起こるでしょう。

遅くとも15年が経過した時点で補修したほうがよいでしょう。また、20年が経過しているのなら劣化が住宅全体に広がっているため、クラック補修だけではなく全面補修が必要な場合が多いです。

劣化状況で判断する

外壁のクラックの数が目立ちはじめた場合や、亀裂の幅が髪の毛よりも非常に広くなっている場合に補修を考えます。

外壁のほとんどの場所でクラックが見つかるのなら全面補修を検討したほうがよいでしょう。

1-2.外壁のクラックを補修する方法

外壁のクラックを補修する方法には以下の3つがあります。

  1. コーキングで埋める
  2. モルタルで埋める
  3. 塗装する

いずれもDIYで補修が可能ですが、施工に失敗すると1年でひび割れが再発しかねません。再工事となれば、最初の工事に使った費用が無駄になるため、DIYで失敗するリスクを負うよりも業者に依頼して確実に補修することを推奨しています。

以下では、具体的な補修方法を解説していきます。

コーキングで埋める

外壁のクラックを簡潔に補修する方法としてコーキングで埋める場合があります。コー