外壁をリフォームする上で知っておきたい素材や工事の種類

「外壁をリフォームしたいけれどどんな工事をすればいいの?」

こういった悩みを抱えている人は多いでしょう。この記事では、外壁リフォームをする際に必要な知識を紹介いたします。

具体的には、

  • 外壁リフォームにはどんな工事方法があるのか
  • リフォームで使う素材は何が良いのか
  • 自分はどのリフォーム方法を選ぶべきか

について解説いたします。

読むことで、適切な外壁リフォーム手段を選べるようになるでしょう。


1.外壁をリフォームする際の工事方法は3種類

外壁リフォームの工事方法は以下の3つです。

  1. 塗装リフォーム
  2. 重ね張りリフォーム
  3. 張り替えリフォーム

外壁が表面しか劣化していないのなら塗装でも十分でしょう。しかし、外壁素材が破損している場合や、デザインを素材から変えたい場合は重ね張りが必要なことがあります。外壁の内側が腐食などの劣化をしていたら、下地補修が必要なため張り替えリフォームしなくてはいけないかもしれません。

どの工事が必要なのかは素人では判断が難しいため、業者に確認してもらうのが確実です。

1-1.塗装リフォーム

外壁素材に塗装をするリフォーム方法です。

一般的なシリコン系塗料で塗装をした場合の耐用年数は10年程度です。

外壁の塗装リフォームにかかる費用は、一般的な30坪程度の住宅(外壁面積125㎡)だと70〜100万円程度が相場です。外壁と一緒に屋根工事を行う場合はさらに30〜40万円ほど増加します。上記はあくまで参考価格でしかありません。

外壁塗装には明確な相場がないため、塗料の種類や外壁面積、工事手法、業者の価格基準などによって価格は大きく変動します。

塗料によっては最大で20年近い耐用年数もありますが、工事費用が高額になります。
塗装リフォームの工事期間は12〜15日程度が必要です。

1-2.重ね張りリフォーム

現在の外壁の上からサイディング素材を張りつけるリフォーム方法です。

重ね張りリフォームでは壁の重さを考えなくてはいけないため使える材料が金属系サイディングに限られることが多いです。そのためデザイン性が悪くなりますので、自分好みの外壁にできない可能性があると理解しておきましょう。

外壁の重ね張りリフォームにかかる費用は、一般的な30坪程度の住宅(外壁面積125㎡)だと